フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

カテゴリー「(奥武蔵)伊豆ヶ岳」の記事

2013年4月17日 (水)

今年も伊豆ヶ岳に・・・ その2

その1からのつづき 

正丸駅からスタートし、1時間で正丸峠に到着。

A.M9:50 伊豆ヶ岳の山頂をめざし、出発!

山道に戻ると、いきなり危ない看板を発見。。 
こんな埼玉の低山でもクマはいるんだぁと実感。。。 まぁ、うちでも狸とかハクビシンとかいるしな・・・。 関東と言えど、やっぱり田舎だよなぁ。。
Cimg3566


なんてことを考えつつ、山道を進むと・・・
A.M10:15 本日1個目の山頂「小高山」 標高720m。
Cimg3568


山頂からは木々の間から奥武蔵の山々が一望できます。Cimg3567


その先、今度はまたもや急傾斜の階段を発見! なんでか、山での人工物は人に優しくない。
山道の方がよっぽど歩きやすいよ…。
Cimg3569



A.M10:27 続いて2個目の山頂「五輪山」 標高不明Cimg3570



2つの山頂を越えると、男坂・女坂の分岐が現れます。
男坂は結構な岩登りが楽しめそう。。 でも、くぅたろうが同伴の我々は女坂に・・・。
Cimg3572



女坂と言えど、一応最後の難所。 それなりに傾斜もあって、息がはぁはぁ上がってきた。

余裕で山道を駆け上がるさすが4つ足の生き物ジャックラッセルテリアのくぅたろう。

や「おい、ちょっとマテや!」 先を越され、ちょっと悔しいやんたろう。 リードを踏みつけ牽制。
Cimg3573




A.M10:45 伊豆ヶ岳山頂に到着!! ちょうど2時間の行程でした。 標高851m
Cimg3581



さっそく、コーヒーとおやつの時間。ちゃかちゃか用意をはじめる人間と、おやつを待ちわびる犬。Cimg3575


ほれ、お前には豚タンジャーキーをやろう。
Cimg3577



く「フンガ フンガ」 鼻息荒くボリボリ豚の舌を噛み潰しながら至福の時間を味わうアウトドア犬。
Cimg3578



久しぶりの晴天の土日とあって、山頂は登山客で大賑わい! 家族連れ、カップル、シニアの登山グループ、優雅な1人登山・・・。 皆、それぞれに山での至福の時間を楽しんでいます。
Cimg3582


山頂からの景色はいまいち。でも、空気が美味しいし、天気もいいし、心地よい疲れが最高です。Cimg3583




帰路は、途中まで来た道を引き返し、長岩峠で左に曲がります。Cimg3584


かめ岩なる大きな岩の横を通りすぎ・・・
Cimg3585



ひたすら下っていくと、P.M12:30 正丸駅に無事到着。
往復で3時間45分。 うん、軽登山としてはちょうど良いタイムです。
Cimg3586




このあと、正丸駅の1つ先の駅そばにある道の駅「果樹園 芦ヶ久保」で名物のずりあげうどんをいただきました。 うどんというより、ちくわぶに近い食感の見た目以上にパワフルなうどん。Cimg3587

ボリュームもあって美味しかった。



今回の行程
(8:45)正丸駅―(9:10)山道に入る―(9:40)正丸峠―(9:50)再出発―(10:15)小高山―(10:27)五輪山―(10:45)伊豆ヶ岳―(11:10)再出発―(11:50)かめ岩―(12:30)正丸駅




まだまだ山達人への道は遥か彼方・・・。 ポチッとして、達人たちのブログへ移動してください。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2013年4月16日 (火)

今年も伊豆ヶ岳に・・・ その1

  昨年に引き続き、今年も春のトレーニング登山、。


標高851m、歩行時間は往復で約4時間。 

冬の間になまった体を起こす目的としてはうってつけの軽登山・・・というか、ハイキング。。。


今回は、仕事休みのやんたろう(リーダー)、くぅたろう(隊員2 ジャックラッセルテリア)、ちいたろう(隊員3 事務・雑務兼任)で出発。



平成25年4月14日(日) A.M7:30自宅を出発 →R299をひたすら秩父方面へ走り、A.M8:30西武秩父線 正丸駅に到着。

車を駅のパーキングに駐車し(1日500円 30台位は駐車可能) WCを済ませ出発!


まずは、看板の通り駅の脇の階段を下り舗道を進む。

Cimg3534


(?)が満開! いい出だしです。
Cimg3536


しばらくは左側に小川を、右側に民家を眺めつつ舗道をとことこ進む・・・。


沢は若葉が春の訪れを感じさせてくれるなぁ・・・。

Cimg3538


花桃も満開。とっても鮮やかなピンクが気持ちを明るくさせてくれます。
Cimg3542


久しぶりの登山にいささか気持ちもはやるやんたろう。 少し足早に進む…。
置いてかれないように必死だよ、ちょっとまてやぁ~

Cimg3543



A.M9:06 分岐点に到着。 右は舗道、左は山道。 正丸峠を目指す場合は右が正解
Cimg3545



や「そっちじゃないぞ!」 ちいたろう、さっそく道を間違えそうになる…。右だよ、右
Cimg3546


A.M9:10 先ほどの分岐点から数百m進むと、舗道が終わり石畳の道から山道に変わる。
ようやく本格的な登山のはじまりはじまりぃ。。。

Cimg3548


A.M9:15 またも分岐点。 右は車道に出て正丸峠へ、左はこのまま山道を進み正丸峠へ。

今度は左を行こう! 

Cimg3550


しばらくは沢沿いの道を進むため、何度か丸太橋を越えながら歩を進めます。
ちょっとした冒険気分なのか、くぅたろうのテンションも徐々に上がっていく。。

おや? 目つきが危ないな。。。 どうやら少し怖いのか??

Cimg3551


・・・・・・・しばらくの間、安全を確認し、

く「おりゃー!!」   ダッシュにて丸太橋クリア。。
Cimg3553



徐々に道は険しさを増していく。 雨上がりだと結構危険かもしれん。 

登山道なのかどうか怪しい道が続く。今日は天気が良くてホントに良かった。。
Cimg3554



正丸峠に着く直前、いきなり現れた急階段! 今までの山道を小馬鹿にするかのような角度で設置されている。 
Cimg3556



「きっつ、あぁ、人工物マジきっついわぁ・・・。」 
やんたろうも悲鳴をあげつつ、目の前に見える正丸峠を目指します。。

Cimg3557



A.M9:40 正丸峠 到着!!
Cimg3561






休憩所と外にベンチも設置してあるので、しばしの小休憩です。
Cimg3562


峠から見える景色は最高。 どこまでも連なる奥武蔵の山々と色を添える山桜が疲れた体を癒してくれます。




少し歩いただけで、この景色が味わえるから伊豆ヶ岳は好きなんだよなぁ。。と実感。

Cimg3559



さて、休憩も終え、今度は山頂に向かって再び出発!!

その2へ続く。


まだまだ山達人への道のりは遥か彼方…。 ポチッとして達人たちのブログへ移動してください。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2012年7月25日 (水)

お気楽・ぽかぽか・ナイスビューな伊豆ヶ岳の巻 {H24、5/13}

はじめまして。 埼玉県在住のちいたろうです。

飯能で山と川に囲まれながらすくすく育ち、隊長こと旦那の「やんたろう」と出会ってから2人で関東、信州を中心に山登りを楽しんでいます。

しかし、2人とも山登りを始めてまだ数年の初心者…。。冬山はおろか、夏の北アルプスすら未登頂なへっぽこっぷり。

このブログは、そんなしょぼしょぼなトットコ登山部の成長のきろくとして綴っていきたいなと思っております。

*********************************

さて、そんなトットコ登山部の今年最初の山旅は、

「埼玉県飯能市 伊豆ヶ岳」です。

ちいたろうの実家がある飯能市には、魅力のある低山がたくさんあります。

冬の間、活動停止となっていたトットコ登山部としては、いきなりの長旅は心身ともにやられてしまう可能性があるため、飯能市や秩父市あたりの低山で体慣らしをするのが丁度いいですネ。

朝、6時に起きて車で出発。 8時に正丸駅到着!
駅の売店で500円を支払い、駐車完了。8時の時点でそこそこ埋まってました。

Pap_0032_3        隊員その2のくうたろう「今日は冒険ですか?ストレッチしないと足、攣りますよ?」

正丸駅を出発し、川沿いの舗道を進み、途中から緩やかな登山道に入っていきます。

途中、まったく関係のない安産地蔵なるものに旅の無事をお祈りし(意味なし…?)、「旧正丸峠」の道標にしたがって進んでいきます。

Pap_0030

              隊員その2くうたろうは寄り道したい放題。
普段の散歩では嗅げない野生の匂いに興味しんしん。。なかなか先に進もうとしません。

            「おーい、隊長。 置いていくなよー!!」

9時。ちょうど1時間ほどで、正丸峠に到着。峠の茶屋もあるので少し休憩しよ。

Pap_0026

         5月なので、峠の茶屋にはこいのぼりも飾ってありました。
                  それにしてもいい天気やなぁ。

Pap_0028          ぽかぽかのハイキング日和とは今日のような日を言うのでしょうね。

正丸峠を出発して25分。小高山に到着。

Pap_0022_2

Pap_0018 そんなに疲れることもなく、この景色を満喫できるなら低山も捨てたもんじゃないよね。

このあと、しばらく道幅も広い歩きやすい山道をてくてく進んでいくと、男坂、女坂の分岐点に…。
しかし、今日は男坂は通行禁止となっていました。迂回路を進み、ラストの急坂をエイヤッと登ると…

10:30 伊豆ヶ岳登頂! いぇい!

Pap_0017

Pap_0014

山頂での楽しみ、おやつの時間ですよぉ。くうたろうも頑張って登ったので少しだけあげましょう。「おすわりしてマテ!」
なんだかんだで30分近くのんびりしてしまいました。

Pap_0005      隊員その2くうたろう「早く出せ、このやろう…。 はらぺこだい、このやろう」 

さて、早くも下山。
ホントなら吾野駅へ向かってちょっとした縦走をしたいところなんですが、出発は正丸駅だし、くうたろうがいるので電車にも乗れないし、仕方なしに往路を戻ります。

途中、小高山からかめ岩方面へ方向を変え、ショートカットして正丸駅へ。

Pap_0004

12:00 正丸駅到着! 
これだけのんびり登って下って4時間程度。 体慣らしの1山目としては大満足の山旅でした。

今日は、お出かけ日和ということもあり、老若男女ホントにたくさんの登山者に出会いました。そして、くうたろうを連れているとたくさんの犬好きハイカーが声をかけて、「いい子いい子」してくださいます。

くうたろうは、今まで何度かこの経験をしているので山登りをすると、あちこちに挨拶ならぬ、しっぽふりふりをします。 まったく調子のいい犬だこと。。。

こんな調子で今後も低山からアルプスまでいろんな山を登っていきたいと思っています。
よろしくお願いします。

その他のカテゴリー

2014年 GW旅行 とっとこクッキング(山ごはん) ぺーたろー日記(育児日記) キャンプ・アウトドア・旅行 ジャックラッセルテリアのくぅ フリードスパイク マタニティライフ 日記・コラム・つぶやき (上信越)妙義山 (上信越)尾瀬 (上信越)日光白根山 (上信越)根子岳~四阿山 (上信越)水沢山 (上信越)浅間山(外輪山~前掛山) (上信越)草津白根山 (上信越)谷川岳 (上信越)赤城山 (上信越)鼻曲山 (中央アルプス)木曽駒ヶ岳・宝剣岳 (丹沢)塔ノ岳 (八ヶ岳)三ツ頭 (八ヶ岳)編笠山 (八ヶ岳)赤岳~横岳~硫黄岳 (八ヶ岳)赤岳~阿弥陀岳 (北アルプス)唐松岳~五竜岳 (北アルプス)奥穂高岳 (北アルプス)常念岳 (北アルプス)槍ヶ岳 (北アルプス)焼岳 (北アルプス)白馬岳 (北アルプス)美ヶ原高原 (北アルプス)西穂高岳 (北関東)筑波山 (北関東)那須岳 (南アルプス)入笠山 (南アルプス)北岳 (南アルプス)山梨 日向山 (奥多摩)御岳山 (奥多摩)高水三山 (奥武蔵)丸山 (奥武蔵)伊豆ヶ岳 (奥武蔵)埼玉 日向山 (奥武蔵)大持山・小持山 (奥武蔵)大高取山 (奥武蔵)天覧山・多峯主山 (奥武蔵)日和田山 (奥武蔵)棒ノ嶺 (奥武蔵)武甲山 (奥武蔵)秩父御嶽山 (奥秩父・西上州)大菩薩峠 (奥秩父・西上州)瑞牆山 (奥秩父・西上州)笠取山 (奥秩父・西上州)茅ヶ岳 (奥秩父・西上州)金峰山 (奥秩父・西上州)飯盛山 (富士五湖周辺)三ツ峠山 (富士五湖周辺)毛無山 (富士五胡周辺)竜ヶ岳 (東北)吾妻山 (東北)安達太良山 (東北)月山 (東北)磐梯山 (東北)蔵王 (東海・伊豆)天城山