フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

カテゴリー「(上信越)根子岳~四阿山」の記事

2014年10月16日 (木)

おまけ 四阿山の帰りに

四阿山で6時間以上歩いたのち、へとへとで車に乗り込んだトットコ登山部。
この日は3連休の中日。くわえて明日は台風もやってくるということもあり、帰りの高速は40km渋滞が予想されていた。

なので、私たちは高崎ICでいったん下りて、あっきーと夕飯でも食べて時間を潰し、夜遅くに帰ろうということにした。



あっきーといえば・・・ もちろんくぅちゃんとしし丸にも会えるということでheart04heart04 


夜の6時からダブルくぅ&しし丸のお散歩に行ったのよー。。それも1時間ガッツリとwatch

途中で立ち寄ったイオンのペットショップにて集合写真cameraflair のはずが・・・
              まったく足並み揃わないマイペース犬たち・・・sweat02
Photo


おすわりぃぃ!!  おっ!せっかくあっきー’sくぅ&しし丸はこっち見てくれてんのに・・・sweat01   
                  バカくぅたろう(#`Д´)
 こっち向けって!! 
               dog
そのビニール袋の中身さ、シーザーだよね?Photo_2
   

そして、散歩の後、ピカイチ君も加わってお好み焼きパーティー! 結局、家に辿り着いたのは夜の12時過ぎだった・・・


翌日・・・rain  

台風による雨が1日降り続く中、ひたすら眠りにつくくぅたろう・・・(-.-)sleepy
Cimg3609

                   昼12時・・・watch まだまだ寝る・・・sleepysleepy
Cimg3607

        夕方4時・・・watch まだまだまだ寝る・・・sleepysleepysleepy おーい、生きてるかーsweat02Cimg3604


さすがに昨日はくぅたろうも疲れの限界超えたのかな・・・?

この日、くぅたろうが起きた時間は、ご飯の時の2時間のみでした。。

               うにゃうにゃ・・・ 目が開かない・・・ Cimg3605


     


    ↓ぽちっとお願いします。またブログを書く元気がもらえます!!↓

               にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
                     にほんブログ村

2014年10月15日 (水)

変化に富んだ晩秋の絶景 四阿山の巻 その2

noteその1からのつづき

a.m10:00 出発から2時間30分かけて根子岳を越え、いよいよ四阿山への急登に挑むトットコ登山部。

先ほどまでの視界が開けた笹道から一旦樹林帯へ潜り込み、ひたすら厳しい登りを耐えながら1歩1歩山頂目指して歩いていくのみ((・(ェ)・;))Cimg3544

登山道は結構滑りやすく段差も大きいので、私たちのように登りに使うのはもちろんキツイが、逆回りで四阿山山頂から下ってくる登山者も危なっかしい感じsweat02 
どちらも声を掛け合いながら登山道を譲り合って進まないといけませんdash

ただ根子岳の登りに比べれば、標高差は300m程度。そこまで時間がかかることもなく再び稜線に出ることができた。ほら、もう根子岳と視線が同じくらいになってきた!?Cimg3546

a.m10:30 ここは、山頂へ行く道と、下山で菅平牧場に戻る道の分岐。 
       広場のようになっているので休憩には最適の場所riceball
       特に山頂はそこまで広くないので、今日のような登山日和の混雑日は
       こちらで休憩する方がのんびりできそう
                  あっ、ちょっと眠くなってきた・・・Cimg3548えっ!? まだもう少しがんばって!

ここから望む木々の間に聳える浅間山がすごく威圧的でオーラが出てた!カッコイイよねshineCimg3550

a.m10:50  いよいよ山頂への最後のアプローチ。Cimg3551  

植物を守るために木道の階段を登り・・・Cimg3552

こんな素敵な景色を眺めながら最後の坂道をエイヤッと登れば・・・upwardrightCimg3554


p.m11:00 四阿山山頂に到着 標高2,354mCimg3568

山頂からは浅間山方面が開けていましたfuji 
空にかかる雲は、これからやってくる台風の影響を少なからず受けているのか、筆を走らせたような勢いのある形でしたtyphoonCimg3560

草津白根山方面。こっちは雲ひとつない晴天sun Cimg3559

下を覗くと、上信越の低山がたくさん連なってこれもいい雰囲気。。 日本の山って感じcherryblossomCimg3563

達成感もあるけど、なんだか心が落ち着く雰囲気が漂ってました。 
                                          
ほぇ~、日本は最高やぁぁぁ(* ̄ー ̄*)Cimg3565

山頂は次々と登山客がやってきて、落ち着いて休憩することができずに10分ほどで下山を開始しました。
とりあえず、さっきの分岐がある広場まで戻ろう。Cimg3569

分岐を越えると再び景色が一変。 草紅葉がまだ沢山残っていて山肌が秋満開だねmapleCimg3572

振り返り四阿山を眺める。 一生懸命登ったのに、下る時はあっという間だなぁ・・・downwardrightCimg3573

中四阿付近まで下りてきた。 赤、黄色、低山の紅葉・・・maple
晩秋の雰囲気溢れる登山道をのんびり歩いていこうnoteCimg3574

看板が見つけられなかったけど、あの少しだけ盛り上がった岩場が中四阿でいいんでしょうか?Cimg3578

真っ黄色の木々を通り抜けながら少しずつ標高を下げていく・・・downwardrightCimg3579

p.m1:10 下山を始めて2時間。 
      樹林帯に入ってくると、落ち葉の絨毯を歩いているような登山道が現れた。
      次々と景色が変わって本当に飽きないなぁ・・・noteCimg3583

沢も出てきて、ゴールが近づいてきているような。。たぶんもう少しだよね?Cimg3584

この辺りはもみじの赤がすごく綺麗でしたmaple 
木によっては、まだ緑から赤に変化している途中のマーブル模様みたいな葉っぱもあった!
まだまだ紅葉を楽しむこともできそうですmapleCimg3590

p.m1:30 四阿山の登山口に帰ってきました。 はぁ、疲れた\(;゚∇゚)/Cimg3591

あとは駐車場を目指して舗装道路を5分ほど歩くのみ。 くぅたろうはまだまだ元気一杯の様子・・・sweat02
        dogくぅはあのすっごい高いとこまで行ってきたんだぞ!えらいんだぞ~!!
            taurusふぅ~ん、そりゃよかったねぇぇ。 もぉぉぉぉ~Cimg3597 まったく。君はもう1回おんなじコースを登っておいで・・・dash


p.m1:40  菅平駐車場に無事到着。
 ごほうびはもちろん搾りたて牛乳のソフトクリームでしょheart04
           
くぅにも絶対ちょーだい!! 一口だけでいいから。。Cimg3598  
いやだよ~ん!!



<今回のきろく簿pencil


登り:菅平牧場P(7:30)-東屋(7:50)-根子岳山頂(9:00)
    根子岳(9:15)-最低鞍部(9:50)-山頂と下山の分岐(10:30~10:50)-四阿山(11:00)
下り:四阿山山頂(11:00)-菅平牧場P(1:30)

(所要時間)
登り
:菅平牧場P~根子岳 1時間30分
   根子岳~四阿山    1時間45分
下り:四阿山~菅平牧場   2時間30分
※すべて休憩時間を含みます。
  



          
↓ぽちっとお願いします。またブログを書く元気がもらえます!!↓

                    にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
                           にほんブログ村

2014年10月13日 (月)

変化に富んだ晩秋の絶景 四阿山の巻 その1

本来なら台風19号typhoonがこの3連休に直撃するはずだったのでまったく登山計画は立てていなかったのだが、週末の予報で当初よりだいぶスピードが遅い模様。。 なんと土日の天気がピッカリ晴れマークsunではないか!? 

土曜日は仕事で行けないにしても、日曜日は今年最後の2,000m級の紅葉を見に行くチャンス到来ってやつだぁぁぁ(*゚▽゚)ノ

どこだ?どこだ?と探した結果、前日の夜8:30、急きょ四阿山を目指して出発したのであ~る。毎回ギリギリの登山計画・・・sweat02 
でも、こうゆう方が案外ラッキーな結果を招くことも多いのでやめられないのです(;´▽`A``

*********************************************************************

2014年10月12日(日)

前日の夜に東部湯の丸SAで仮眠をとり、翌日の朝6:30四阿山に向け出発rvcar
 今日はくぅたろうも一緒ですワン。ソワソワしてやっぱりほぼ貫徹よ。ところでどこに向かってるのかしら??Cimg3459 さぁ、どこでしょう・・・? ふふふ

上田菅平ICで高速をおり、そこから30分ほど走ると菅平牧場に到着。
駐車場の1km手前に入口ゲートがあり、1人200円の入園料(入山料)を支払いチケットを購入。Cimg3462

駐車場はかなり広いので、どこにでも止め放題です。Cimg3467

んでもって、驚いたことに駐車場から北アルプスが全部丸見えじゃーい\(;゚∇゚)/
これじゃぁ、最初から犯人が分かっちゃってる2時間サスペンスドラマやないかい!ベシッpaperとつっこみたくなるナイスな眺望でございます。。。
            
牛さんもいて、めっちゃのどかな風景。。日本のダボスだそうですよ。Cimg3465

駐車場の横にはトイレtoiletも完備されており、用意をすませてぼちぼち出発。
私たちは根子岳経由で四阿山に登る予定なので、直進して登山口に向かいます。Cimg3468

a.m7:30 根子岳へ向け出発。 最初は牧場の脇を歩いて行くのだが・・・
           
犬もカウンターピコってされるのかしら?ちゃんと数えてくれないと困るわよCimg3471

くぅたろうが牛さんに戦いを挑んでしまい、なかなか先に進めず・・・。 ほら、行くよ!!

dogあぁdashなんだこのやろう。でかい図体してモォ~とか鳴いてんじゃねぇぞ。くぅは強いんだぞdog
    taurusお前こそちっちぇぇくせに生意気だな。踏みつけたらいちころだぞ。モォォォ~taurusCimg3474果たして本当にこのような会話が交わされていたのかは疑問ですが・・・┐(´-`)┌

10分ほど牧場ゾーンで大興奮したのち、遊んでくれた牛さんたちに別れを告げpaperCimg3475

白樺並木の登山道へ入っていくことに。 ここは、かなりいい雰囲気の登山道でしたshineCimg3478  

この辺りはまだ紅葉した木々が少々残っていました。やはり先週の台風から1週間でずいぶんと葉っぱが落ちてしまった模様downCimg3477
a.m7:50 牧場を展望できる東屋に到着。 あらためて振り返ってみると・・・eyeCimg3479

あらまぁ。すでにこんな素敵な牧歌的風景が広がってます。 
           もうさ、ここでのんびり昼寝しちゃってもいいんじゃない? 誘惑の声が聞こえてくる~(;´▽`A``Cimg3481

いやいや、私たちはあの頂上まで行くのだー! 根子岳の山頂を見据え、再び出発footCimg3484
次第に傾斜がキツくなってくるけど、朝日を浴びながらえっほえっほと登っていくupwardrightCimg3491

上信越方面は雲海に浮かぶ山並みがすごく幻想的。 紅葉と白樺とトリプルで美しいねshineCimg3488

a.m8:20 ルンルン気分で歩いていると、看板を発見。おや?根子岳まで0.8km! 
な~んだ、すぐじゃんっnoteと気を緩めてしまったが、実際はこっからが本番。マジでキツかった・・・!!Cimg3493

なんかすぐそこっぽいのに、急登で足がなかなか前に進まず全然近づいてこない稜線。Cimg3495

a.m8:40 うへぇ、20分も一生懸命登ったのに300mしか進んでないよ。 気持ちが折れますsadCimg3497

くぅたろうに引っ張ってもらいながら、必死に登るちぃたろう。 だいぶ標高が上がってきたかな?
    おらおら、もっと足を上げて! そんなのんびり登ってたら夜になっちゃうよannoyCimg3500  

うぅぅっ、飼い犬にもついていけない飼い主ですみません・・・(;;;´Д`)ゝ
ホントだよ! しっかり歩けっての!!今年何回くぅを置いて山に行ってんの!?まったく・・・annoyCimg3503

そんなこんなでくぅたろうに励まされながらひぃひぃ登ること1時間30分。

a.m9:00 根子岳に到着。標高2,207mfuji 

あまりの辛さに過呼吸気味のちぃたろうをほっといて、勝手に眺望を楽しむやんたろうとくぅたろう・・・。 君たちどんだけ余裕なんだよ!? 鉄人と鉄犬か!?Cimg3506

これから向かう四阿山がくっきりを見えるようになった。 今度はあっちのてっぺんまで行くのかぁCimg3509

北アルプスも相変わらず丸見え状態。 乗鞍から白馬までの稜線まで全部が見えるなんてすっごい珍しいことなのよ~shineCimg3511

山深いこっちは、草津白根山方面。 Cimg3510
すごいねぇ。良かったねぇ。 だいぶ満喫している様子のくぅたろうdog 相変わらず絶好調です。Cimg3513

a.m9:15 15分ほど山頂で休憩をはさみ、今度は四阿山へ向けて出発footCimg3517
すると、景色がガラッと一変。荒々しい岩稜地帯が現れたimpactCimg3518

さっきまで牧場の草原地帯の延長に見えていた根子岳も、実は裏に回ると岩だらけの山。やはり2,000m級の山はどこかに厳しさを備えているということだね( ̄○ ̄;)!Cimg3519

時たま切れ落ちた道が出てくるので気を抜かずに慎重に下っていこうdownwardrightCimg3520

どうやってこの岩場を超えていこうかな・・・? やんたろうはわざと岩場を乗り越えていくけど・・・Cimg3522

           くぅはこっちの道! へへへっnote らっくしょう!!Cimg3523 こんな調子でくぅたろうは少しずつ登山技術を自ら習得していくのです。。今や躊躇することはほぼ皆無なほど、すごいレベルアップしてます。 恐るべしくぅたろう・・・

岩場を抜けるといよいよ四阿山への登山口へ向かう最低鞍部が見えてきた。いったん200m近く下り、そこから標高2,354mまで今度は300mを登りかえさなくてはいけない。Cimg3528

せっかく必死の思いで根子岳まで登ったのになぁ・・・。。根子岳から四阿山まで長いつり橋があればいいのに・・・Cimg3532

稜線上の紅葉はほぼ終わっていたけど、ギリギリ残っていた草紅葉の赤が秋を思わせてくれます。Cimg3534

「山」と書かれた三角点!? いいねぇ。。 分かりやすい! 
                 
山ってなんじゃそりゃぁぁぁぁ!!Cimg3537

クレーターみたいな穴を発見。 なんであの場所だけ草が生えてないの?? もしやUFO!?Cimg3538
a.m9:50 そんなこんなで、結構楽しみながらあっという間に最低鞍部まで下ってきちゃった
眼前に迫る四阿山の威圧的な雰囲気に比べ・・・Cimg3539

振り返ると、まるで絵本の世界に出てくるような綺麗な黄緑色の根子岳が優しく太陽に照らされていました。。 なんて対照的な2つの山なんだろうねleftrightCimg3541

a.m10:00 いよいよ四阿山への300mの登りがスタート。いきなりちぃたろうも胸元まで高さのある笹の道が現れ、この先の厳しい戦いを予想せざるを得ない感じに・・・Cimg3543

はぁ、無事に山頂までたどり着けるか心配だよぉ。。(←ちぃたろうだけ・・・sweat02


その2へつづく・・・


          ↓ぽちっとお願いします。その2は見どころ満載の四阿山です↓

                     にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
                           にほんブログ村







 

その他のカテゴリー

2014年 GW旅行 | とっとこクッキング(山ごはん) | ぺーたろー日記(育児日記) | キャンプ・アウトドア・旅行 | ジャックラッセルテリアのくぅ | フリードスパイク | マタニティライフ | 日記・コラム・つぶやき | (上信越)妙義山 | (上信越)尾瀬 | (上信越)日光白根山 | (上信越)根子岳~四阿山 | (上信越)水沢山 | (上信越)浅間山(外輪山~前掛山) | (上信越)草津白根山 | (上信越)谷川岳 | (上信越)赤城山 | (上信越)鼻曲山 | (中央アルプス)木曽駒ヶ岳・宝剣岳 | (丹沢)塔ノ岳 | (八ヶ岳)三ツ頭 | (八ヶ岳)編笠山 | (八ヶ岳)赤岳~横岳~硫黄岳 | (八ヶ岳)赤岳~阿弥陀岳 | (北アルプス)唐松岳~五竜岳 | (北アルプス)奥穂高岳 | (北アルプス)常念岳 | (北アルプス)槍ヶ岳 | (北アルプス)焼岳 | (北アルプス)白馬岳 | (北アルプス)美ヶ原高原 | (北アルプス)西穂高岳 | (北関東)筑波山 | (北関東)那須岳 | (南アルプス)入笠山 | (南アルプス)北岳 | (南アルプス)山梨 日向山 | (奥多摩)御岳山 | (奥多摩)高水三山 | (奥武蔵)丸山 | (奥武蔵)伊豆ヶ岳 | (奥武蔵)埼玉 日向山 | (奥武蔵)大持山・小持山 | (奥武蔵)大高取山 | (奥武蔵)天覧山・多峯主山 | (奥武蔵)日和田山 | (奥武蔵)棒ノ嶺 | (奥武蔵)武甲山 | (奥武蔵)秩父御嶽山 | (奥秩父・西上州)大菩薩峠 | (奥秩父・西上州)瑞牆山 | (奥秩父・西上州)笠取山 | (奥秩父・西上州)茅ヶ岳 | (奥秩父・西上州)金峰山 | (奥秩父・西上州)飯盛山 | (富士五湖周辺)三ツ峠山 | (富士五湖周辺)毛無山 | (富士五胡周辺)竜ヶ岳 | (東北)吾妻山 | (東北)安達太良山 | (東北)月山 | (東北)磐梯山 | (東北)蔵王 | (東海・伊豆)天城山