フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

カテゴリー「(北アルプス)西穂高岳」の記事

2012年10月24日 (水)

ここはええとこ 夏真っ盛りの上高地の巻

急に寒くなってきた今日この頃…typhoon
朝のくぅの散歩が段々と辛くなってきますdogsign04 

きっと、今の季節って1年でもっとも過ごしやすいんだろうなって思うのだけれども、
徐々に枯れていく草木や冷たくなっていく空気を肌に感じると
やっぱり寂しい気持ちがこみ上げてきますdown


あぁ、早く春にならないかなぁ…cherryblossom (はえぇ~bearing

ども、トットコ登山部隊員その3ちいたろうです。

*******************************************************

さかのぼること9月10日 北アルプス西穂高岳(ピラミッドピーク)を制覇(?)
した翌日、上高地を散歩しました。


暑い暑い残暑が残る埼玉と違って、爽やかな風が吹き抜ける上高地club


本当に何度来てもええとこやわ~。。。


①上高地でもっとも賑わう河童橋からnote
Cimg3157


②あれは何岳だろう…?
Cimg3159

③昨日登った西穂高岳もくっきり見えます。
Cimg3165

④いい天気だぁ~sun
Cimg3169

⑤河童橋から明神池まで歩きました。途中の梓川の清流が気持ちいい!

Cimg3178
⑥明神橋到着!バックに映るのは雄大な明神岳
Cimg3180

2012年10月23日 (火)

高所恐怖症って厄介なのさ 西穂高岳の巻 その2

前回のその①からずいぶんと日が経ってしまった・・・sweat02


ブログって書きはじめると止まらないんだけど、書かなくなると一気に面倒になる不思議なものですね。。



さて、さっさとその2を仕上げちゃおう! 本当はちょっと憂鬱な事件勃発したから書くのためらってたんだけどね。。。

*****************************************************************

西穂高岳の独標まで順調に来たのは良かったのだが、だんだんと怪しくなる空模様cloud

あーんどdash



さっきまでの和やかな雰囲気から一転!超急斜面の危険地帯突入にテンパりを見せ始めた高所恐怖症のやんたろうヾ(.;.;゚Д゚)ノCimg3147_2

まぁ、たしかに両サイド切れ落ちてるわな。 
足滑らせたら数十メートル下まで落ちちゃうだろうなって雰囲気も醸し出しています。Cimg3148

でも、割と他の皆さんすいすいと進んでいくのに。。。


そんな中、

や「あっ… うっ… うわっ… あぁぁ…(゚д゚;)」
Cimg3149

あー… 足がおぼつかんね~、おろおろしちゃってんね~

や「いやいやいや…sweat01  あり得ないって~…。゜゜(´□`。)°゜。」Cimg3151

こりゃぁ、山頂までの残り10ピークを行くのは無理かぁぁぁぁぁぁぁdown


はぁsweat02  非常に残念だけど、本当に悔しいけどぉぉぉぉ(。>0<。)
登山には引き返す勇気も必要なんです(#`Д´)

結局、隊長であるやんたろうの判断にて、ピラミッドピークにて引き返すことに_| ̄|○


A.M11:59 ピラミッドピークを山頂とする!!
               や「はぁ、終わった・・・。良かった良かった。。」
          ち「カメラ向けられてるから笑顔見せてるけど、全然納得できなーい!!」Cimg3153
独標からピラミッドピークまでかかった時間、なんと1時間10分!!

ロープウェイ降り場から独標までが2時間だったのを考えると、ものすごいペースが落ちてしまったと分かりますclock

ここで諦めなければ帰りのロープウェイには間に合わなくなるので、引き返すのは仕方ない。

しかし、やはり諦めきれないちぃたろうはブツブツ文句を言い始める(`◇´*)

「大体さぁ、曇ってて下なんて見えないじゃん。切れ落ちてるけどわっかんないじゃんよ(`Д´)」
「せっかくここまで来てんのにさぁ。。もう次はいつ来れるか分かんないのにさぁщ(゚Д゚щ)」

ぶつぶつぶつぶつ・・・・impact まったく、超自己中である・・・。(だってB型だもーんsweat01



と、いきなり超猛烈なスピードで下山を開始するやんたろう・・・downwardright

どうやら、ついにプッチンannoyしちゃったらしいΣ( ̄ロ ̄ll) やべーsweat01

すると、さっきあんなに怖がって進めなかった岩場をスイスイとあっという間に通過していくではないか!?

おいおい・・・sweat01 キレると高所恐怖症って発動しなくなるのかよ??

みるみる内にちぃたろうを置き去りにし、誰もが注意深く進んでいく岩場をガッツガツ超えていくやんたろう・・・run もはや西穂高岳トレイルランである。なんて危険なレースだ!!(゚ロ゚屮)屮
 
そして、行きに1時間半かかった独標までをわずか30分で戻る神業を成し遂げたのであるdash

おそるべし、やんたろう。。 本気を見せたこやつの底力は計り知れないのである・・・。


でも、次は絶対山頂まで行きたいなぁ~。。。♪(o ̄∇ ̄)/(←まだ懲りていないおバカちいたろう・・・。えへっ、だってB型だもーん。。)


              
↓ぽちっとお願いします。またブログを書く元気がもらえます↓
                      
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
                              にほんブログ村

2012年9月17日 (月)

高所恐怖癖って厄介なのさ 西穂高岳の巻 その1

高所恐怖症って…?

Wikipwdiaによると・・・book

高所恐怖症(こうしょきょうふしょう)は、英語でアクロフォビア(acrophobia)と言い、恐怖症のひとつである。最も有名な恐怖症の一つである。高い所(人によって程度の差がある)に登ると、それが安全な場所であっても、下に落ちてしまうのではないかという不安がつきまとう病的な心理。

高所恐怖症は精神科医の手助けが必要な不安障害である。厳密に言えば「単に高い場所が苦手なこと」とは異なる(こちらは正確には「高所恐怖癖」という。高い場所で本能的に危険を感じ、怖がるのは正常な反応である)。真性患者は全高1メートル弱の脚立の上でも身体が竦み、動けなくなってしまう。また高い所にいることを想像しただけで気が滅入る者もいれば、高所で作業している人間を見ただけで気分が悪くなる者もいるという。


それならば、やんたろう隊長は高所恐怖癖なんだろうと推測される訳で。。。。down

それにしても、高いところもジェットコースターもアスレチックも小さい頃から大好きだった私としては、「・・・・・・・・????(・_・)」だらけの山旅でした。

でも、高いとこキラーイ!と頭より体が反応してしまうやんたろうには、今回の旅は試練そのものでした。




*******************************************************************




2012年9月9日 西穂高岳に日帰り登山しようと前日から出発。

新穂高ロープウェイ乗り場の手前にある深山荘駐車場で前泊です。ここは、登山客は無料で駐車できます。 夜10:00頃到着した時にはがらがらでした。100台くらいは停められるのかな? 広い駐車場なのでおすすめです。

朝、夜明けとともに広がる青空sun 気持ちの良い1日のはじまりnote

Cimg3113

他の登山客と雑談中、どうやら新穂高第2ロープウェイの方が早く上にいけるとの情報を仕入れ、朝7:00 新穂高ロープウェイ 鍋平高原駐車場へ移動rvcardash

1日300円で駐車可能。 それにしてもがらがら。。。sweat01 日曜日だからかな?

それとも先週までの雨の予報が足を鈍らせたのかな?Cimg3115

駐車場から徒歩5分でロープウェイ乗り場に到着。
9月は8:30が始発なので、それまでしばらく時間つぶし…。

Cimg3117



ロープウェイ乗り場から見える景色もなかなかGood!!fuji
                 ヒョコって見える岩の塊が西穂高岳かな・・・?
Cimg3118
ほら!ヒョコって・・・( ̄○ ̄;)! ・・・・sweat02ヒョコッではないか・・・。 どすーんとしているが正しいかも・・・sweat01Cimg3119

でも、テンションも上がり気味の隊員upupup   あれは笠ヶ岳ですよぉ。Cimg3124

8:30 しらかば平駅を出発。約7分で西穂高口に到着。どんどん近づくアルプス山脈にあちこちから歓声があがる!Cimg3127
焼岳・・・? なんだかでーっかい岩の塊だぞ!?Cimg3131
 
展望台で少しのんびりしてから出発!Cimg3132


まず目指すべき西穂山荘までは樹林の中を進んでいきます。
         
ずいぶん遠いなぁ・・・ 今日中に帰って来られるかな・・・?Cimg3134

体慣らしには丁度いい緩やかな登りから、息が上がる登りまで・・・。でも、思っていたより全然ラクかも・・・。

A.M9:45 予定よりずいぶん早く、約45分で西穂山荘に到着!Cimg3135

10分ほど休憩し、次のポイント丸山へ向けて出発。
すぐ、樹林帯を抜けて稜線に出ます! 

左に笠ヶ岳、後方に焼岳を望みながら歩きます。 槍ヶ岳までは雲がかかって見えないなぁ。。

Cimg3138


笠ヶ岳の雄姿!!Cimg3141

A.M10:06 丸山に到着。 だんだんと雲が上がってきました。急いで行かないと!!Cimg3139_2

このあたりから稜線をずっと辿っていくことになるのだけど・・・wobbly 

この緩やかな登りがおそらく最後であろう・・・。 
その奥に見えるゴツゴツした岩はなんじゃらほい( ̄Д ̄;; まったく、大丈夫かいな?と心配になってきたbearing
そして、山頂はまだ見えません。奥の奥です。。。dash

Cimg3143

               とにかく1歩1歩進めば先が見えてくるさ~runCimg3144 まぁ、その通りなんだけどね。 

でも、やはり予想通り、さっきの登りを超えるとレベルがガンッとあがる岩場の登場。まだまだ序盤戦でっせ!
Cimg3145

A.M10:10 西穂高岳独標に到着!!
予定より1時間近く早く着けました。 これなら山頂も行けそうだと私はウキウキnotes
Cimg3146 



西穂高岳・・・fuji 
山頂まで12個のピークを越えて山頂へ向かう、実は結構キビシイお山さんです。
体力がない人や、登山の初心者はこの独標までで引き返すことをお勧めされています。

この日も徐々に曇っていく天候や、ロープウェイの最終時間が16:30であることから半分くらいの方がここで引き返していました。






だって、独標から先は・・・coldsweats02  こんながれ場の連続なんだものthunder

Cimg3147

ちいたろう隊員「うっひょー!! すげー! リアルアスレチックじゃん!!
          超テンションあがるわ~(≧m≦)」

やんたろう隊長「・・・・・・・・・・・( ̄○ ̄;)!。   帰ろうか・・・・(゚ー゚;?」

ち「・・・・は!?Σ(・ω・ノ)ノ!」
や「いや・・・ 俺、ここ無理かも・・・( ̄ω ̄;)  高所恐怖症だし・・・sweat02

ち「・・・・・・・?????? は? はぁ~!?━━Σ(゚д゚;)━━!!」

突然、先ほどまでの元気満々の表情から一変するやんたろうヾ(;□;)э
そして、テンションMAXにより自分のことしか考えられなくなった自己中ちぃたろう(○`ε´○)

さぁ、果たしてトットコ登山部は山頂にたどり着けるのであろうか!?


その2へ続く・・・。


           ↓ぽちっとお願いします。またブログを書く元気がもらえます↓
                   本日、くぅたろうは実家にてお留守番中・・・
                    ブログランキング・にほんブログ村へ
                           にほんブログ村






その他のカテゴリー

2014年 GW旅行 | とっとこクッキング(山ごはん) | ぺーたろー日記(育児日記) | キャンプ・アウトドア・旅行 | ジャックラッセルテリアのくぅ | フリードスパイク | マタニティライフ | 日記・コラム・つぶやき | (上信越)妙義山 | (上信越)尾瀬 | (上信越)日光白根山 | (上信越)根子岳~四阿山 | (上信越)水沢山 | (上信越)浅間山(外輪山~前掛山) | (上信越)草津白根山 | (上信越)谷川岳 | (上信越)赤城山 | (上信越)鼻曲山 | (中央アルプス)木曽駒ヶ岳・宝剣岳 | (丹沢)塔ノ岳 | (八ヶ岳)三ツ頭 | (八ヶ岳)編笠山 | (八ヶ岳)赤岳~横岳~硫黄岳 | (八ヶ岳)赤岳~阿弥陀岳 | (北アルプス)唐松岳~五竜岳 | (北アルプス)奥穂高岳 | (北アルプス)常念岳 | (北アルプス)槍ヶ岳 | (北アルプス)焼岳 | (北アルプス)白馬岳 | (北アルプス)美ヶ原高原 | (北アルプス)西穂高岳 | (北関東)筑波山 | (北関東)那須岳 | (南アルプス)入笠山 | (南アルプス)北岳 | (南アルプス)山梨 日向山 | (奥多摩)御岳山 | (奥多摩)高水三山 | (奥武蔵)丸山 | (奥武蔵)伊豆ヶ岳 | (奥武蔵)埼玉 日向山 | (奥武蔵)大持山・小持山 | (奥武蔵)大高取山 | (奥武蔵)天覧山・多峯主山 | (奥武蔵)日和田山 | (奥武蔵)棒ノ嶺 | (奥武蔵)武甲山 | (奥武蔵)秩父御嶽山 | (奥秩父・西上州)大菩薩峠 | (奥秩父・西上州)瑞牆山 | (奥秩父・西上州)笠取山 | (奥秩父・西上州)茅ヶ岳 | (奥秩父・西上州)金峰山 | (奥秩父・西上州)飯盛山 | (富士五湖周辺)三ツ峠山 | (富士五湖周辺)毛無山 | (富士五胡周辺)竜ヶ岳 | (東北)吾妻山 | (東北)安達太良山 | (東北)月山 | (東北)磐梯山 | (東北)蔵王 | (東海・伊豆)天城山