フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

カテゴリー「(奥武蔵)棒ノ嶺」の記事

2013年5月20日 (月)

見事な新緑と沢のコントラスト 棒ノ嶺の巻

2013年5月18日(土) 天気 晴れsun

昨年、岩茸石までで
リタイヤした棒ノ嶺に再チャレンジ(o・ω・)ノ))
今回は、くぅたろうdogはお留守番。前回、滝の音にビビッて歩かなくなったので仕方ないね。


A.M8:10 さわらびの湯spaに車を停めて、いざスタートscissors

まずは名栗湖の有馬ダムまで舗道を10分ほど歩く。準備運動にもなって丁度いい。
A.M8:27 有馬ダムを通過run。 人造湖だけど、山に囲まれたのどかで静かな風景は思わずパチリと写真を撮りたくなっちゃうmovie
Cimg0193


A.M8:38 有馬ダムを回り込んだ先の白谷沢登山口から山道がスタート(* ̄0 ̄)ノ
入口には湧水もあって、爽やかな沢登りを予感させるみたいnotenotenote
Cimg0197


しばらくは深い林の中を進みながら標高を稼いでいく。いきなりの急登だけどゆっくり進んでいけば問題ない。トレッキングポールも使いながら足に負担をかけないように歩いて行こう。
Cimg0199


A.M9:00 藤掛の滝を越えてから徐々に沢沿いの道が始まってきますupupup
Cimg0203


サワサワと水が流れる音と頬に当たる心地よい風があまりにも気持ちよくて、テンションがあがってしまうよーヽ(´▽`)/
Cimg0207


大きな岩もたくさん現れてきた。右に渡ったり、左に渡ったり・・・。
どこが登山道なのか分かりにくくなってくるので、しっかり足元と進む方向を確認しながら歩を進めていきます。
Cimg0206


この辺りは
新緑の薄緑clover苔の深緑cloverのコントラストがすごぉぉく綺麗(*゚▽゚)ノ!!
小さな滝もたくさんあって、汗をかいても爽やか。疲れもどこかに吹き飛んでしまうみたいな風景が続いていきます。
Cimg0211



天狗の滝付近になると、だんだんと急坂が増えてきますdash
雨上がりの翌日だと歩きにくいかもしれないけど、今日の水量は少ない方なのかな?
バシャバシャ川に足を突っ込む感じはまったくない。 
Cimg0209



一番急な岩場にはきちんと鎖がサポートでついていますdash
えっさ、ほいさと登っていくと、楽しい楽しい沢上りもおしまいに近づいてきちゃう。
Cimg0214


もう少し長く歩いていたかったなぁ・・・。゜゜(´□`。)°゜。Cimg0217


ふと上を見上げると、まだ芽吹いたばかりの葉っぱが重なりながら陽の光sunを受けて絵画のような色合いを見せている。 ずーっとこんな道を歩いてきたんだね(*^.^*)。
Cimg0222


深い木立の中にスポットライトを浴びている風景も発見。。ホント今日はずっと目を奪われ続けてる・・・。
Cimg0223



A.M9:40 沢の道が終わり、林道にぶつかると小休憩できる東屋を発見。
ここで、一息ついて汗をふきふき、ジュースで水分を補給しましょう。。
まだまだ先は長いぞー!!
Cimg0228


東屋から再び木立の道を進んでいきます。

A.M10:00 昨年、ここで終了した
岩茸石に到着upup
Pap_0003         くぅたろう「去年はくぅも登ったのに、今年は置いてけぼりじゃぁぁ・・・」


 
今日は山頂まで行くから軽くスルーじゃ!


さっきまでの神秘的な沢風景から一転、杉林に囲まれながら登っていく。低山の割に景色がコロコロと変化して、飽きない山です、ホント。。
Cimg0232

A.M10:25 ゴンジリ峠に到着。さぁ、山頂まであと一息だよー!!

だんだんと杉林の間から青空mistが見えてきました。この坂を登りきると山頂かな??
わくわく(*^.^*)
Cimg0239


A.M10:45 棒ノ嶺山頂に到着!!o(*^▽^*)o
Cimg0243


今日は5月の割に気温が高くて、少し風景に白みがかってるけど頑張ったあとに見る風景はやっぱり絶景に見えます! なんでもヨシ!!ということです。。
Cimg0242_2


山頂は広く休む場所もたくさん。
Cimg0240

なんだかね、今回山頂でカップラーメンnoodleを食べてる人がすごーく多くて、今回ガスバーナーを持ってこなかった我々は羨ましそうに眺めるだけになっちゃった…。。


でも、マフィン食べたり、やんたろうはタバコを一服したりするだけでもやっぱり心が満たされるわぁheart04heart04heart04
Cimg0249


山頂でのんびりした後、下山を開始。岩茸石まで戻り、そこから滝ノ平尾根を通って下山します。

下山は景色も変わり映えしないし、足も痛くなるしあまり好きじゃないのだけれど、
山つつじtulipがちょうど見頃を迎えていてそんな下に向きがちな気持ちを明るくさせてくれますtuliptulip
Cimg0258


時たま見える名栗湖が・・・!!

やん「ロープウェイがあったら2分だな・・・」 そ、そんなこと言わないで~!歩くしかないんだからさ・・・゚゚(´O`)°゚。
Cimg0260


P.M13:00 ようやく長い長い下山道が終わったぁ。。さて、さわらびの湯で汗を流しましょうspaspa
Cimg0262



※さわらびの湯spa 1人800円 気持ちよかぁ でも、ちと高くね??




<きろく帳>
(a.m8:10)さわらびの湯―(a.m8:27)名栗湖通過―(a.m8:38)登山道入り口―(a.m9:00)沢登りスタート―(a.m9:40)東屋で休憩―(a.m10:25)ゴンジリ峠―(a.m10:45)棒ノ嶺山頂―(p.m13:00)下山

↓ぽちっとお願いします。山好きのみなさんのブログへ移動します↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2012年8月 5日 (日)

登山にはおやつが1番だよ!、棒ノ嶺 沢登りの巻[2012.7.15]

梅雨がまもなく明けようとしている頃、トットコ登山部は西武線の駅に置いてある「奥武蔵ハイキングマップ」を手に取り、初めての沢登りに挑戦しようとしていた…。



ども、トットコ登山部隊員その1ちいたろうです。



前日の夜に急遽隊長のやんたろうから
や「明日、仕事が休みになったから飯能の山に行くぞ!!」
ち「えっ!? いきなりっすか!?」
や「おうっ!」



そんなこんなで行き先を決め、飲み物を用意し、朝少し早起きしてホットケーキを焼いて車に乗り込んだ隊員たち。

6:40 埼玉県飯能市名栗にある「さわらびの湯」無料駐車場に車を停め 出発!!

Pap_0024




15分ほど舗装された道を歩くと、名栗湖「有馬ダム」に到着。
人造湖ですが、水も綺麗だし周りの風景も綺麗で、とても素敵な雰囲気。
今日の山行が楽しみになってきました。
Pap_0023 Pap_0022




7:07 ダムを回り込むように進んでいき、白谷沢登山口に到着
    ここから山道を登っていきます。

    さっそく綺麗な湧水が出ていて、くうたろうは給水タイム。
    いいなぁ。美味しそうだなぁ・・・

Pap_0021








7:26 ついに1つ目の滝が登場! 「藤懸の滝」っていうやつかな?
     滝がでてくると、すっごいテンションあがりますね!
Pap_0020     










7:34 なんか沢登りらしい道に入ってきました。
    ち「一体、どこを進むの??」
    や「うーん…、とりあえず端っこを登っていくのかなぁ…??」

    
    こうゆう道を進むのは初めてのトットコ登山部。 ちょっと困惑気味…。
    2人でしるしを見つけながら、ゆっくり進んでいきます。

Pap_0017



あきらかに不安そうに進む隊長と隊員その2くうたろう・・・
くうたろうは滝のごぉぉぉぉぉっwaveて音に多少ビビり気味です
Pap_0014




7:45 「天狗の滝」に到着! 沢登りの中心部です。
    急坂を一歩一歩乗り越えていきます。 
    でも、水量がそんなでもないのでゆっくり行けば全然大丈夫。
    すぐそばで、清流の流れる音を聞きながら歩くのはすごく気持ち良いです。
Pap_0009    


最後のくさり場をエイコラっと登れば、沢登り終了。 結構あっさり登れちゃいました。






7:53 「白孔雀の滝」を横目に見ながら少し歩くと、休憩できるベンチを発見。
Pap_0007





ち「ホットケーキ食べながら休憩しようか?」


リュックを探り探り・・・・


ち「あれ? ホットケーキが無い・・・sweat02

思い出す朝の自分の行動。
出来立てあつあつのホットケーキを1/4づつ分けてラップにくるんで、リュックに入れようとした時、ふいに

ち(あぁ、せっかく凍ったペットボトルを入れたのに溶けちゃうなぁ。。
   とりあえず帰りの着替えを入れたバッグの方に入れとこう!)


と、バッグに詰めて車の荷物入れに積んだのだ・・・



あっw(゚o゚)w、出発するときにホットケーキをリュックに入れるの忘れちゃった・・・sweat01



ち「あのー。大変申し上げにくいのですが、本日おやつは無い・・・?かも・・・しれません・・・sweat02
や「・・・・・・・・・・? はっ!?」
ち「いや、だから・・・ あのー かくかくしかじか・・・・……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ
  なので、車の荷物入れで帰りを待っているかと・・・」




や  ・・・・・・・・・・・・・・ぶちっ!!!!凸(`Д´メ)
や「はぁ!? おやつの無い山登りなんて
  ぜんっぜん楽しくないじゃん!! 馬鹿者!!なんて馬鹿者なんだ!
  もうダメだ、降りるぞ。
  無理して頂上目指してもダメだ! 帰るぞ!!」



ち「・・・・・・・・ヾ(.;.;゚Д゚)ノえぇっ、あと30分で頂上だよ~。ここで降りちゃうの~??」
や「うん、ダメだ、降りるぞ!!考えただけで体力が無くなってきた。
  無理しても意味がない(`Д´メ)」

ち「・・・・・・・・・・・・・・sweat02  (マジかよ・・・・・?おやつ無いだけで下山かよ┐(´д`)┌)」





しかし、トットコ登山部の隊長はあくまでやんたろうです。
仕方なく、岩茸石で引き返すことに・・・

今日の頂上は岩茸石ということで・・・









8:39 岩茸石にて途中棄権!
Pap_0005


なんだか悔しいので、くうたろうを岩に乗っけて遊ぶ
く「なんだよ。もう終わりですか。。 まだまだ元気いっぱいですよ。岩だって登っちゃいますよ」

Pap_0002


帰り道、問答を繰り返す隊長と隊員その1

や「登山に必要なもの、その1は?」
ち「おやつです!」
や「その2は?」
ち「おやつです!!」
や「その3は?」
ち「飲み物とか・・・!?」

や「ちがーう!馬鹿者!!おやつだ!!(#゚Д゚)y-~~」
ち「すみません、おやつです・・・。゜゜(´□`。)°゜。」

Pap_0001

1時間ほどで下山。「さわらびの湯」で汗を流して、待ちに待ったホットケーキを口に運びました。




しかしまぁ、普段からご飯のあとのお菓子が好きなのは知ってたけど、まさかここまでの執着心を持っていたなんて・・・!?
やんたろうと知り合って早12年・・・・。新たな事実を発見した山行となりました。




1におやつ、2におやつ、3、4が無くて5におやつ。

はいはい。。ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…




その他のカテゴリー

2014年 GW旅行 | とっとこクッキング(山ごはん) | キャンプ・アウトドア・旅行 | ジャックラッセルテリアのくぅ | フリードスパイク | マタニティライフ | 日記・コラム・つぶやき | (上信越)妙義山 | (上信越)尾瀬 | (上信越)日光白根山 | (上信越)根子岳~四阿山 | (上信越)水沢山 | (上信越)浅間山(外輪山~前掛山) | (上信越)草津白根山 | (上信越)谷川岳 | (上信越)赤城山 | (上信越)鼻曲山 | (中央アルプス)木曽駒ヶ岳・宝剣岳 | (丹沢)塔ノ岳 | (八ヶ岳)三ツ頭 | (八ヶ岳)編笠山 | (八ヶ岳)赤岳~横岳~硫黄岳 | (八ヶ岳)赤岳~阿弥陀岳 | (北アルプス)唐松岳~五竜岳 | (北アルプス)奥穂高岳 | (北アルプス)常念岳 | (北アルプス)槍ヶ岳 | (北アルプス)焼岳 | (北アルプス)白馬岳 | (北アルプス)美ヶ原高原 | (北アルプス)西穂高岳 | (北関東)筑波山 | (北関東)那須岳 | (南アルプス)入笠山 | (南アルプス)北岳 | (南アルプス)山梨 日向山 | (奥多摩)御岳山 | (奥多摩)高水三山 | (奥武蔵)丸山 | (奥武蔵)伊豆ヶ岳 | (奥武蔵)埼玉 日向山 | (奥武蔵)大持山・小持山 | (奥武蔵)大高取山 | (奥武蔵)天覧山・多峯主山 | (奥武蔵)日和田山 | (奥武蔵)棒ノ嶺 | (奥武蔵)武甲山 | (奥武蔵)秩父御嶽山 | (奥秩父・西上州)大菩薩峠 | (奥秩父・西上州)瑞牆山 | (奥秩父・西上州)笠取山 | (奥秩父・西上州)茅ヶ岳 | (奥秩父・西上州)金峰山 | (奥秩父・西上州)飯盛山 | (富士五湖周辺)三ツ峠山 | (富士五湖周辺)毛無山 | (富士五胡周辺)竜ヶ岳 | (東北)吾妻山 | (東北)安達太良山 | (東北)月山 | (東北)磐梯山 | (東北)蔵王 | (東海・伊豆)天城山