フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

カテゴリー「(南アルプス)北岳」の記事

2014年8月19日 (火)

ここはどこ?真っ白な世界の北岳 

今年のお盆休みは山登りを始めてからずっと憧れていた槍ヶ岳にいよいよ挑戦するつもりだった。
             
ほら、お正月には気合いの書道もやったのよ。。(/□≦、)Cimg2943

だのになのに、天気予報は最悪。 お盆休みの間中、ずっと雨予報でやんのrain
せっかく念願だった槍ヶ岳を雨の中行くなんて寂しすぎる!! いやだ~!

泣く泣く北アルプス登山を諦め_| ̄|○、他に行ける山域はないかな?と調べていたところ、なんと南アルプスは15~17日晴れマークsunがニッコリ笑っているではないか!?

これは去年のリベンジかー!! 北岳~間ノ岳縦走かー!!

ワクワクしながら向かった、バス乗り場の奈良田温泉駐車場。。 
でも、待っていたのは期待とはうらはらの真っ白な世界でした・・・typhoon

*****************************************************************************

2014年8月15日(金)

前日の夕方に奈良田温泉駐車場に到着。 現在、夜叉神ー広河原間が土砂崩れによりバスが運休しているため、奈良田からしか広河原に行く方法がないのです・・・。

河口湖ICで下りてほうとう不動で美味しいほうとうを食べ、そこから約2時間。
60kmくらいかな? どんどん山深くなっていく景色を眺めながら下道を爆走rvcardash
奈良田へとやってきたのであります。

駐車場は第1と第2があるのだけど、バスは第2駐車場の横の広場から出発するので早めに到着できれば第2に停めた方がラク。

翌朝、a.m4:30頃からバス待合所にパラパラと人影が・・・。 出発は5:30なのにみんな行動が早いのね。
私たちも負けじとチケットを購入し(1人1,030円+マイカー規制協力金100円)列に並ぶ。
奈良田からはバスが4台しか出ないので、万が一乗り遅れたら7:30まで待たないといけない。早め早めで動かないといけないのね。Cimg2892
a.m5:30 バスに乗り込み約40分。昨年の苦々しい経験からバスを待っている間に早くも酔い始めるちいたろう・・・。 
気持ちはすでに大敗の予感(-_-X)

でも頑張ったよ、わたし頑張ったよー!o(゚Д゚)っ 
ラスト5分の危機的状況をなんとか乗り越え、広河原に無事到着。 はぁ、良かったsweat02

a.m7:00 ワタクシの体調が回復するのを待ち、7時に広河原を出発。
      吊り橋を渡ると南アルプス登山のはじまりはじまり~。Cimg2893

この時は青空が見えていて心も体もウキウキnoteCimg2895

       もしかしたらこの青空が最後の青空になるかもね~。まっさかねー! 
   なんて冗談を言いながら笑っていたのに。。 まさかこの会話が本当になってしまうとは・・・Cimg2898

a.m7:20 最初の分岐を左へ。大樺沢コースを進む。Cimg2900  

先週の台風に加え、昨夜の大雨の影響もあってか、沢はかなり増水していたwave 
橋を渡る時に鉄砲水が来ないことを祈りたくなるくらい・・・sweat01 
ゴォォォォォ!!typhoonって大迫力の沢を横目にひたすら樹林帯を登っていく。Cimg2902

すると、徐々に天候が怪しくなり、気がつくとレインウェアを着始める登山客がちらほら。。
私たちもずぶ濡れになる前にとレインウェアを着込み、でも悪天候になんか負けないぞ!と標高をあげていく。


・・・・・・・・・recycle そこからいろいろあって、あれやこれやあって、気がつくと出発して5時間clock

p.m12:30 稜線に出たー!!! (っていきなりかよΣ( ̄ロ ̄lll))Cimg2905


実はこの間、雨足がどんどん強くなりrainガスもジワリジワリと濃くなりmist、とても写真を撮っている余裕が無かったのです。揚句カメラが濡れて壊れてしまうのを恐れザックの中に仕舞ってしまう始末wobbly

これじゃぁ、まったく記録にならんわ。。 ということで、2日目の下山中に撮影した写真で途中を記録していくことにします。。


時は遡って、

a.m10:30 二股に到着。 仮設トイレがあるのが何気に嬉しい。 雪渓の脇で休憩をとることもできる。

                           寒いときにはやっぱりカップラーメンが一番noodle (←山ごはんはどーした!?)Cimg2938  

すでに雨ザーザーの状況の中、左俣から下山してきた男性は雪渓の落石が直撃したらしく、太ももから腰にかけて泥だらけ・・・。

「もう上はヤバいですよ。みんな引き返してますよ(`◇´*)」と超ネガティブなアドバイスをいただき心も折れはじめるが、右俣ルートならば危険な箇所はほとんど無いし、まだ時間も早いのでもう少し進んでから引き返すことも可能だし・・・という判断で、右股ルートを選択。

           写真は、左俣ルートへ向かう人たち。 きぃつけなはれや~(* ̄0 ̄)ノ Cimg2937

景色は沢から雪渓に変わり、そのあとは再び樹林帯の中をひたすら進んでいくCimg2933

丸太の階段がいくつか出てくるが、それ以外に危ない個所はなし。雨で濡れて滑りやすくなった岩だけ気をつけていれば、雨でも全然余裕で登っていける。

それにしても、視界ゼロzero こんなに頑張って登ってるのに高度感もまったくナシ┐(´д`)┌
せっかく1年ぶりの標高3,000m越えをしようとしてるのにさ・・・
まったく、何が楽しくてこんなツライ登山をしてんのかね。。。

それでも、なんだか妙に楽しい。。何が楽しいのかまったく理解不能なんだけど、なんだかとっても楽しかった。 あまりの悪条件に頭がおかしくなっちゃったのかもしれないなー
あはははは・・・・ψ(`∇´)ψ 壊れ始めるトットコ登山部。。


唯一の癒しは、たくさん咲いていた高山植物のお花たちtulip 
雨にも負けず、風にも負けず、高所にも負けない可憐なお花たちの強さを感じたよshineCimg2925

          写真がボケまくり・・・。 もういっぱいいっぱいな感じがよーく分かる・・・Cimg2932


そして再び・・・ p.m12:20 ようやく樹林帯を抜けて稜線に出る。が、やはり視界ゼロ。

p.m12:30 小太郎山分岐に到着。稜線に出てからは、雨は弱まってきたが今度は風が勢いを増してくるtyphoon Cimg2903

寒さ対策に、レインウェアの下にウインドジャケットを着込んだりしつつ、今日の宿の北岳肩の小屋を目指す。

やんたろうは、この風で一気にウインドジャケットとザックカバーを乾かしてしまおう作戦実行! 
        いやいや前見えてないから! ブルーレインマン参上!!ってとこですか??Cimg2907

風の強さ伝わるかな~?? バッタバッタ風になびいてますが、歩くの危ないんじゃないっすか?Cimg2910

p.m13:00 ボロボロのぐしゃぐしゃになりつつ、今日の宿「北岳肩の小屋」に無事到着。Cimg2912

              いちおうお決まりの鐘を鳴らしてみたけど、あぁ無残な姿
               ゴーン・・・・・sweat02 むなしく響く鐘の音down 諸行無常の響きあり・・・typhoonCimg2914

結局、あの吊り橋で見た青空から一転、6時間の雨山行になってしまいました。
これじゃぁなんのために南アルプスに来たんだか・・・。
まったく天気予報などアテにならんわい(怒) ぷんぷんpout

宿は、今日の天候だからか宿泊人数60名前後でした。お盆の激混みを覚悟していたので、布団が1人1枚あったことは不幸中の幸い。

夕飯は2回戦で済んだみたい。 お肉炒めがとっても美味しかった。いつもより疲れが出ていたのか、初めて山小屋の山盛りご飯を1人で平らげることができました(゚ー゚; Cimg2919

ちなみに明日の天気予報は、a.m3:00~a.m9:00までは晴れ予報sun
うっそだぁぁ!?(-ε-)とか言いつつ、それでもまだ懲りないトットコ登山部は、もし一瞬でも雲が切れてくれるなら山頂でご来光見たいね。ってことで、一応朝ごはんをお弁当に変更してもらい、p.m3:00に目覚ましをかけて就寝。

*******************************************************************


2014年8月16日(土)

a.m3:00頃からあちらこちらで目覚ましのアラームが鳴り始める。

ピピピピッ、ピピピピッclock カチッpaper     ・・・sleepyグーグー(-.-)zZ

分かるよ、分かる、その気持ち。だって、雨の音が・・・sweat02  

ザーザーrain ザーザーtyphoon バシャバシャバシャバシャ( ̄Д ̄;;


くぅおーannoy やっぱり天気予報なんて当たんないだ、ちくしょう。 大雨だぜrain、こんちくしょうcrying

唯一楽しみにしていた朝ご飯もお弁当にしてしまったため、食堂からの美味しい匂いを嗅ぎながら部屋で寂しくお弁当を食べ、


a.m6:30 北岳肩の小屋を出発。 視界不良の中、少し意地になり北岳山頂を目指すことにした。

                   ふぅ、今日も真っ白な世界を堪能だわさ Cimg2921

風は強いが、雨はそれほどでもない。 ただガスが濃いので道を間違えないように。。

山頂への最後の分岐。 あと20分で標高差1,700mの登りも終わるぞー!まったく実感ないけどねー!!Cimg2923

きっと晴れていたら高度感あって高所恐怖症のやんたろうもビビりながら歩いた場所なのかもしれないけど、今日はサクサクッと進めてしまえる。
             ここが標高50mと言われたら、それはそれで信じちゃうかも。Cimg2924  

a.m7:10 北岳山頂に登頂!ヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノCimg2926

景色はまったくないけど、この看板を見ただけでテンションあがっちゃった。
やった、やった!! 日本第2位にチュheart04Grl_0002

もちろん「間ノ岳←→広河原」看板も高々と掲げさせてもらいましたよ、いぇーい!!Cimg2931

さて、山頂も満喫したし、間ノ岳へ縦走しますか。 いやいや、しないでしょ!?

わずか数10秒の決議により、北岳~間ノ岳縦走は勇気ある断念!!(←当たり前だdash

帰りのルートも危険をなるべく回避できるよう、往路と同じ右俣ルートで帰ることにした。

山頂を7:20に出発し、広河原に到着したのが12:30 約5時間で帰ってくることが出来ました。




奈良田の駐車場に戻ってから、車で3分の奈良田の里温泉に入浴。1人550円
お湯がぬるぬるしててすごく肌がつるつるになった
ご飯も食べれるのでオススメです!



<今回のきろく簿pencil

1日目:
奈良田駐車場(5:30)-広河原(6:15~7:00)-大樺沢分岐(7:20)-二俣分岐(10:30)-小太郎山分岐(12:30)-北岳肩の小屋(13:00)

2日目:
北岳肩の小屋(6:20)-北岳山頂(7:10~7:20)-北岳肩の小屋(8:00)-小太郎山分岐(8:20)-二俣分岐(10:00)-大樺沢分岐(12:00)-広河原(12:30)


              ↓ぽちっとお願いします。またブログを書く元気がもらえます↓
                     にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
                             にほんブログ村







 

2013年9月10日 (火)

まさかの体調不良で勇気ある撤退 北岳の巻

くぅちゃん、ちょっと聞いてよ( ゚Д゚)y─┛~~

こないだの北岳は本当に大変だったのよー。


                      
はい? 何かご用ですか?? Cimg1383                     

あのね、9月7日から3日間かけて北岳~間ノ岳fujiを縦走しようと思ってたのよ。
天気はいまいちだったけど、初日のお昼までに北岳山頂に行っちゃえば案外展望も期待できると思ったの。




                       うん、うん、それで??
Cimg1386


早めに出発しようと思ったんだけど始発のバスに乗り遅れちゃってさ、それで6時半の乗合タクシーを待って、無事乗り込んだわけbusdash 
あっ、ちなみにバスは45分で目的地の広河原まで行くのね。


              
あー… 庭に出たいなぁ・・・ ちょっと窓開けてもらえます??Cimg1388


んで、タクシーが出発したんだけど、それがさぁ、まぁ運転が荒くてヾ(.;.;゚Д゚)ノ。。

乗ってわずか5分でなんだか胸が気持ち悪くなってきちゃって・・・Σ( ̄ロ ̄lll)


車酔いなんて小学生以来よ、くぅちゃん。 相変わらず猛スピードでくねくねの坂道を走るタクシーの中で、カーブを曲がるごとに「うぉぉぉぉ・・・( ̄◆ ̄;)」ってなるのよー。

    
        
    うぉぉ!  動くものはっけーん!! ちょっと庭に出てきまーす。 Cimg1391


途中、どうしても我慢できなくなって車停めてもらって外で休んでさ、少し気分が落ち着いたと思ってまた乗ったんだけど、やっぱりタクシーはすごい遠心力でカーブを進んでいくの。

目的地の広河原まで残り4kmを切ったあたりから「あと10分」 残り2km「あと5分・・・」って自分を落ちつけようとしてたんだけど、


残り800m・・・    はい、レッツゴー!! ってなわけ (((゚Д゚)))

もう最悪よーsweat02 なんであと2分が乗り切れないー!?って嘆きたくなったよ。゜゜(´□`。)°゜。
幸い、バスにごみ袋があったから、道連れを増やすことはなかったんだけどね・・・。 


もう、最悪よーヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ


      
   確かにそれは災難だったねー。 一緒に乗車してた人が・・・impact
         あー、今日も虫捕れなかった・・・ ちくしょうsweat01 
Cimg1392


広河原のインフォメーションセンターで落ち着くまで待機しようって話しになってさ、休憩所で横になってたんだけど、30分過ぎても1時間過ぎても良くなるどころか体調はどんどん悪くなっていくばかりで、脱水症状みたいに体が震えだすし。 
病院に行きたいけど、そのためにはまた来た道をバスで引き返すことになる訳で絶対的に無理だし、先に進むこともできないし・・・。 とにかくポカリを飲んで胃を休めながら体調が回復するのを待ってたの。

そんで、ようやく落ち着いたのがすでに9時半を過ぎた頃だったのさclock

             
それは時間オーバーしすぎだね。 ところで、アキレスちょうだい。Cimg1393

せっかくここまで来たんだし、体調も回復したし少し行ってみようかってことになって歩き始めて2時間。


まだ、二俣にも着いてない場所で今度は雨がザーザーrain

    
     ふんふん くぅも雨は大っ嫌いですよーsweat01  アキレスうまっ Cimg1401

天気予報では午後2時くらいまで晴れマークだったのに、2時間も前倒しで雨が降ってくるなんてね。 もう、今から山頂に行ってもガスガスでな~んにも見えないじゃん!!


んで、仕方なく勇気ある撤退だわー。 結局、なーんにも見えないまま北岳登山終了しちゃったのよ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


      
ふーん、 最近さ、 くぅのこと置いてけぼりにしすぎたからバチがあったたんじゃん??Cimg1395


でもさ、げぼげぼして体休めてる間、一緒に登る予定だったやんたろうもあっきーもすごい優しくてさbearing 

時間がどんどん押してるのに全然焦る様子もなく、のんびりそばで体調が回復するのを待っててくれたんだよ。 せっかくこんな遠くまで来て中止になるかもしれないのに、全然怒るそぶりも見せずにさ。。

私は2人の優しさをじーんと感じたよ。。 人間ってあったかいなぁってさ(´;ω;`)ウウ・・・ 


   
       2人はちいたろうと違って大人なんだね。 あっ、眠くなってきた・・・  Cimg1396


だから、私は来年またこの山に再チャレンジしようと思うよ。 またやんたろうとあっきーと3人でさ。 



                
もう・・・ 好きにすればー  くぅは寝るわ。。   Cimg1397


      ↓ぽちっとお願いします。 ブログを書く元気がもらえますから・・・ ↓

                      

                  にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  
                        にほんブログ村

その他のカテゴリー

2014年 GW旅行 | とっとこクッキング(山ごはん) | ぺーたろー日記(育児日記) | キャンプ・アウトドア・旅行 | ジャックラッセルテリアのくぅ | フリードスパイク | マタニティライフ | 日記・コラム・つぶやき | (上信越)妙義山 | (上信越)尾瀬 | (上信越)日光白根山 | (上信越)根子岳~四阿山 | (上信越)水沢山 | (上信越)浅間山(外輪山~前掛山) | (上信越)草津白根山 | (上信越)谷川岳 | (上信越)赤城山 | (上信越)鼻曲山 | (中央アルプス)木曽駒ヶ岳・宝剣岳 | (丹沢)塔ノ岳 | (八ヶ岳)三ツ頭 | (八ヶ岳)編笠山 | (八ヶ岳)赤岳~横岳~硫黄岳 | (八ヶ岳)赤岳~阿弥陀岳 | (北アルプス)唐松岳~五竜岳 | (北アルプス)奥穂高岳 | (北アルプス)常念岳 | (北アルプス)槍ヶ岳 | (北アルプス)焼岳 | (北アルプス)白馬岳 | (北アルプス)美ヶ原高原 | (北アルプス)西穂高岳 | (北関東)筑波山 | (北関東)那須岳 | (南アルプス)入笠山 | (南アルプス)北岳 | (南アルプス)山梨 日向山 | (奥多摩)御岳山 | (奥多摩)高水三山 | (奥武蔵)丸山 | (奥武蔵)伊豆ヶ岳 | (奥武蔵)埼玉 日向山 | (奥武蔵)大持山・小持山 | (奥武蔵)大高取山 | (奥武蔵)天覧山・多峯主山 | (奥武蔵)日和田山 | (奥武蔵)棒ノ嶺 | (奥武蔵)武甲山 | (奥武蔵)秩父御嶽山 | (奥秩父・西上州)大菩薩峠 | (奥秩父・西上州)瑞牆山 | (奥秩父・西上州)笠取山 | (奥秩父・西上州)茅ヶ岳 | (奥秩父・西上州)金峰山 | (奥秩父・西上州)飯盛山 | (富士五湖周辺)三ツ峠山 | (富士五湖周辺)毛無山 | (富士五胡周辺)竜ヶ岳 | (東北)吾妻山 | (東北)安達太良山 | (東北)月山 | (東北)磐梯山 | (東北)蔵王 | (東海・伊豆)天城山