フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

カテゴリー「(北関東)那須岳」の記事

2017年10月10日 (火)

紅葉ばっちり見頃の那須岳登山

久しぶり過ぎて何を書けば良いのやら。。

ぺーたろーは10ヶ月になり、はいはいとつたい歩きで家中荒らしたい放題。
すくすくとイタズラ坊主に育っています。




登山らしい登山は久しぶりなので、書きたいことがまとまらず乱文になってますが、まぁいっか!

さて、いってみよー!

2017年10月8日(日)
3連休の中日、紅葉を見たい!と出かけられる場所を探してみたところ、那須岳は見頃を迎えているとのこと。


遠いかな?人混み大丈夫かな?と色々考えるものの、やっぱりたまには出かけたい!と思い切って前日の夜に出発!
21時頃に峠の茶屋駐車場に到着すると、すでに7割くらい車で埋まっているcoldsweats02
やはり前日に来ておいて正解だった。
日付けが変わる頃には駐車場はもう満杯!すでに路駐と下のロープウェイ乗り場の駐車場渋滞でえらいことになってました。

車中泊はちーたろー(母)とぺーたろー(息子)
テント泊はやんたろう(父)とくーたろー(犬)

ぺーたろーは初めての車中泊。
もっとぐずるかなと心配してたけど、意外にも行く途中からグッスリ寝てくれて私も快適に車中泊できたok
テント組は夜のびゅーびゅー吹き荒れる風にだいぶびびっていた様子sweat01
対照的な夜を過ごして朝5時に起床となりました。

朝6時半、朝食をすませ出発。
目標は朝日岳と茶臼岳!
さぁ、頑張って登っていこう。




ぺーたろーはコロンビアのフリース生地のカバーオールで手足も隠して防寒対策ばっちりsign03


ぺーたろー「10ヶ月になりました。イタズラ坊主です。」


歩き始めて数分。もうまわりの景色は紅葉が目一杯!


ずっと家にいるから気がつかなかったけど、季節はすっかり秋なのねsweat01

まだ朝もやがかかる朝日岳方面も山肌は真っ赤っ赤sign03
すごい幻想的。。



少し開けた場所に出ると茶臼岳もくっきり。
くぅも久しぶりの山らしい山に興奮気味!



ぺーたろーは登り始めて15分程でまた夢の中へ。
後ろから見ると、なんだか大きいぬいぐるみを背負って登ってる人みたいsweat01
こう見えて体重はすでに9kg超え! 左に傾いて寝ているため、右肩への負担がめっちゃあり、想像以上に重さを感じます。頑張れ!父ちゃん!




峠の茶屋までもう少し。



振り返ると青空shine絶好の登山日和だね。



峠の茶屋に到着し、ぺーたろーを起こして少しあそばせる。

手を引いてならとことこ歩けるのでお散歩しましょ。
ここどこだ?状態でキョロキョロしてました。



くぅは相変わらず登山大好き犬です。


くぅ「8歳になりました。もうシニア犬です。無理は禁物です。あいつが乗ってるリュックにくぅも乗せてください。」

ここを分岐に朝日岳へ向かう予定でしたが、どうやらこの先鎖場やザレ場もあるらしい。
紅葉楽しむなら反対に行って姥が平という場所がいいよと通りすがりのご婦人に教えてもらい、あっさり予定変更。
姥が平を目指すことにしました。


お天気はヨシ。道もなだらか。紅葉は綺麗scissors
もう言うことないっす。


こんな景色を見るのは1年半以上ぶりのわたくし。
テンション上がりまくって、
「あー、すんばらしい!あー、すんばらしい!
山っていいね。山だね。山だ。。」
などと、ずっと呟いていたらしいですcoldsweats01

あっ、目的地の姥が平が見えてきた。
たしかに下の方は紅葉が一面に色づいてる!



牛ヶ首と姥が平の分岐を曲がり下におりていくと、急にぺーたろーがぐずりだすthunder



仕方ないので途中で休憩!
でも、休憩したこの場所がまた絶景だったsun

なんだかもうずーっと楽しいぞー!
バンザーイpaper



またお散歩お散歩。早く1人で歩けるようになるといいね。


さて、ご機嫌直ったぺーたろーを背負って再び出発。


そして、目的地の姥が平に到着!


少し歩くとひょうたん池という小さい池があって、逆さ紅葉と逆さ茶臼岳が!
すっごい狭いので写真だけ撮ったらすぐに場所を譲らないといけない。ゆっくり見ることが出来なかったのが残念。




姥が平は広場のように開けているので、今日はここで早めのランチタイムapple
ホットドッグでかんぱーいnote




お昼を食べ終わり時間は11時。

牛ヶ首まで戻り、さて茶臼岳に登ろうかと思っていたのだけど、だんだんと山頂付近に雲がかかりはじめた。
時間はここから1時間20分ほど。。

帰りの渋滞も避けたいし、今回は山頂は諦めようsweat01

ぐるっと茶臼岳の周りを歩き、ロープウェイ乗り場を目指す。
山頂はまた今度ね。さよなら、茶臼岳。




ロープウェイは犬もOKだけど、バッグに入れるのがルール。くぅはリュックに背負ってしまえ!
念願叶ったくぅ。
なんだかすごーく嬉しそうsweat01



ロープウェイに乗ったら日よけでしっかり頭も隠しましたよ。

ロープウェイ乗り場から駐車場まで15分ほど歩いて、12時半に無事登山終了。

帰りに天然温泉さくらの湯に寄り、汗を流してから帰宅。渋滞にはまらず帰れたので山頂は諦めて正解だったかな。

子連れ犬連れ登山で、今までのように時間通り進まなくなったけど、のーんびり歩くのもまた楽しいね。
関東の紅葉はまだまだこれから。
今年はあと何山行けるかな??











2013年10月24日 (木)

紅葉と強風の嵐 那須岳の巻

2013年10月13日(日) 
那須岳は紅葉真っ盛りでしたよ。 
Cimg1555

ここはロープウェイもあって、誰でも手軽に山頂まで散策ができるお気楽な山。
なので、混雑もすごかったです。 前日の夜中2時頃には駐車場はすでに満車状態。朝5時にはすでに渋滞が始まってました。

やはり山は前日に到着して車内で仮眠をとるのがいいのです。えっへん。


ロープウェイの始発が8:30。 その時間までに山頂の散策を終えてしまおうと思って、朝6時にロープウェイを使用せず、峠の茶屋駐車場から出発したのです。
Cimg1550


歩き始めて20分ほどでもうこの景色です。 すごいですねー、お手軽ですねー。Cimg1553

こんなゴツゴツした本格的な山肌と紅葉がこれだけ手軽に見られるんだから、人気出るわけだわCimg1559


でもね、とにかく風が強くて強くて・・・。

前日の天気予報では、「風速23m/s」って表示されてたんだけどね。ホント台風かよー!?ってくらいすごい風で前に進めないのです。強風のたびに人が転んで危ないッたらありゃしない
Cimg1564

6時に登山口を出発したのに、7時前には下山する登山客の渋滞が始まっていて、みんな避難小屋まですらたどりつけないひどい状況でしたよ。



         くぅ「とばされるぅぅぅ! 下山だ!下山!! 勇気ある撤退じゃー!!」Cimg1566


私たちも結局避難小屋まですらたどり着けないまま、勇気ある撤退しましたよ。
こんなに晴れてるのになー。 なめたらあかんな、風速予報も・・・。すぐそこに茶臼岳の山頂も見えているのに残念です。。。
Cimg1560


くそー、またいつか絶対来るからなー。次来たときはもう少しお手柔らかにお願いしますよばかやろー
                     ち「帽子が飛ばされたー!! ギャー!!」Cimg1563


せっかく3時間以上もかけて高速飛ばして来たのに、このまま帰るんじゃあまりにも悔しいので、那須湯本にある人気の温泉「鹿の湯」に入りましたよ。
すごく情緒あふれる造りで、共同温泉って言葉がピッタリなところでした。もちろん源泉かけ流しですよ。硫黄の匂いがいいじゃないですかー。


              くぅ「私は入れないじゃないか!?」 えぇ、車で待機しててくださいませ。Cimg1569 まぁ混んでましたけどね。おんなじように考えて登山を諦めて温泉に来た人がまんさかいました。



ほんで、宇都宮で餃子も食べましたよ。3連休の中日だったので結構な行列できてたけど、やっぱり美味しかったですよ。


くぅ「宇都宮駅の駅前に宇都宮餃子館って広場があったよ。にせものっぽいドラえもんはっけーん」Cimg1576            なんでそんなに笑顔なのぉ・・・? ドラえもんがそんなに好きですか?

午後3時頃に宇都宮を出発して、帰りは大渋滞にはまりましたよ。家に着いたら8時過ぎてましたから・・・。

うーむ、なんだかうやむやな1日になってしまったが仕方ない。相手は自然だし。
ムリせず楽しんでいこうじゃないか。


           ↓ぽちっとお願いします。ブログを続ける元気がもらえますから↓
                     にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

2014年 GW旅行 | とっとこクッキング(山ごはん) | ぺーたろー日記(育児日記) | キャンプ・アウトドア・旅行 | ジャックラッセルテリアのくぅ | フリードスパイク | マタニティライフ | 日記・コラム・つぶやき | (上信越)妙義山 | (上信越)尾瀬 | (上信越)日光白根山 | (上信越)根子岳~四阿山 | (上信越)水沢山 | (上信越)浅間山(外輪山~前掛山) | (上信越)草津白根山 | (上信越)谷川岳 | (上信越)赤城山 | (上信越)鼻曲山 | (中央アルプス)木曽駒ヶ岳・宝剣岳 | (丹沢)塔ノ岳 | (八ヶ岳)三ツ頭 | (八ヶ岳)編笠山 | (八ヶ岳)赤岳~横岳~硫黄岳 | (八ヶ岳)赤岳~阿弥陀岳 | (北アルプス)唐松岳~五竜岳 | (北アルプス)奥穂高岳 | (北アルプス)常念岳 | (北アルプス)槍ヶ岳 | (北アルプス)焼岳 | (北アルプス)白馬岳 | (北アルプス)美ヶ原高原 | (北アルプス)西穂高岳 | (北関東)筑波山 | (北関東)那須岳 | (南アルプス)入笠山 | (南アルプス)北岳 | (南アルプス)山梨 日向山 | (奥多摩)御岳山 | (奥多摩)高水三山 | (奥武蔵)丸山 | (奥武蔵)伊豆ヶ岳 | (奥武蔵)埼玉 日向山 | (奥武蔵)大持山・小持山 | (奥武蔵)大高取山 | (奥武蔵)天覧山・多峯主山 | (奥武蔵)日和田山 | (奥武蔵)棒ノ嶺 | (奥武蔵)武甲山 | (奥武蔵)秩父御嶽山 | (奥秩父・西上州)大菩薩峠 | (奥秩父・西上州)瑞牆山 | (奥秩父・西上州)笠取山 | (奥秩父・西上州)茅ヶ岳 | (奥秩父・西上州)金峰山 | (奥秩父・西上州)飯盛山 | (富士五湖周辺)三ツ峠山 | (富士五湖周辺)毛無山 | (富士五胡周辺)竜ヶ岳 | (東北)吾妻山 | (東北)安達太良山 | (東北)月山 | (東北)磐梯山 | (東北)蔵王 | (東海・伊豆)天城山