フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

カテゴリー「(奥武蔵)天覧山・多峯主山」の記事

2017年4月21日 (金)

初めての子連れ犬連れ登山 天覧山と多峯主山の巻 その2

その1からのつづき


天覧山でのんびりした後、ここから30分歩いて多峯主山まで行くことに。


一度くだって・・・
Img_3406


もう1回登り返しまーす。
やんたろう「なんか肩が痛いなぁ・・・。食い込んでるよ」
Img_3407_3


ここでぺーたろー寝落ちしました。。左側に倒れて寝てるからバランスがとれなくて重いんだね。 背負子の弱いところ発見だね。
Img_3408

やんたろう「キツイなぁ。。奥穂高に行った時くらい肩が痛い」
たかが飯能の低山で奥穂級の辛さを感じるなんて、相当体がなまってます。
レベルが落ちまくりのトットコ登山部。。
なんだかんだでやんたろうも昨年の夏以来の登山だもんね。
また1からやり直しですわ


そこからさらに登って・・・
Img_3414_2

と、ここらへんでやんたろうが急にペースをあげ、60代くらいのおばちゃまグループを抜かす!
やんたろう「ぺーたろーを担いでたって俺は負けない!!」
気合だけは一丁前。 呼吸は乱れまくり・・・。 無理しなくていいのに。
トットコ登山部のリーダーの意地だそうですよ。




最後の岩場も登って・・・
Img_3416



多峯主山(とうのすやま)に到着。 出発から1時間で2座登れたね。よく頑張った!!


ぺ「とーのしゅやま・・・ おいちい??」
こらこら、看板は食べちゃダメ。 
生後4ヶ月。なんでも食べたい病発症中のぺーたろー
Img_3428_2


景色も良くて休憩するベンチもあるので、コーヒーブレイクです。
Img_3419

ぺ「だっこ・・・。」
あまったれ病も発症中なので、もう手がかかるったらありゃしない。
Img_3427

ぺーたろーが生まれてから長時間散歩もなくなってしまって体力が有り余っていたくぅ。
久しぶりのお山散歩に大満足かな?
Img_3424
くぅ「まだまだこんなんじゃ足りないっす!でも、手始めってことで許してあげよう」
すみません、ダメ飼い主で。。少しづつまた頑張りまーす。


最後に家族写真を。 子連れ犬連れ登山は大変だけど楽しみも増えたね。
Img_3434



次はどこ行こうかなー?? というより、どこに行けるかなー??だね(笑)
どなたかラク~な山を知ってる方いましたら情報くださーい。


↓ぽちっとお願いします。もうすぐGW。ワクワク↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年4月20日 (木)

初めての子連れ犬連れ登山 天覧山と多峯主山の巻

2019年4月15日(土)

前回の記事で、ぺーたろーを背負子に乗せて練習開始と書きましたが、早速本番!
とはいってもやはり最初は超超低山からじゃないと心配。

うってつけはちいたろうの地元、飯能の天覧山と多峯主山!

車は市の公民館の駐車場に停めて、まずは公園をお散歩sun

桜が満開でとーっても綺麗cherryblossom
Img_3375

Img_3368


さて、出ました。ぺーたろーinリュックchick
Img_3370


重さは7.7kgでございますsweat01
宿泊登山の荷物より重いんじゃないか?
Img_3450_2


ちいたろうはくぅ担当!
やんたろうはぺーたろーだけで荷物がいっぱいいっぱいなので、他の荷物はすべてちいたろう。
たかが天覧山なのにこのリュックかよdash
Img_3373
1年ぶりの登山なのにいきなりこんな荷物だなんて過酷だなぁ・・・





公園で桜を満喫したら、初めての子連れ犬連れ登山をはじめましょうdogchick

まずは天覧山までね。
Img_3380
ぺ「てんらんじゃんってなーに?」
お山だよ~。楽しいんだよー


みんなで仲良くのーんびり歩いていこう。
Img_3382


途中の公園ではもうツツジが咲いてたtulip
久しぶりのお山にくぅもニッコニコだねnote
Img_3389
く「春の匂いがいっぱいじゃんかー」


春はたくさんの花を見ながら登山できるから、気分もルンルンnote
花粉さえなければもっとあちこち行きたいのになぁ。。
Img_3451
やんたろう「鼻がヤバいっす。ぐしゅぐしゅ・・・」


少しだけ山らしい道も歩くよ。
Img_3394
くぅ「もっともっと登るぞー!」


少しだけ岩場っぽい場所もあったりするんだよね。
Img_3397


そして、わずか15分で天覧山の山頂に到着sign03

2人の可愛いメンバーでパチリとなheart04
Img_3401
くぅ「もうおしまい??まだまだはじまったばっかりだよー」
はいはい。今日はもうひと山行くよ!

ぺ「あちゅいねぇ。でも気持ちいいねぇ」



たった15分でもこの展望だから結構人気あるんだよね。
この日もたくさんの登山者で賑わってた!
Img_3398

ここから、今度は隣りの多峯主山に行きまーす。

その2へつづく。。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ぽちっとお願いします。久しぶりの登山楽しいね!↑

2015年1月31日 (土)

真冬のゆるゆる登山といえばやはり! 天覧山~多峯主山~吾妻峡 

2015年1月29日(木)

翌日の雪予報snowを前に、「飯能の低山まで雪に閉ざされてしまったらこれは本格的にオフシーズンに突入してしまうでないか!?」(←くぅたろうが雪嫌いなので、基本的に雪山はやらないトットコ登山部ですsweat02 冬はくぅ様優先なのです。)と慌てて飯能へrvcardash

とはいっても、車で30分clock 目的地は実家のすぐそばにある天覧山
小さいころからもう何度も登っている勝手知ったる山なので、準備もそこそこにお気楽なゆる~い気持ちで出発です。

                    
写真なんて撮ってないで早くいこーよー。。Cimg3937a.m8:25 車はいつも通り飯能市市民会館に駐車して、目の前の登山口から出発footfoot

最初は舗装路。Cimg3939
a.m8:35 歩いて10分ほどでWCと東屋のある広場に出ます。霜柱がすごいねーupCimg3942
広場の先から山道に変わり、早くもハイライトflair 十六羅漢像を横目に・・・Cimg3945

プチ岩場(本当に超プチ!)を超えると・・・   せいやっ!!へへん、らっくしょう!!Cimg3946

                      
あっ、山頂が見えてきた~!!Cimg3948

a.m8:45 登山口からわずか20分。 天覧山山頂に到着(*゚▽゚)ノ (標高197m)Cimg3950
でも、わずか20分の登りでも、見える眺望はなかなかのものだったりします。
飯能の街並みと遠くにMt.ふじさ~ん!!Cimg3949お天気ヨシ。景色ヨシ。まだまだ余裕ちゃん。


なので、ここから次は隣りの多峯主山(とうのすやま)に行こう。

階段を一番下までどんどんおりて・・・downwardrightCimg3952
下りた分だけ登りかえし・・・upwardrightCimg3954
もう間もなく花粉の嵐が吹き荒れるであろう杉林を歩いていくshoeCimg3955

平日の朝なので歩いている人がだ~れもおらんわ(^-^;  でも静かでなんだか気持ちいいね。Cimg3957

多峯主山山頂直下はなんと鎖が登場! でも全く使わないで登れます。。ただ傾斜はけっこうなもので息があがっちゃう\(;゚∇゚)/Cimg3959
傾斜がキツくなるとすっげー嬉しそうにスピードがあがるくぅたろうは、絶対Mだと思う・・・。Cimg3960

a.m9:10 出発から45分。早くも2個目の山頂に到着。多峯主山(標高271m)Cimg3967
山頂にはベンチもあり、休憩するにはもってこい。Cimg3965

写真には写らないけど、スカイツリーまでばっちり見えた。空気が澄んでいて最高に気持ちいい。Cimg3964

遠くの富士山もやはり存在感が違うねfuji Cimg3966

さてと、このまま帰るんじゃまだ物足りない・・・。 せっかくだからもう少し寄り道して行こうと思い、今度は吾妻峡方面へ。

途中、参拝できるお社があったり(八幡神社)、Cimg3971

そこから眺める景色も結構素敵だったりする。。 
ちいたろうの家はどこだ?Cimg3970
その下には思わずクライミングしたくなる岩場があったり・・・(禁止されてます!)Cimg3972

木漏れ日の中をトレイルランばりにガンガン下っていくとrunrunCimg3974
a.m9:30 多峯主山登山口(八幡神社入り口)に下山scissorsCimg3975
その先500mほど川に向かって歩いていくと

a.m9:40 吾妻峡とドレミファ橋に到着。 
夏場はバーベキューや川遊びのお客さんで大賑わいの吾妻峡もさすがに人っ子1人いないっす!Cimg3979
♪ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド~♪と歌いながらドレミファ橋を渡り、Cimg3985
ここからしばらく入間川に沿って吾妻峡の河原を歩いていく。Cimg3988
ウサギ岩notes  左向きのウサギに見えますね~。 など、ポイントとなる岩場をいくつか超え・・・Cimg3989

カモさんいないかな~eyeと川を覗き込んだりしながらのんびり散策。Cimg3994

山道、河原の散策。 結構、変化に富んでいて楽しい行程じゃないかな。。ここ。Cimg3991

a.m10:10 吾妻峡の散策もおしまい。 ここから国道に戻ります。Cimg3995


国道を20分ほど歩いて、駐車場に到着。 2山+渓谷散策で2時間ほど。 ギュッと濃縮された飯能の低山。 うん、やっぱ好きだわ、この感じ~。

楽しかったね。くぅちゃん。。  まぁまぁね。Cimg3999




【今日のきろく簿】

天覧山登山口(8:25)-山頂(8:45)
-多峯主山山頂(9:10)-多峯主山登山口(9:30)
-吾妻峡(9:40~10:10)-駐車場(10:30)

合計2時間(※途中走ってます。標準タイムだと+1時間みてください。)

        ↓ぽちっとお願いします。次はいつ山に行けるかしら・・・?↓
                 
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
 

2014年1月 5日 (日)

2013年 〆の登山は地元で

もうすでに2014年がはじまり5日が経過しているが、いまさらながら年末の登山きろくsweat02

といっても、2013年締めの登山は超低難度の天覧山&多峯主山ヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ


コースタイムなどを記録するのも面倒になるくらいの簡単なお山さんですscissors

なので、詳しいきろくは以前のきろくでご容赦を( ̄○ ̄;)! 


その1その2があるよ。


ただ、晴天の冬の低山ハイキングはキーンと張りつめた空気の中が体をシャッキっとさせてくれて良いものです。 

日頃からコタツでごろごろごろご~ろ(´-д-`)と完全に怠け虫となってしまっている隊長やんたろう(`ε´)&隊員ちいたろう(´O`)、くぅたろうdog(全員か!?)


冬こそ地元の武蔵の山を見直して、来年の夏山へ向けて体力を維持せねばいけません。


駐車場からわずか15分で天覧山に登頂し(これは登頂と言えるのだろうか・・・?)
そこからさらにわずか30分で登頂した多峯主山Cimg1784


お天気が良かったので見晴らしも抜群でしたわよ。。 遠く奥多摩の山も見えましたCimg1788_2




2013年は今までのどの年よりもたくさんの山に登れ、天候にも恵まれました。

来年もよろしくたのもー!!(o・ω・)ノ))


                    ↓ぽちっとお願いします。↓

                  にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2012年11月 2日 (金)

プチ遠出は飯能へ 天覧山・多峯主山の巻 その2

(◎´∀`)ノ天覧山から多峯主山へ向けて出発dash

まずは、整備された階段をどんどんと下っていきます。
Cimg3276_2

すると、下りきった先に開けた湿原のような場所が・・・mist
Cimg3278

まむしもいるみたい…thunder 
Cimg3277

湿原の道を5分ほど進むと、再び多峯主山への山道がスタート。
Cimg3279

この見返り坂は、源義経の母である常盤御前がその景色の良さに感動し振り返りつつ登ったことから名づけたらしいです。

しかし、振り返るほどの景色は…?(^-^; 


深くなっていく山道と杉林の間を進みます。
Cimg3280  

この緑に囲まれた空間が私はやっぱり好きだなぁとしみじみ実感(◎´∀`)ノ
心も体も次第に軽くなっていくようですcloud
Cimg3281


30分ほど山道を進んでいくと、雨乞い池なる場所に到着shine
いまだかつて枯れたことのない池。昔は干ばつなどにおそわれると、この池にきて雨乞いをしたとのこと。

さらに鼻をつまみ息を止めてこの池を7周まわると不吉なことが起こると書いてありました。


しかし、7周はどーやったてムリだろ…sweat02 とつっこみたくなります。
Cimg3282


山頂までもう一息。 黒田直邦さんという人のお墓の前を通り、
Cimg3290



A.M10:20 多峯主山の山頂に到着fuji やったーヽ(´▽`)/

Cimg3286

標高は271mしかありませんが、飯能の街並みが一望できますnote
もっと空気が澄んでいれば、富士山や榛名山も見えるそう。。
Cimg3285


Cimg3288


Cimg3289

今日は犬を連れての1人登山だったので、実際少しさみしさもあったんですが、頂上には次々と1人で登ってくる山おじさま(おじぃさま)、山おばさま(おばぁさま?)に出会いました。


ベンチで腰かけてると
「あら、かわいいわんちゃんね~。 一緒に登ってきたの?」なんて話しかけられたりして、スッと心が和みましたheart04
なんだか、山に入ると知らない人でも気軽に会話ができる距離感になるんだよなぁsmile
今、この頂上に集まっている山好きの方達はみんな仲間!のような感覚scissors


そして、みなさんそれぞれにマイペースで登山を楽しんでいるんだなぁとしみじみ実感しました。





そんな頂上でのひとときを楽しみ、下山開始。
ハイキングマップに沿って吾妻峡の方へ下りようかとも思ったけど、最後に車道を歩くのが嫌で来た道を戻ることに…。



A.M11:00 駐車場に無事帰還! ホントに手軽な2時間半のハイキングでした(*゚▽゚)ノ





実は、このあと…

さて、車に乗って帰るか~なんて思ってリュックを車に乗せ、くぅたろうの足を拭いていたら、



突如   
「ガチャ…」    ・・・・・・・・?



インキーしたぁぁぁぁぁぁ!!! なぜ?なぜ? なぜか分からないが、リュックに入ったカギが勝手にロックオンしてしまいました!!(゚ロ゚屮)屮



財布も携帯も何もない、まさに生身の状態で放り出された状態のちいたろうとくぅたろう…sweat01
しかたなく、市民会館の事務局へ出向き

「電話貸してくださいbearing ついでに保険会社のロードサービスの電話番号も教えてください(。>0<。)」
と頼む始末。

あぁ、はずかしい! 丁寧に対応してくださった飯能市民会館の事務員さん、本当にありがとうございました。


待つこと1時間30分。 わざわざ杉並区から高速を飛ばしてきてくださったロードサービスの「助人」さん。僅か5分でカギを開けてくれました。すごいなぁ、プロの仕事!


ハイキング+2時間の飯能の旅になってしまいましたが、これも良い思い出
(無料だったから言えること。 実際は15,000円ほど掛かるらしい… あぶなかった)


紅葉が綺麗に色づく頃maple、また来ようと心に誓ったプチ登山でした。

2012年11月 1日 (木)

プチ遠出は飯能へ 天覧山・多峯主山の巻 その1

仕事もお休みのヒマな木曜日scissors

天気は晴れsun

ボーっと家で過ごしてるのはもったいない。。
そんな平日の半日登山にもってこいの場所。 我が生まれ故郷の飯能市ヽ(´▽`)/


田舎育ちの山好き女、ども、トットコ登山部隊員その3の
ちいたろうです。

**************************************************************



飯能には駅構内に多数のハイキングマップも置いてあるほど、様々な低山がありますfuji

夏場はさすがに暑くて登れないけど、春・秋・冬と日帰りでちょっとした登山をするにはもってこいhappy02

今日は隊長の
やんたろうが仕事のため、あまり長丁場のコースをくぅたろうと2名で行くのはちと怖い。。

なので、ホントにホントに入門者向けのらくちんコースを選びましたscissors


朝、やんたろうを駅まで送り、私とくぅたろうは9:00に家を出発rvcardash

それでも、9:30には登山口のある飯能市民会館駐車場に到着! ビバ飯能。近いぜ飯能!!
Cimg3260



天覧山登山口は、能仁寺の横を抜け、舗装された坂道を登っていきます。

Cimg3263

Cimg3262




「よーし、今日も登るぞー!」と気合を入れた僅か10分後。もう、最初の休憩場所に到着dash

はえぇよ。。sweat02 最初の足慣らしにもなりません(゚ー゚;
Cimg3264  


ここから本格的な山道がスタート。とはいえ、入門者コースなので急斜面もありません。
普通にジャージで朝の散歩をしている方々とすれ違いますrun
Cimg3266


すると、突然現れた岩壁に十六羅漢と呼ばれる石仏がたくさん。それぞれ違う表情をしています。
Cimg3267

そして、山道も岩が多くなってきますが、きちんと階段が設置されてます。

登れ、登れ、くぅたろう!ガンガン登れ~!!
Cimg3270




なんて言っても、先ほどの休憩所からまたもや僅か10分。

A.M 9:41 天覧山の頂上に到着です!!(◎´∀`)ノ
Cimg3272



出発から20分ほどしか歩いてないのにこの景色。飯能の町が一望できます。
学生の頃は、1月1日の初日の出を見に友達と登ったなぁ~なんてことも思い出されます。。
Cimg3274





さて、この天覧山までは、実は私は幼少のころからもう何度も登っています。
ですが、この先を進んだことは一度もありませんでした。



今日は、天覧山から先へ行ってみます。目指すは
多峯主山(とうのすやま)
西武鉄道が作成しているハイキングマップを片手にいざ出発!!


まずは見返り坂へ進みます。 どうやら尾根を進むコースと、いったん下ってまた登り返すコースの2つがあるらしいのですが、私は下る方を選択note
Cimg3276





さて、この先どんな景色が待ってるのかな?

その2へ続く

その他のカテゴリー

2014年 GW旅行 | とっとこクッキング(山ごはん) | ぺーたろー日記(育児日記) | キャンプ・アウトドア・旅行 | ジャックラッセルテリアのくぅ | フリードスパイク | マタニティライフ | 日記・コラム・つぶやき | (上信越)妙義山 | (上信越)尾瀬 | (上信越)日光白根山 | (上信越)根子岳~四阿山 | (上信越)水沢山 | (上信越)浅間山(外輪山~前掛山) | (上信越)草津白根山 | (上信越)谷川岳 | (上信越)赤城山 | (上信越)鼻曲山 | (中央アルプス)木曽駒ヶ岳・宝剣岳 | (丹沢)塔ノ岳 | (八ヶ岳)三ツ頭 | (八ヶ岳)編笠山 | (八ヶ岳)赤岳~横岳~硫黄岳 | (八ヶ岳)赤岳~阿弥陀岳 | (北アルプス)唐松岳~五竜岳 | (北アルプス)奥穂高岳 | (北アルプス)常念岳 | (北アルプス)槍ヶ岳 | (北アルプス)焼岳 | (北アルプス)白馬岳 | (北アルプス)美ヶ原高原 | (北アルプス)西穂高岳 | (北関東)筑波山 | (北関東)那須岳 | (南アルプス)入笠山 | (南アルプス)北岳 | (南アルプス)山梨 日向山 | (奥多摩)御岳山 | (奥多摩)高水三山 | (奥武蔵)丸山 | (奥武蔵)伊豆ヶ岳 | (奥武蔵)埼玉 日向山 | (奥武蔵)大持山・小持山 | (奥武蔵)大高取山 | (奥武蔵)天覧山・多峯主山 | (奥武蔵)日和田山 | (奥武蔵)棒ノ嶺 | (奥武蔵)武甲山 | (奥武蔵)秩父御嶽山 | (奥秩父・西上州)大菩薩峠 | (奥秩父・西上州)瑞牆山 | (奥秩父・西上州)笠取山 | (奥秩父・西上州)茅ヶ岳 | (奥秩父・西上州)金峰山 | (奥秩父・西上州)飯盛山 | (富士五湖周辺)三ツ峠山 | (富士五湖周辺)毛無山 | (富士五胡周辺)竜ヶ岳 | (東北)吾妻山 | (東北)安達太良山 | (東北)月山 | (東北)磐梯山 | (東北)蔵王 | (東海・伊豆)天城山