フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

カテゴリー「(上信越)谷川岳」の記事

2013年7月 2日 (火)

霧の世界に包まれた谷川岳の巻

2013年6月29日(土) まだ山開き前の谷川岳へ…。

去年は7月の後半、人手がピークの時期に行ってしまいまったくのんびりできなかったので、今年は少しでも人手が少ない時期を狙ってゆったり登山を楽しもうと思ったのだが、季節は梅雨真っ只中rain

この日も前々日までガンガン雨予報rainが出ていたくらいだったので、朝の時点で雨が降っていないことだけでもラッキーと思わにゃイカンのです。


でも、今日の天気は霧・・・typhoon 展望はまったく望めないかもしれないなーと覚悟を決めてロープウェイで天神平へあがりました。
Cimg0618


ロープウェイで10分。 a.m7:20 天神平に到着。 
予想通り一面もやぁぁぁっとした世界(´・ω・`)
Cimg0620

ホントなら背中越しにこれから向かう谷川岳のトマ&オキの耳が見えるはずなんだけどなぁdespairCimg0621


気分はあまり盛り上がらないものの、午後の天候回復を願いながらとにかく出発。天神尾根へ向かいます。ちなみに今日は峠リフトは運休paper
Cimg0622


しばらくは整備された木道を進む。傾斜もほとんどなく歩きはじめの肩慣らしには丁度良いコースが続く。雨露に濡れた樹木の鮮やかな緑色が真っ白な視界のなかでひときわ輝いて見えますclover
Cimg0625

途中、木々の隙間から谷川岳の山肌が見えるのだが、その数十秒後にはまた雲の中に隠れてしまう。。 自分が山頂に立った時は雲の中かな?運よく雲の切れ間になるかな?そんな淡い期待と不安を抱きつつ、のんびり歩いていくfootfoot
Cimg0624


微妙に雲海もできてたり…。少しでも空の青が見えてればすごく感動的な雲海になるのだけれど…dash
Cimg0626

本日1箇所目のくさり場登場。でも、特にくさりを使う必要もなし。
Cimg0628


a.m7:56 熊穴沢避難小屋に到着。ここまでは割とラクに歩いてこられますnote
おそらく100mも標高稼いでないんじゃないかな?
つまり、こっから先が谷川岳の本番です。
Cimg0630


徐々に傾斜がきつくなり、くさりのかかった岩場も増えてきたannoy
霧の影響で岩が滑りやすく、一歩一歩慎重にのぼっていきます。 
たくさんの登山客が行き来しているだけあって、あちこちに足の置き場があるので、くさりはまったく使う必要ありませんscissors
Cimg0631


だいぶ標高を稼いだけど、相変わらず見える風景は微妙な雲海ばかり…┐(´д`)┌ヤレヤレ
青空が顔を出してくれる気配はいまだなし…。 うーん、お昼頃には晴れマークも出てたのにな~。
Cimg0632


a.m8:15 天狗のトマリ場のひとつ手前の岩場で小休憩。 
Cimg0633


a.m8:25 今度は本物の天狗のトマリ場。 
大きな岩場で座って休憩できるポイントです。晴れていれば万太郎山までの尾根道が遥か彼方まで伸びていて爽快な展望ポイントなんだけど。。
悲しいかな、見えるのは数m先の登山道のみ…。 
Cimg0639

しかし、まだ雨には降られていないcloud それだけでもかなりラッキーと思う!


ここから道は周囲の木々がなくなり、ササの斜面に変わってくる。急勾配も相変わらずで、ストックを持ってこなかったことを少し後悔。ゆっくりゆっくり呼吸を落ち着けながら登っていく。
Cimg0640


登山道横にはまだ残雪もかなり残っていて、冷たい雪解け水が気持ち良かったshine
急傾斜が続いて汗だくの顔がキリッと冷やされますsnow
この木の階段を登りきれば、ようやく肩の広場にでるのかな?? 
もう一息!がんばれ、自分!!
Cimg0642


a.m9:20 肩の広場 肩の小屋に到着。ここまで来ればもう山頂までは余裕。
ホッと一息つける休憩ポイントです。

Cimg0649


別々に登っていた「アッキーちゃん」と「モちゃん」も合流。少し早目のお昼(?)ごはんタイム。
Cimg0651


初の山ごはんに挑戦のちぃたろう。何をつくったかは、後日…。

それにしても、この日はとにかく虫shockが多かった…!ブヨが顔面めがけて次々と襲撃してくるので落ち着いて休んでもいられない。 サングラスとタオルで虫除け対策を講じたのだけれど、帰り際に確認したら皆、数か所刺されていました。 私は顔を5か所も…!! 虫除け対策もしっかり考えなくちゃいけないなーと反省しました。
Cimg0656


a.m10:15 お昼を食べ終え、山頂目指して再出発! 先頭は今回が山デビューのモちゃん。

肩の小屋からは5分ほどササ原を進んでいけば、すぐに一つ目の山頂「トマノ耳」に到着です。
Cimg0667


a.m10:20 トマノ耳に無事登頂! 山頂からの展望は・・・ ゼロでした!!
Cimg0668


一旦下って、また登り返すと・・・

a.m10:35 こっちの方が少しだけ標高高いの。 オキノ耳に登頂!! 
やはり展望は・・・ゼロ!!
本来なら、展望が抜群で越後三山、苗場山、朝日岳、遠く赤城山まで見えるそうなfuji
まぁ、梅雨には勝てませんね。。 絶景は次回のお楽しみにとっておくことにします。
Cimg0670


少し下って、また登り返す。双耳峰ならでは縦走路。この天候にも関わらず、続々と登山客がやってきてすれ違うのも大変!
Cimg0675


a.m11:00 肩の小屋に戻ってくる。 帰りは往路を戻るだけの単純コース。
Cimg0679

つまんないなーと思いながら黙々と歩いていた私たちに最後のプレゼントは突然やってきました!!ヽ(´▽`)/

a.m11:40 天狗のトマリ場で休憩中、突如雲がパーッと流れ青空sunが出現!!
Cimg0682


今まで歩いてきた道がくっきり見え、テンションMAX!
Cimg0686

うっわー、今山頂にいたら最高だったねー! じゃぁ、戻るかー! いやいや…と冗談交じりにつかの間の晴天を楽しむ。
Cimg0687

山頂があんなにきれいに見えるよ(*゚▽゚)ノ 
本当は今まさに新緑のグリーンが輝く最高の季節なのですshineshineshine
Cimg0690


この青空はほんの5分程度で終わってしまったけど、半日頑張った私たちへの最高のご褒美となりました。

Cimg0691


このあと、ひたすら往路を戻り、p.m1:00 天神平に帰着。
ロープウェイに乗り、雲に隠れた谷川岳を惜しみつつ下界へと下りていきました。

天候には恵まれなかったけど、結局一度も雨に降られることもなく無事下山できました。
梅雨の登山はこんな日が多いのだろうけど、それはそれで仕方ない。暑い下界から離れて涼しい風に吹かれながらほんの一瞬の景色の変化を楽しむのも面白い。そんなことを思ったちぃたろうなのでした。




<今回のきろくpencil
ロープウェイ乗り場(7:10)-天神平(7:20)-熊穴沢避難小屋(7:56)-天狗のトマリ場(8:25)-肩の広場(9:20~10:15)-トマノ耳(10:20)-オキノ耳(10:35)-肩の広場(11:00)-天狗のトマリ場(11:40)-天神平(1:00)-ロープウェイ乗り場(1:15)


虫(ブヨ)にはハッカ水が効くらしいです。次は持っていかねば!!

↑ぽちっとお願いします。また頑張ってブログを書く元気が出ます↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2012年7月28日 (土)

行ってみたいな、谷川岳の巻2

P.M9:30家を出発 圏央道、関越道を進み下牧PAで仮眠をとります。
深夜、ものすごい雷と豪雨で
ち「あぁ、これやっちまったか?失敗しちゃったか??」と思いつつ眠りにつきます

ども、トットコ登山部隊員その1ちいたろうです(◎´∀`)ノ
2年越しの想いを馳せた谷川岳についに挑戦できそうです☆

朝、6:00 雲に切れ間ができて、お山の頂上も見えているので一安心。
さぁ、谷川岳に向かって出発!

A.M7:00 谷川岳ロープウェイ乗り場でチケット購入。
すでに、登山客と思われる山ボーイ、山ガールで混雑しています。
Cimg2944_2

前日、電話で確認した通り、隊員その2くうたろうはリュックに詰め込んで乗車。10分ほどの空の旅に出ます。 
Cimg2945_2

天神平到着! 目指すは、谷川岳の頂上「トマノ耳・オキノ耳

ち「ロープウェイで上まで上がれるから、結構ラクらしいよ~」
・・・・・・聞いていた話と、実際に目にする現実の違いはずいぶん大きいものです。
                          

                               なんていうか、遠いね・・・・・・Cimg2955_4

気をとりなおして天神平から出発!時刻は7:50。
Cimg2957

                             途中、くさり場や・・・

Cimg2963 

        岩場などもあったりしたけど、さすが4輪駆動の犬はパワーが違いますね。

Cimg2967                    や隊長「そんなところで休憩すんなよー!」
                    く隊員「あぁ、あちぃ・・・。 水飲ませろよ、みず!!」

なんだかんだで、すたこらさっさと歩いていってしまうのです。すげーわ、やっぱ。。。

道は木道などできちんと整備されており、とても歩きやすいです。
しかし、道幅が狭い+とにかくハイカーの多いこと多いこと…

犬連れのトットコ登山部は、すれ違う人、追い抜いて行く人皆様にご迷惑のかからないよう気を遣わなくてはいけないので、疲れも時間もとにかく掛かること掛かること。

ようやく一息つけた休憩は、天狗のトマリ場。。 
雲ひとつない天気で遠くまのお山まで見渡せます。
                     

               一言でいうと「最高やー!!」ってカンジです。

Cimg2981

                 

                  A.M10:40 肩の小屋に到着。 トマノ耳までラスト15分!

Cimg2993

そして、ようやくA.M11:10 トマノ耳に到着! やったー!!
できればゆっくり休みたいところでしたが、とにかく右も左も人・人・人…
日陰もないので、とりあえずオキノ耳に向かうことにします。 

Cimg2995

トマノ耳から見るオキノ耳 進む道がくっきり見えます。
Cimg2997

    A.M11:25 オキノ耳登頂! トットコ登山部、谷川岳踏破です!やった!

Cimg2999

隊員その2くうたろうもお疲れ様。

ち「埼玉西武ライオンズのスター片岡選手の復帰祈願も兼ねて・・・。写真1枚お願いしまーす」

                      

                崖で休むくうたろう さすがにバテ気味の様子。

Cimg3004_2

             く「まぁ、埼玉のくそ暑いアスファルトよりマシだけどさ…。
                天気良すぎるぜ、マジで
                下りは歩くのいやだな・・・・」

ということで帰り道の1枚。 リュックにしまわれた隊員その2の1枚。
Cimg3006_2

てかさぁ、登りだけ自力で、下りはリュックなんてそんなの都合良すぎるぜ・・・。
それもうたた寝してたからね、こいつ・・・。

天神平へ戻ってきたのはP.M1:30 
予定では12:00には戻ってくるはずだったのに、1時間30分も遅れてしまいました。

うーん、反省が必要な旅になったようだ・・・。

今回の反省

・今後、谷川岳クラスの山に隊員その2くうたろうを連れてくることはやめよう。 お前は、飯能の標高1000m以下の山で十分だannoy

以上。 でも、楽しい山旅でした。ちゃんちゃん。。

2012年7月27日 (金)

行ってみたいな、谷川岳の巻1

あちぃ・・・ あちぃ・・・ 部屋の温度計が33℃さしてやがる・・・
毎日こんな暑いと山の上に行きたくなってしょうがありません。。

トットコ登山部 隊員その2ちいたろうです。ども。。

 

 「谷川岳fuji

もうかれこれ3年前に行きつけの美容師さんに教えてもらった素敵なお山。
埼玉から日帰りで行けるし、ロープウェイ使えば楽だし、いつか行きたいなぁと思っていました。

本当は、去年の秋の紅葉にあわせて計画していたんだが・・・

隊員その1 ちいたろう「今週の土日で行こう(*゚▽゚)ノ」
隊長     やんたろう「うん?土曜、仕事でムリ┐(´-`)┌」
ち「ガーン・・・・・・(;д;)」

1週間後・・・

ち「今週の土日で行こう(*゚▽゚)ノ」
や「天気予報あめだね。 うん、ムリε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…」
ち「ガーン・・・・・・。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。。」

さらに1週間後→や「仕事」 さらにさらに1週間後「天気予報が雨」

と、ホントにホントに都合がまったくあわずトットコ登山部の休眠期間になってしまったのです。

今年も何度計画してもなんだかすべて流れてしまう相性も悪いお山「谷川岳」
あなたへの想いは月日と共に募るばかりなのです。

そしてついに訪れた今週末!

やんたろうも仕事なし!天気も晴れ!   (時々雨・・・?しるか、そんなもん!!)

行くっきゃない!!とたった今の今、意気込んでおります。

問題は隊員その2「くうたろう」の同行が可か不可か?
ホームページによると、ロープウェイはゲージで小型犬OKとのこと。

・・・ゲージなんか持っていけるかよ!と思ったちいたろうは電話で問い合わせ。

ち「あのー、犬なんですが・・・。登山したいのでリュックに詰めて乗車しても大丈夫でしょうか・・・??」

係の人「リュックに詰める???」

ち「つまり、、Photo_4

                             こうゆう状態なんですが・・・」

係の人「あぁ・・・sweat02。いいですよ。大丈夫です。」
ち「本当ですか!?よかった!ところで、谷川岳に犬連れで登ってもよろしいのでしょうか?」
係の人「ええ、規制はありませんので大丈夫ですよ。
     ただし、糞尿はしっかり処理をおねがいしますね。あくまで国有地ということをお忘れなく・・・」

ということで、隊員その2も参加OK!!

うん〇くらいいくらでも持って帰ってやるぜー!
おしっ〇くらい、水でジャバジャバ流してやるよー!

というか、興奮していつも山に入る前にすべて済ませちゃう犬だぜー!!

行こうぜよ、行こうぜよ!谷川岳!!
行けるかどうかは、今日の隊長の帰宅時間によるが・・・。

果たして・・・

その他のカテゴリー

2014年 GW旅行 | とっとこクッキング(山ごはん) | キャンプ・アウトドア・旅行 | ジャックラッセルテリアのくぅ | フリードスパイク | マタニティライフ | 日記・コラム・つぶやき | (上信越)妙義山 | (上信越)尾瀬 | (上信越)日光白根山 | (上信越)根子岳~四阿山 | (上信越)水沢山 | (上信越)浅間山(外輪山~前掛山) | (上信越)草津白根山 | (上信越)谷川岳 | (上信越)赤城山 | (上信越)鼻曲山 | (中央アルプス)木曽駒ヶ岳・宝剣岳 | (丹沢)塔ノ岳 | (八ヶ岳)三ツ頭 | (八ヶ岳)編笠山 | (八ヶ岳)赤岳~横岳~硫黄岳 | (八ヶ岳)赤岳~阿弥陀岳 | (北アルプス)唐松岳~五竜岳 | (北アルプス)奥穂高岳 | (北アルプス)常念岳 | (北アルプス)槍ヶ岳 | (北アルプス)焼岳 | (北アルプス)白馬岳 | (北アルプス)美ヶ原高原 | (北アルプス)西穂高岳 | (北関東)筑波山 | (北関東)那須岳 | (南アルプス)入笠山 | (南アルプス)北岳 | (南アルプス)山梨 日向山 | (奥多摩)御岳山 | (奥多摩)高水三山 | (奥武蔵)丸山 | (奥武蔵)伊豆ヶ岳 | (奥武蔵)埼玉 日向山 | (奥武蔵)大持山・小持山 | (奥武蔵)大高取山 | (奥武蔵)天覧山・多峯主山 | (奥武蔵)日和田山 | (奥武蔵)棒ノ嶺 | (奥武蔵)武甲山 | (奥武蔵)秩父御嶽山 | (奥秩父・西上州)大菩薩峠 | (奥秩父・西上州)瑞牆山 | (奥秩父・西上州)笠取山 | (奥秩父・西上州)茅ヶ岳 | (奥秩父・西上州)金峰山 | (奥秩父・西上州)飯盛山 | (富士五湖周辺)三ツ峠山 | (富士五湖周辺)毛無山 | (富士五胡周辺)竜ヶ岳 | (東北)吾妻山 | (東北)安達太良山 | (東北)月山 | (東北)磐梯山 | (東北)蔵王 | (東海・伊豆)天城山