フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

カテゴリー「(八ヶ岳)赤岳~阿弥陀岳」の記事

2013年7月24日 (水)

八ヶ岳の最高峰 赤岳から阿弥陀岳を縦走 その3

その1(美濃戸口~赤岳展望荘)
その2(赤岳展望荘~赤岳山頂)  からのつづき・・・

2013年7月21日(土) a.m6:15 赤岳山頂に登頂し15分ほど絶景を満喫した後、隣に聳える阿弥陀岳を目指して出発footfoot

一旦、阿弥陀岳と権現岳の分岐まで岩場を下る。いきなりの梯子で心臓がキュッとなるけど身が引き締まっていいのかもしれない。


Cimg1011


ここでは滑落事故も頻繁に起こるそうなので慎重すぎるくらい慎重に・・・。
やんたろうは高所恐怖症なので、さらに慎重に下る。 声にならない悲鳴をあげながら・・・


     や「あわわわわ・・・ コケたらどこまで落ちるのやら・・・ あわわわわshockCimg1014

ある程度まで標高を下げると、権現岳(キレット)と阿弥陀岳の分岐が現れます。
間違ってもキレット方面には行かないように・・・。 キレットコワイコワイ・・・(;;;´Д`)ゝ
Cimg1013


途中、20名以上のツアー団体が大名行列のように登ってきてすれ違うのも一苦労だった。
ツアー登山もいいんだけど、せめて10名以下の列に分けてほしい・・・。狭い山道の端っこでひたすら待ち続けてるこちらの身にもなってほしいよーsweat01


a.m7:00 文三郎尾根分岐に到着。 
ここから見ると、中岳の登り&阿弥陀岳の登りは結構ハードそう
Cimg1015


このまま行者小屋に下りちゃえば美味しいおでんが待っているのかと思うと、あー、心が折れそうだ・・・(゚ー゚;
     
や「え~、行くの~? もう行者小屋でおでんの時間じゃね?┐(´-`)┌」
Cimg1017


少し進んで・・・

     
ち「行くよー!! まだまだ今日は始まったばかりさー!!(*゚▽゚)ノ」
              同じ景色を見ても、まったく気持ちの持ちようが異なる2人・・・sweat02
Cimg1018


朝7:00の段階で、すでにおでんに心奪われているやんたろうを
「あーでもない、こーでもない\(;゚∇゚)/」と持ち上げつつ、無理やり中岳方面へ歩き出すfootfoot

中岳山頂までは見た目ほどハードではなく、15分くらいで簡単に登れちゃう。
こんな雲1つない天気の日に、もう帰っちゃうなんてもったいない!!
Cimg1020

a.m7:35 中岳山頂に到着fuji 
             
             
や「あー疲れた・・・。 カステラでエネルギー補給だな。」Cimg1024

中岳山頂から見える阿弥陀岳は、垂直に登る壁のような登山道。
一体何分かかるんだろう・・・? 足場はしっかりしてるのかな・・・?
いろんな不安が頭をよぎるけど、案外たくさんの登山客がすいすい登ってるのも見えた。
                    なんか行けそうだー(◎´∀`)ノCimg1026


中岳から望む編笠山と権現岳方面。 そのうち行きたいなぁ。Cimg1029

中岳を超えると、中岳のコルに着く。
ここから文三郎尾根を通って行者小屋に行くことも可能。
阿弥陀岳を登る人はみんなここに荷物を置いて、空身で山頂を目指す。

私も小さいリュックに持ち替えて、カメラと貴重品と飲み物だけを持っていざ出発!

出発と共にやんたろう爆走! トレイルランかよ!? 
              あっという間に姿が消えてしまった…( ̄Д ̄;;

でも、山頂までの行程はいきなり梯子が現れ、その後も鎖を頼りに急峻な岩稜がつづき、高度感もあって、下をのぞくと目がクラクラしてくるsweat02

写真を撮ってる余裕もない! ちいたろうはゆっくりゆっくり・・・。とにかく手と足をしっかり確保して登っていく。



a.m8:30 阿弥陀岳 標高2,805m登頂ヽ(´▽`)/
Cimg1031

山頂からは360度の絶景が楽しめる。北、南、中央アルプスから八ヶ岳連峰もぐるりと見渡せたよーfuji
Cimg1034

今日歩いてきた道筋もくっきり見渡せた。こんなアップダウンを歩いてきた割には体は全然元気…。 やっぱり天気が味方してくれたのが大きいような気がするな。
Cimg1040


やっぱり無理矢理でもやんたろうを連れてきて正解だったな…。 ふふん、大満足だわheart04
Cimg1036


このあと、中岳のコルまで戻りリュックを背負って、文三郎尾根を下っていく。いきなり鉄梯子が雪崩で流されていて道が分からなくなったけど、注意しながらトラバース道を探せば問題ナシ。

ただ、ちいたろうは雪崩れた道の足跡を辿って進んでしまい、いやぁ、死にそうになった・・・。 
               
ち「あれは道じゃなかった、斜面だったーo(;△;)o」


その後は特に厳しい個所もなく、樹林帯の道を進んでいく。登りで選んだ地蔵尾根とはずいぶん違い岩場もほとんどない。 なんだかんだ緊張の連続だった今日の行程で疲れた頭と体には丁度いいレベルかもしれない。 


a.m10:00 行者小屋に到着。 お待ちかねの
行者小屋名物おでんの時間ですshine 

          吟味を重ねた末に選ばれし玉子・もち巾着・大判heart04 
            ってか、髪型がエライことになってますが・・・sweat02
Cimg1041

ちいたろうも大根とがんもをいただきまーす(◎´∀`)ノ
Cimg1042

またもや天国のような行者小屋で1時間も時間を潰し、a.m11:00再出発。
またもやアブだらけの精神的にツライ南沢ルートを駆け足で下山。

a.m12:35 美濃戸山荘到着
Cimg1045

p.m13:10 美濃戸口の八ヶ岳山荘に無事帰着!
 はぁ、疲れたぁぁ。。

Cimg1046


ずっと晴天に恵まれた2日間の行程。目の前に広がる八ヶ岳の雄大な山並みを常に見据えながら歩いていくのは最高としか言えない時間でした。これで、硫黄・横・赤・阿弥陀と南八ヶ岳をだいぶ歩けました。残るは編笠山~権現岳か・・・。また来年行こうか!?



<今回のきろく>
(1日目)
美濃戸口八ヶ岳山荘P(7:50)-美濃戸山荘(8:40)-(南沢)-行者小屋(10:45~11:40)-(地蔵尾根)-地蔵の頭(12:45)-赤岳展望荘(13:00)

(2日目)
赤岳展望荘(5:30)-赤岳頂上小屋(6:10)-赤岳山頂(6:15)-文三郎尾根分岐(7:00)-中岳山頂(7:35)-中岳のコル(8:00)-阿弥陀岳山頂(8:30)-中岳のコル(9:00)-行者小屋(10:00~11:00)-美濃戸山荘(12:35)-美濃戸口八ヶ岳山荘P(13:10)


<おまけ>
帰りにコンビニでガリガリ君を買ったら、人生2回目の当たりが出た!!(゚ロ゚屮)屮
Cimg1048



↓ぽちっとお願いします。次回の山行はいつになるのやら・・・↓
         にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



     

 

2013年7月23日 (火)

八ヶ岳の最高峰 赤岳から阿弥陀岳を縦走 その2

ヽ(´▽`)/その1からのつづき・・・

2013年7月21日(日) 夜明け前からスタートmist

朝食riceballがa.m4:40からだったので、a.m4:10には起床して夜明け前の外を散策shoe
一面に広がる雲海の先に富士山がひょっこり頭を出してる。 
今日は富士山からのご来光がきれいに望めそうsun


                 ち「おはよう。ふじさん。朝日はまだですか??」Cimg0972

朝食を食べ終え、まだ雲の中の朝日をまだかまだかと待ち侘びていると・・・
a.m5:10 ようやく日の出(?) もうだいぶ高くまで日が昇ってるような気がするけど・・・sweat02

Cimg0975

朝日に照らされる赤岳fuji 昨日とはまたずいぶん色合いが違って見える
さぁ、早く準備して山頂に行こうヽ(´▽`)/

Cimg0980



準備を整え、
a.m5:30 赤岳山頂に向けていざ出発!! 

           
や&ち「今日も元気に行きましょうfootfoot
Cimg0982


山頂まではもう目の前の急登をひたすら登っていくだけ。超シンプル登山だったりする。
下から見上げるとこんなに登るのかー!?と思うけど、実際歩いてみるとそんなにつらくはない。道もしっかり整備されていて歩きやすい。。

Cimg0983

時折、後ろを振り返ると昨日泊まった赤岳展望荘がどんどん小さくなっていき、その分山頂に近づいていると思うと、胸が自然とワクワクしてくるnote

Cimg0985 


道の途中で下を向くと、高山植物のハクサンシャクナゲがたくさん咲いてた。さすが花の山と言われる八ヶ岳tulip
Cimg0987

ミヤマキンポウゲもあちこちに咲いてたよ~。 黄色くて小っちゃくて可愛いお花ですheart04
Cimg0992


ラストの登りは結構キツイけど、朝食もたらふく食べたしパワー全開で登っていく!

Cimg0990


a.m6:10 赤岳頂上山荘に到着。 ここまで来れば山頂はすぐそこ!!

Cimg0993

朝早いのにも関わらず、すでに山頂は登山客でいっぱい。富士山効果があるのか、今年は八ヶ岳も登山客が多かったように思う。。 山頂でのんびりできるかなぁ・・・?

Cimg0994


a.m6:15 八ヶ岳最高峰 赤岳 標高2,899m 到着!!ヽ(´▽`)/

Cimg0995

さっきまでの混雑もなくなり、いつの間にか山頂には3~4人の登山客だけになった・・・。
山頂からの景色をゆっくり堪能でき超ラッキーscissors

Cimg1006


見える景色はこんな感じ。 まだ雲海の中に隠れているのは奥秩父方面の山並みかな?

Cimg1000

周りがみんな下に見下ろてしまう標高にいるんだねーshine

Cimg1001


今日も最高の天気と最高の絶景に恵まれて、十分すぎるほどの赤岳山頂を楽しみ、ここから次は中岳~阿弥陀岳へと向かいます。



その3へつづく・・・


↓ぽちっとお願いします。 その3がラストです。頑張ってブログを書く元気をもらえます↓
 
                 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


2013年7月22日 (月)

八ヶ岳の最高峰 赤岳から阿弥陀岳を縦走 その1

  3年前、美濃戸口から硫黄岳~横岳~赤岳を縦走したので、今回は別のルートを考えていたのだが、やはり赤岳からのあの展望と、赤岳展望荘のタラの芽の天ぷらがもう一度食べたくて、結局赤岳メインのコースを企画。ただし、今回は赤岳~阿弥陀岳をめぐる登山。
また違った八ヶ岳の一面が見れそうなワクワク感を胸に出発!

***********************************************************



2013年7月20日(土)
前日の夜に美濃戸口八ヶ岳山荘駐車場rvcarに入り仮眠。
オフシーズンだと、赤岳展望荘に宿泊する場合、登山口からもっとも奥にある美濃戸山荘まで車で入れ、なおかつ無料で駐車が可能なのだが、さすがにハイシーズンは美濃戸山荘に宿泊する人のみとのこと。
もう少し手前に赤岳山荘とやまびこ荘の駐車場が計150台くらいあるのだが、ここは1日1,000円とちょい割高・・・。

徒歩1時間の差があるものの、ウォーミングアップを兼ねて(言い訳・・・)一番手前の八ヶ岳山荘(1日500円)に駐車することに。

Cimg0850_2


朝、準備していると八ヶ岳山荘の前に警察官と地元の山岳組合のオジサンが登山カードの提出を求めてきた。
八ヶ岳には専用の登山カードがあるらしく、これを書いてもらうだけでも登山者の意識が変わり事故を未然に防ぐことができるとのこと。

Cimg0851_2

もちろん私たちもしっかり書いておじさんのチェックも受けて(笑)提出しました。

Cimg0852  
      おそろいのオスプレイリュック。 宿泊用は大きめのリュックで。

Cimg0853


a.m7:50 美濃戸口を出発。 まずは、美濃戸山荘まで砂利道(車道)を歩いていく。

a.m8:40 美濃戸山荘着。 ウォーミングアップにしてはちょっと長すぎだ。。やっぱりケチらずにこっちに停めときゃよかったと後悔・・・。

Cimg0854


さて、50分ロスしたけど、ここからが本番。登山道に入っていきます。
まずは行者小屋を目指して、選んだのは南沢コース!

 

                   ち「よっしゃー!行くぞー!!」
Cimg0857


樹林帯を歩いていくのだけど、このあたりは水が豊富なのか緑がとっても綺麗。
岩には苔がたくさん自生していて神秘的な光景が広がる。

北八ヶ岳もこんな感じなのかな~?? 女子に人気があるのがわかる気がするなぁ。

Cimg0860


でも、20分も歩いていくと道は次第に森の奥深くに入り込んでいき、傾斜も急になってくる。

Cimg0861

さっきまでの爽やかな空気はどこへやら・・・。 ごつごつした岩や倒木によって道も荒れてきて進むのが困難になってきた。

Cimg0863

そういえば、「南沢は遭難事故(道迷い)が多発してます。」って看板がありました。確かに、あちらこちらに踏み跡があり、常々先を確認しながら進まないとすぐに間違えてしまいそう。

目印は黄色いテープ。20~50mごとに木につけてあるので、しっかり確認しながら進もう!


  それにしても今日は青空が綺麗だなぁ。。早くもっと青空が見える場所に行きたいよ~!

Cimg0864


そんなに標高も稼ぐことなくひたすら沢沿いの道を進むこと1時間30分。ようやく開けた場所から目指すべき八ヶ岳の山々が目で確認できた。 今日はあのてっぺんまで行くのかー!?

                なんだかまだピンとこない距離感である・・・。
Cimg0869


a.m10:40 ヘリポートを発見!! こんな森の奥深くにも救助ヘリが来るんだねー。
でも、極力お世話にならないように安全第一で行きましょう!

Cimg0870

a.m10:45 ようやく行者小屋に到着。 
八ヶ岳登山の中で一番精神的にツライ行程をクリア
Cimg0871

                 こんにちは、カモシー♪(行者小屋の番人)Cimg0874


ついにはっきり姿を現した八ヶ岳連峰。
今日目指す赤岳展望荘もはっきり見えます。赤岳山頂もガスがかかっておらず晴天そのもの

Cimg0879

行者小屋は水が豊富で、なんと無料で飲み放題。

            や「うまい!ごくごく・・・ うますぎる( ̄ー+ ̄)」ごくごく・・・Cimg0872


予定通り、ここでランチタイム。 
        やんたろうは楽しみにしていた
行者小屋名物のおでんを物色 キョロ(・_・ )( ・_・)キョロCimg0876


吟味の結果、選ばれし1個150円のおでんたち。 疲れてたからなのか、自然の中で食べるからなのか…。
とにかくめちゃくちゃ美味しかった;:゙;`(゚∀゚)`;:゙  
              
今まで食べたおでんの中でダントツのNo.1!

特に大根はあっさりダシが中までしっかり染み込んでいてたまらん(* ̄ー ̄*)

             や「明日、またここでおでんを食べよう・・・。必ず・・・。」Cimg0878


まるで天国のような行者小屋にだいぶ長く滞在してしまったが、
a.m11:40 再び出発! 目指すは今日の宿泊地 赤岳展望荘。

次のルートは地蔵尾根dash

Cimg0881  

今までの道とは一変、傾斜も急になり標高もガツガツ稼いでいく。
でも、途中までは人工的に作られた石の階段もあり足元はしっかりしているのでゆっくり登れば問題ない。

Cimg0884

あー、、出た! 梯子だぁ。。 登り始めてわずか30分。だんだんと地蔵尾根の核心部に近づいていく・・・。

Cimg0886


次々と現れる梯子&階段。。そして急登&岩場thunder。 距離は短いけど内容の濃さは十分すぎます。
Cimg0887


そして、振り返るとこの絶景sun

Cimg0894_2
           

           ち「1時間前までいた行者小屋もあんなに小さくなったよ~!」Cimg0896  

急登はツライけど何も見えない沢沿いの道より精神的には断然ラクだし、楽しい。
リアルアスレチックみたいな岩場を3点確保で登っていく

Cimg0898

p.m12:35 おや、お地蔵さんの登場。 せっかくなので今日、明日の山旅の無事を祈願。
Cimg0903

さぁ、もうちょいで尾根につくぞー!最後の元気を振り絞って・・・

               や「おりゃー! ゴールはもうそこだぞー!!」Cimg0907

p.m12:45 地蔵の頭に到着!
Cimg0908

今日泊まる赤岳展望荘はすぐそこ。 はぁ、無事にたどり着けた~!

Cimg0909


p.m1:00 赤岳展望荘でチェックインをすませ、ホッと一息。

赤岳展望荘は大部屋9,000円。個室12,000円。
大部屋は寝袋が敷き詰められていて、とてもじゃないけどゆっくり休むことはできそうもない…

Cimg0911


3,000円プラスでも絶対個室を予約すべし! 布団で寝るのが一番よねー。

ここならではの嬉しいサービスも・・・。

①宿泊者は、コーヒーcafeとお茶が無料で飲めること。
  受付の際にカップを頂け、何杯でもお好きにどーぞ的な仕組み。
②五右衛門風呂spaがあり汗を流せる。
  標高2,800mでお風呂が入れるのはかなり有り難いこと。
③食事がバイキング形式でおかわり自由riceball。それも美味しいのよ、ここの食事!


この山荘が人気な理由はきっとこの3点だろうなーと思う。


                  さっそく、コーヒーをいただきまーす。Cimg0914


外に出て、改めて雄大な八ヶ岳の景色を眺める。 結構な場所に来ちゃったなぁと実感…。
Cimg0920


赤岳展望荘の後ろには赤岳がドンっとそびえたつ。 明日はこの急登を朝一で登ります

Cimg0929

反対方面には3年前に縦走してきた横岳、硫黄岳が見える。本当は時間があれば横岳を往復しようかなーと考えてはいたのだけど、行く先を見て断念。もう坂は登りたくない…。

Cimg0917


なんか、あんまり歩いてないような気もするけど、とにかく今日1日がんばった


                          ち「八ヶ岳にかんぱーい!!」Cimg0925

p.m5:00から待ちわびていた夕食のスタートdelicious 美味しそうなおかずがズラリnote
Cimg0931


豚汁もおかわり自由。ご飯は炊き込みごはん。 山の贅沢ごはんです。
ちなみにやんたろうは
おかずを丸々2杯と豚汁を4杯食べました・・・( ̄Д ̄;; 

タラの芽の天ぷらはきっと10個は食べた気がする・・・
Cimg0932



満腹の夕食を終え、談話室でのんびりストレッチしながら体を休めているとだいぶ空も暗くなってきた。

Cimg0935

p.m6:40 そろそろ夕暮れを迎えそうな頃、雲の切れ間から赤く光芒が諏訪湖周辺に射している。 雲を境に上は青、下は赤・・・。
宿泊客はこの光景を写真に焼き付けようと、カメラのシャッター音があちらこちらから聞こえてきた。
Cimg0947



                     さよなら、今日の日よ~

Cimg0949

夕日が雲に影に隠れると空が一気に赤みを増す・・・ どんどん変化する空から目が離せないよー

Cimg0958

でも日が暮れると一気に気温も下がり、もう外にいるのも限界。。
                     あったかい部屋でゆっくり休もう。
Cimg0966


また、明日・・・。 この日は8時に眠りにつきました。




その2へつづく・・・ 

        ↓ぽちっとお願いします。2日目も頑張って書きます↓
              にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村



その他のカテゴリー

2014年 GW旅行 | とっとこクッキング(山ごはん) | キャンプ・アウトドア・旅行 | ジャックラッセルテリアのくぅ | フリードスパイク | マタニティライフ | 日記・コラム・つぶやき | (上信越)妙義山 | (上信越)尾瀬 | (上信越)日光白根山 | (上信越)根子岳~四阿山 | (上信越)水沢山 | (上信越)浅間山(外輪山~前掛山) | (上信越)草津白根山 | (上信越)谷川岳 | (上信越)赤城山 | (上信越)鼻曲山 | (中央アルプス)木曽駒ヶ岳・宝剣岳 | (丹沢)塔ノ岳 | (八ヶ岳)三ツ頭 | (八ヶ岳)編笠山 | (八ヶ岳)赤岳~横岳~硫黄岳 | (八ヶ岳)赤岳~阿弥陀岳 | (北アルプス)唐松岳~五竜岳 | (北アルプス)奥穂高岳 | (北アルプス)常念岳 | (北アルプス)槍ヶ岳 | (北アルプス)焼岳 | (北アルプス)白馬岳 | (北アルプス)美ヶ原高原 | (北アルプス)西穂高岳 | (北関東)筑波山 | (北関東)那須岳 | (南アルプス)入笠山 | (南アルプス)北岳 | (南アルプス)山梨 日向山 | (奥多摩)御岳山 | (奥多摩)高水三山 | (奥武蔵)丸山 | (奥武蔵)伊豆ヶ岳 | (奥武蔵)埼玉 日向山 | (奥武蔵)大持山・小持山 | (奥武蔵)大高取山 | (奥武蔵)天覧山・多峯主山 | (奥武蔵)日和田山 | (奥武蔵)棒ノ嶺 | (奥武蔵)武甲山 | (奥武蔵)秩父御嶽山 | (奥秩父・西上州)大菩薩峠 | (奥秩父・西上州)瑞牆山 | (奥秩父・西上州)笠取山 | (奥秩父・西上州)茅ヶ岳 | (奥秩父・西上州)金峰山 | (奥秩父・西上州)飯盛山 | (富士五湖周辺)三ツ峠山 | (富士五湖周辺)毛無山 | (富士五胡周辺)竜ヶ岳 | (東北)吾妻山 | (東北)安達太良山 | (東北)月山 | (東北)磐梯山 | (東北)蔵王 | (東海・伊豆)天城山