フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

カテゴリー「(北アルプス)槍ヶ岳」の記事

2015年8月23日 (日)

念願の槍ケ岳にいざ挑戦!その3

その1
その2 からのつづきです。


あー、たくさん歩いてお腹へったなぁ・・・(;´д`) おや、こんなところにとんがりコーンが・・・


いっただきまーす!! 

Cimg4731って、槍ヶ岳やないかー 食べてもーた・・・  まずい、標高が低くなっちゃった

あっ、そーだ。 とんがりコーンで標高戻しとこ 
Cimg4725って、逆にめっちゃ標高高くなってしまったやないかーい。ビシッ   

・・・・・・・・・・・・・・・ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…    ちゃんちゃん

*****************************************************************

とまぁ、遊び心も出てきちゃうくらいのんびり槍ケ岳の周辺でゴロゴロしていたトットコ登山部。

時間も1時半を過ぎ、そろそろ今日のお宿「ヒュッテ大槍」に向かいましょーかってなことで大喰岳から槍ヶ岳山荘に戻ることに。

ヒュッテ大槍は写真中央の目立つ建物じゃなくて(あっちは殺生ヒュッテ)はるか彼方のちっちゃい山小屋
Cimg4753定員60名ほどのこじんまりした山小屋なんだけど、その分対応が素晴らしいらしくて、特にご飯が美味しいとの情報あり。パスタにグラタンにワインまで出てくるらしいよ。。

ヒュッテ大槍までは槍ヶ岳山荘から30分ほど。 ささっと歩いて宿でゆっくり休もーと鷹をくくっていたのだが・・・

あれ? なんだ、この道??Cimg4755


そう。宿まで30分といえど、この道は東鎌尾根。危険なルートなのですCimg4758

ぶっちゃけ、槍ヶ岳の山頂往復より全然怖かったから・・・Img_1053


槍の山頂往復で「オレ、もしかしてレベルアップしたのかも。」とかほざいていたやんたろう。
結局、最後はこのお決まりへっぴり腰写真を撮られてしまった。。残念!!
Img_1051俺が大変な目にあうと、なんでみんなして笑いながら写真をパシャパシャ撮るんだ
くそー、笑うんじゃねぇやい あとで覚えてろ


常念を目の前に笑顔満点のちぃたろうと、明らかに硬直状態でめっさ壁側に直立不動のやんたろう。。。 Img_1052おいおい、ちびよ。静かにせい!


まぁまぁ気を取り直してさ。 ドーンと見える常念岳が素晴らしいじゃないか!Cimg4760


ほらほら、宿もだいぶ近くなってきたよ。Cimg4766


p.m2:40 ヒュッテ大槍に到着!Cimg4768

朝3時40分に出発して、ちょうど11時間!!今までで最長の行動時間(休憩もすっごい多かったけど・・・)なんだかんだでみんなよく頑張ったー

宿につくと、急に体がすごく重くなって、頭も肩もズキズキ・・・。
1日中気を張っていたのと、やはりかなり長い行動時間に体も頭も限界だったみたい。

珍しくビールで乾杯することもなく、夕飯を食べた後すぐに就寝しました。。。

**************************


2015年8月16日(日)

楽しかった槍ケ岳登山もいよいよ最終日。一気に上高地まで下りて行きます。

a.m5:05 最高の日の出とともに1日がスタート。Cimg4772


槍ケ岳も赤く染まって、今日の好天を約束してくれているかのよう。Cimg4779


長く伸びる影がまたいい雰囲気を醸し出してるじゃない?Cimg4780

朝ごはんを宿でしっかり頂き・・・

a.m6:00 ヒュッテ大槍を出発。まずは、この九十九折りの急斜面を一気に下りていく。
Img_1047


道は急傾斜に加え完全なザレ場なので、気をつけて下りて行きたいところだが、リーダーは逆に容赦ないスピードで駆け下りていく

えっ?えっ? 昨日、へっぴりやんたろうを笑ったからかしらー? 
無言でお尻から炎を吹き出しジェット機のように本気を出したリーダーには誰も追いつけません・・・ヾ(.;.;゚Д゚)ノCimg4781なんなん!? コースタイム1時間のところを20分で駆け抜けてるじゃないのー


朝っぱらから超全力下山に慌てて上着を脱ぎ・・・Cimg4785
急げ、急げ。。すでにリーダーが行方不明だぞ・・・


あっという間に槍ケ岳が見える最後のポイントも通過・・・ 
ちょっ、ちょっと待って。最後の槍にお別れくらい言わせてよぉCimg4786


a.m7:40 出発からわずか1時間40分で槍沢ロッヂまで戻ってきた
      (通常は3時間15分くらい?)Cimg4788    はえぇぇよ・・・ 15分休憩くださーい ぜーぜー( ̄Д ̄;;

その後は多少ペースを落としたものの、特に立ち止まる場所もなく

a.m9:00 横尾を通過Cimg4791

徳澤手前で猿軍団に遭遇! 10匹くらいうろうろしてた。Img_1080


a.m10:00 徳澤にて早目の昼食タイムImg_1078

a.m11:30 明神を通過 今日はとってもいい天気。 
初日に見えなかった穂高岳がよーく見えた。Cimg4794


p.m12:30 無事、上高地バスターミナル(河童橋)まで帰還!!Cimg4797だぁぁぁぁ( ̄Д ̄;;  疲れたぁぁぁ・・・


お疲れちゃんでした。

******************************************


念願の槍ケ岳を登り終え1つの区切りを迎えてたことで、少し抜け殻状態になったワタクシ。
帰宅後3日間くらいは「もうしばらく山はいいかなぁ・・・」なんて思っていたのですが、
このブログを書きながら写真を見返していると、下火になっていたはずの山愛がまた少ーしづつ燃え上がってきているのを感じています。

しかしながら、槍ヶ岳に勝る次の目標とはなんぞや? 
裏銀座(雲ノ平、三俣蓮華とか)方面? うーん、地味だなぁ・・・
いやいや、やはり派手に剱岳か? 大キレット制覇!? いやぁ、危険!それはないか。。
ならばいっそ目標はでっかく北海道の山にでも焦点をあててみようか・・・。

うーん、うーん。。 なかなか思いつかないものです。

まずは、次の目標を定めるところから第2ステージが始まりますな!!


【今回のきろく簿

<1日目>
沢渡駐車場(7:00)-上高地バスターミナル(7:30)-明神(8:30)-徳澤(9:30~9:50)-横尾(10:50~12:15)-槍沢ロッヂ(1:40)


行動時間:6時間40分 ※休憩含む


<2日目>
①槍沢ロッヂ(3:40)-ババ平(4:00)-大曲分岐(4:40)-天狗原分岐(5:30~5:50)-槍ケ岳山荘(8:00~8:15)-槍ケ岳山頂(9:15~9:30)-槍ケ岳山荘(9:50~11:20)

②槍ケ岳山荘(11:20)-大喰岳(12:10~13:30)-槍ケ岳山荘(2:00)-ヒュッテ大槍(2:40)


行動時間:槍の肩まで 4時間20分
       槍の肩~山頂:登り1時間 下り20分  ※渋滞による時間差あり
       槍ケ岳山荘~大喰岳:40分 
       槍ケ岳山荘~ヒュッテ大槍:40分


<3日目>
ヒュッテ大槍(6:00)-槍沢ロッヂ(7:40~8:00)-横尾(9:00)-徳澤(10:00~10:30)-明神(11:30)-上高地バスターミナル(12:30)

行動時間:6時間30分 ※休憩含む



↓ぽちっとお願いします。 ぐだぐだ言ってるけど、今度は木曽駒ヶ岳に行きまーす↓
                 
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村















2015年8月22日 (土)

念願の槍ケ岳にいざ挑戦!その2

その1のつづき

2015年8月15日(土)
a.m3:40に槍沢ロッヂを出発して4時間。

槍ヶ岳を眺めながらようやくここまで登ってきたトットコ登山部。
Img_1066




すぐ目の前にあんなに大きい山が見えるのに、そこに辿り着くのにはすごーい時間がかかる。Img_1069

早く早く!って焦りがちだけど、標高も2,800mを越えてきて息を切らすと高山病を発症する可能性も出てくるので必要以上にゆっくり息を整えながら歩いていく。

槍の真ん前でばんざーい! 
ここまで来たぞー!!Img_1065

さぁさぁ、槍ヶ岳山荘までもう一息だよ(゚ー゚;

最後の坂を上り詰めると・・・
Img_1090


a.m8:00 きました、槍の肩!! 雑誌で何度も見たあの場所だー 感慨深いわぁImg_1064


槍ヶ岳の山頂まではやはり渋滞中
どうやら昨日山頂付近に泊まった人たちは、悪天候で行けなかった山頂に朝一で登ってから下山するらしい。 山頂まで通常20分だけど、この分だと40分ってとこかな・・・?
Cimg4637


渋滞がなんだ!私たちも荷物をデポしてあの列に加わっちゃうぞー!! 行っくぞーCimg4644


山頂まではもちろん危険な岩場が続くけど、整備し過ぎなくらいきちんと整備されているので矢印の通りに登ればまったく問題なし。Img_1063


渋滞している分、途中で立ち止まって周りの景色を見る時間もたっぷりあるので槍の山頂への行程を思う存分楽しむことができる。
パパッと登っちゃうよりずっと楽しいかも(◎´∀`)ノ
Cimg4648


小槍をはっけーん!! クライミングしている人もはっけーん!!Cimg4647     おーい。 危ないぞー 手をふってる場合じゃないぞー

直登の岩場も足場がしっかりしているので問題ナーシ!クライミングみたいで楽しいCimg4651


さっきまでいた槍ヶ岳山荘も気がつけばあんな小さくなって・・・。Cimg4653


遠くに穂高岳も見えてきたー(*゚▽゚)ノ Cimg4659


最後の長い梯子を上りきると・・・Cimg4667


a.m9:15 槍ヶ岳山頂に到着 標高3,180mを登ったどー(≧∇≦)Cimg4671


たくぞーとあっきーもよく頑張りました(*゚▽゚)ノヽ(゚▽゚*)Img_1098_2



山頂からの景色はもちろん360度大展望Cimg4669常念岳方面は表銀座の縦走路がくっきり。。 いつか歩いてみたいな、あの道。。

槍ヶ岳山荘から先は穂高岳方面に向かう縦走路。 あの縦走路の先には超危険な大キレットやら涸沢岳やらジャンダルムやらが待っているのだ。。 あっちは行きたくなーい!
Img_1087


山頂は次から次へと登山者が登ってきて、順番に写真を撮って順番に下りていくという日本人ならではの整列方式。
ここまで来てなお整列をきちんと守る国民性。さすがです!Cimg4688



なので、10分ほどで今度は下山を開始。 この梯子に足をかける時がちょっとドキドキImg_1089


今さらながらおへそがキューってなるよぉぉぉ(;;;´Д`)Cimg4690     足を踏み外さないようにゆっくり下りてこーい

その後は一方通行の下山道を慎重に下り、
a.m9:50無事下山。
Img_1060


登りに1時間。下りは30分ほど。 思いのほかあっけなかったなぁ・・・。
もっとビビるかと思っていた高所恐怖症のやんたろうですらなんなく登頂。 
きっと山小屋の方たちが日頃から登山道の整備をしっかり行ってくれている賜物なんだろうね。 ありがとうございます

さて、目標をクリアし時間はまだ10時。 
しばらく周辺をウロウロしながらキッチン槍が開店する時間まで待つことに
(開店時間は10時半

槍ヶ岳山荘の裏手に回ると、小槍が良く見える場所を発見。


♪アルプス一万尺♪小槍のう~えで♪アルペン踊りをさぁ踊りましょ♪(*゚▽゚)ノCimg4699


♪ラ~ンラランラン♪ランランランラン♪ラ~ンラランラン♪ランランラン♪(*゚▽゚)ノCimg4700




って、あんな怖い場所で踊れるか(#`Д´)と誰もがツッコミを入れたくなる断崖絶壁・・・Cimg4697



いやぁ、お疲れ様でした。 ははは、こちらこそ、ありがとうございました。
がっちり握手を交わすリーダーと部員。 どうやらまた絆が強くなったようだ(^-^;Cimg4715




さて、10時半を過ぎ、槍ヶ岳山荘のキッチン槍が開店。
もともと美味しいカレーライスなのにさ、美味しい空気と素晴らしい展望の中で食べるとさらに数倍美味しく感じちゃうね。Cimg4719     味覚とは五感で味わうものなのさ( ̄▽ ̄)

食後、穂高岳方面に30分ほど歩いた先にある大喰岳へ向かう。

大喰岳からの槍ヶ岳と槍ヶ岳山荘の展望は、雑誌によく掲載される定番の構図。
つまり槍ヶ岳がすごく綺麗に見えるポイントってこと

槍ヶ岳山荘のテント場を抜け、いったん数十m下った後、今度は一気に山頂まで登り返す。



穂高岳方面に歩いていくので、もちろん向こう側の景色が一望できる。
ゴツゴツした岩山は前穂高岳かな?リーダーがたくぞーに説明してる横で・・・

ナルシストなあっきー どーした、あっきー∑(゚∇゚|||)
Cimg4734     ふっ( ̄ー+ ̄) 来年はあっちを制覇してやろうか・・・ 

p.m0:10 大喰岳山頂。 どう? やはりここからの展望は最高じゃない??
大喰岳山頂は休む場所がたくさんあって、その割には人も少なくて槍ヶ岳山荘前で休むよりのんびりできる。
Img_1035



近くにいたプロのカメラマンとおしゃべりしながら(この方はもう1週間もこの周辺で槍ヶ岳を撮影し続けているらしい。すごいなぁ。。)の~んびり1時間。

昨日、今日とそれなりに気を張り詰めていたから、この場所でゆっくりじっくりアルプスの景色を堪能出来て、ようやくここまで来たんだなぁと実感できた。
Img_1043




その3へつづく

【ここまでのきろく簿】

<1日目>

沢渡駐車場(7:00)-上高地バスターミナル(7:30)-明神(8:30)-徳澤(9:30~9:50)-横尾(10:50~12:15)-槍沢ロッヂ(1:40)

行動時間:6時間40分 ※休憩含む


<2日目>
槍沢ロッヂ(3:40)-ババ平(4:00)-大曲分岐(4:40)-天狗原分岐(5:30~5:50)-槍ケ岳山荘(8:00~8:15)-槍ケ岳山頂(9:15~9:30)-槍ケ岳山荘(9:50)・・・

行動時間:槍の肩まで 4時間20分
       槍の肩~山頂:登り1時間 下り20分  ※渋滞による時間差あり


槍ケ岳山荘(11:20)-大喰岳(12:10~13:30)・・・



   ↓ぽちっとお願いします。まだまだ続くよ、どこまでもぉぉぉ↓
         にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2015年8月21日 (金)

念願の槍ケ岳にいざ挑戦!その1

登山を始めて早5年
ようやく登山当初の第1目標である槍ケ岳に挑戦する日がやってきた。

あちこちの山でトレーニングを重ねてきて、いよいよここまできたかーって気持ち。
ワクワクするような、でもちょびっと不安もあるような・・・。
普段とは少し違った複雑な思いを胸にしまいつつ、上高地に向かった

**************************************************************

2015年8月14日(金)
前日の夜に松本ICから30分ほど車で走った場所にある「道の駅 風穴の里」で仮眠。

朝、5時頃準備していると、上高地方面からゴロゴロっと雷の音・・・

でも、天気予報では朝の雨さえあがればその後は天候が回復するとのこと。

天気予報を信じて、上高地手前の沢渡駐車場でタクシーに乗り換え上高地へ入る。
タクシーは1台4,200円。4人集まればバスより安いのよ

a.m7:30 上高地バスターミナルで準備完了。
今回の槍ケ岳山行メンバーは・・・
やんたろう(リーダー)、ちぃたろう、あっきー、たくぞーの4人ヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノCimg4562          仲良くいきましょな。


出発直前、梓川に虹がかかってた! 吉兆の予感??Cimg4564


上高地から横尾までは一昨年の奥穂高岳と同じコース。
高低差はほぼないが、3時間かけて北アルプスの懐まで進んでいく

雨が降ったりやんだりしながらの天気の中、たまーに日差しが森を照らすとキラキラ川面が光って、美しいの一言Img_1077          まるで神の降臨じゃー!

苔と緑のコントラスト。これが上高地の人気の理由
森林浴とマイナスイオンで心も体もリフレッシュしまくりでしょImg_1075


a.m9:50 徳澤でお決まりの美味ソフトクリーム休憩。Cimg4567


a.m11:00 横尾でもお決まりの美味醤油ラーメン休憩。Cimg4570          奥穂の時とまったく同じやないか。 でも美味しいんだもーん( ̄ー+ ̄)

前日、車でほとんど眠れなかったあっきーは15分昼寝・・・ Cimg4572          いーよいーよ、ゆっくり休も。 


p.m0:15 ここ横尾は、槍ヶ岳までのちょうど半分の地点。 
      距離はあと11km。でも標高差はまだ1,000m以上・・・。Cimg4576


さて、横尾でだいぶのんびりしたが、そろそろ今日の宿泊地「槍沢ロッヂ」に向かって歩き出そう。Img_1076


頭上注意の注意書き。 見ると・・・Cimg4578


今にもガラガラガラッときそうな岩だらけの斜面。急いで通り抜けてしまおう。Cimg4579


p.m1:40 槍沢ロッヂに到着。 今日はここまででおしまーいCimg4580


そんなに頑張ってないけど、もちろんビールでかんぱーいCimg4585


槍沢ロッヂはお盆の時期もあってやはり混んでた。布団3枚に4人で寝たけど、これってまだマシなのかな?? Img_1091_2たくぞーは夜中にやんたろう&ちぃたろうに布団から押し出され、談話室で寝たらしい・・・。ゴメンちょ

すっかり雨もあがって、明日の晴天を予感させる星空も見えたこの日の夜。
もうワクワクがとまらなーい!Img_1093




夜7時には就寝。明日はたくさん歩くからしっかり休まないとね。

**************************************************************

2015年8月15日(土)

a.m3:00に起床。 朝ごはんはお弁当にしてもらい、3:40に宿を出発Img_1073




ナイトハイキングだぜ Img_1097


道は槍沢ロッヂを超えると傾斜が厳しくなってくるけど、さすが人気のコースだけあって整備はバッチリ。ナイトハイクでもそんなに危ないとは感じなかった。
むしろ、満点の星空を眺めながら、涼しい間に標高もある程度稼げるのでオススメかも!!

a.m4:40 キャンプ場のババ平を超えて、大曲に差し掛かる。Cimg4594


ここから10mほど雪渓歩き。Cimg4595



今年はあんなに猛暑続きだったのにまだ雪が残ってるなんてね。ちょっとビックリ。
たくぞーいわく、「この厚みはT800(80cm)だな( ̄▽ ̄)」とのこと。Img_1092     なんじゃそりゃ。 T-800?? たくぞーの製造番号か!?

雪はがっちり固くてほぼスケートリンクみたいだった!
転ばないように1歩1歩注意しながら歩こうImg_1096          おっと、滑ったー( ̄○ ̄;)!

5時を過ぎて少しづつ明るくなってくると、周りにお花がたくさん咲いていることに気がついたCimg4596  この綺麗なお花はなんていう名前なんだろね??相変わらず花の名前に無知すぎ

a.m5:20 いよいよ夜明け。 太陽が山肌を赤く照らしはじめる。Cimg4599

ただ、このくらいの時間帯はとにかく冷える。加えて、3時に起きてから早2時間半なにも食べていない・・・。 もうシャリバテだー。

遥か先をずんずん進んでいくリーダーやんたろうに大声で「朝ごはん食わせろー!もう動けーん!!」と叫びなんとかその歩みを止めさせる。

a.m5:30 天狗原分岐にて待ちに待った朝ごはん。Img_1071
槍沢ロッヂ特製のちらし寿司  とっても美味しかった!ボリュームもバッチリ。
これでまた元気に動けそう( ̄ー+ ̄)

ここまでくると周りの景色はすっかり北アルプス。 
相変わらず岩稜帯のゴツゴツした感じが冒険心を沸立てるし、空の青さは街中のそれとは次元が違うし、小さいお花は可憐だし・・・。 Img_1070     
あー、もう本当に好きだー

ところで昨日から今までまだ槍ヶ岳の姿をまったく拝めていなかったのだが・・・

それは突然現れたのだった・・・。 おー、ついに槍の頭が見えたー!!Cimg4607


少し見え始めると、途端にその存在を主張しまくる槍ヶ岳。。Cimg4612     えー、えー、ワタクシが槍ヶ岳です。 カッコイイでしょ?  

でけーよ、いきなりその存在感かよって感じ。 

でも、ようやく目的地がはっきりしたところで足取りも少し軽くなってきた!
あの頂まであと2時間・・・。 はりきって行ってみましょーか(≧∇≦)Cimg4608






【ここまでのきろく簿】

<1日目>

沢渡駐車場(7:00)-上高地バスターミナル(7:30)-明神(8:30)-徳澤(9:30~9:50)-横尾(10:50~12:15)-槍沢ロッヂ(1:40)

行動時間:6時間40分 ※休憩含む

<2日目>
槍沢ロッヂ(3:40)-ババ平(4:00)-大曲分岐(4:40)-天狗原分岐(5:30~5:50)-・・・



その2へつづく


↓ぽちっとお願いします。その2からは素敵な景色がどんどん出てきますよー↓
              にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

2014年 GW旅行 とっとこクッキング(山ごはん) ぺーたろー日記(育児日記) キャンプ・アウトドア・旅行 ジャックラッセルテリアのくぅ フリードスパイク マタニティライフ 日記・コラム・つぶやき (上信越)妙義山 (上信越)尾瀬 (上信越)日光白根山 (上信越)根子岳~四阿山 (上信越)水沢山 (上信越)浅間山(外輪山~前掛山) (上信越)草津白根山 (上信越)谷川岳 (上信越)赤城山 (上信越)鼻曲山 (中央アルプス)木曽駒ヶ岳・宝剣岳 (丹沢)塔ノ岳 (八ヶ岳)三ツ頭 (八ヶ岳)編笠山 (八ヶ岳)赤岳~横岳~硫黄岳 (八ヶ岳)赤岳~阿弥陀岳 (北アルプス)唐松岳~五竜岳 (北アルプス)奥穂高岳 (北アルプス)常念岳 (北アルプス)槍ヶ岳 (北アルプス)焼岳 (北アルプス)白馬岳 (北アルプス)美ヶ原高原 (北アルプス)西穂高岳 (北関東)筑波山 (北関東)那須岳 (南アルプス)入笠山 (南アルプス)北岳 (南アルプス)山梨 日向山 (奥多摩)御岳山 (奥多摩)高水三山 (奥武蔵)丸山 (奥武蔵)伊豆ヶ岳 (奥武蔵)埼玉 日向山 (奥武蔵)大持山・小持山 (奥武蔵)大高取山 (奥武蔵)天覧山・多峯主山 (奥武蔵)日和田山 (奥武蔵)棒ノ嶺 (奥武蔵)武甲山 (奥武蔵)秩父御嶽山 (奥秩父・西上州)大菩薩峠 (奥秩父・西上州)瑞牆山 (奥秩父・西上州)笠取山 (奥秩父・西上州)茅ヶ岳 (奥秩父・西上州)金峰山 (奥秩父・西上州)飯盛山 (富士五湖周辺)三ツ峠山 (富士五湖周辺)毛無山 (富士五胡周辺)竜ヶ岳 (東北)吾妻山 (東北)安達太良山 (東北)月山 (東北)磐梯山 (東北)蔵王 (東海・伊豆)天城山