フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

« 晴天の吾妻連峰 主峰!西吾妻山の巻 | トップページ | やつらがやってきた・・・ Again・・・ »

2015年10月 2日 (金)

すっかり秋化粧の木曽駒ヶ岳・宝剣岳の巻

シルバーウィークも終わり、体もお疲れ気味の週末。家でゴロゴロしていたいのは山々なのだが、手元にずっとある「駒ケ根まるごとバリューきっぷ」

木曽駒ヶ岳に登るためのアクセス方法となるバス・ロープウェイの往復券と、ロープウェイ山頂駅に併設されているホテル千畳敷でのドリンク券やそのほか近辺のお土産屋さんでちょっとしたお菓子を頂けるサービス券などがついたお得なチケットで、チケットぴあで販売されている。

実は7月末に木曽駒ヶ岳に行こうと計画を立てており、前日にチケットぴあでこのチケットを見つけて「おぉ~、こりゃお得だぁ(*゚▽゚)ノ」と購入したのだが、そこには落とし穴が・・・sweat02

なんと、24時間後からでないと発券できな~いΣ( ̄ロ ̄lll)
ちっちゃい文字で注意事項が書かれてたのを見事に見落としたのだ・・・sad

PCで購入したのは出発する3時間前。。 
24時間後にはもう下山して家に帰ってきてるよ!

それも購入後キャンセルは一切受け付け不可ということで、支払いを終えたままずっと手元に残ってしまっていたのだった・・・。

何回か今週こそは行こうかと話しが出たのだが、そのたび無残にも雨予報が出てしまい、行けず仕舞い。
期限は10月末日までだが、今年の天候からしてあと2週間もすればおそらく雪が降り出して登山も出来なくなるだろう。。

最後のチャンスがこのシルバーウィーク明けの土日だったのだ。
しかしながら土曜日はまたもや悪天候で中止。。
日曜日も天気は曇りのち晴れと絶好の登山日和ではないものの、1人3,900円×2枚を無駄にするのももったいない!と無理くり出発したのであーるcardash

***********************************************************

2015年9月27日(日)

a.m4:00 菅平バス乗り場でバスを待つ列 すでに70~80人はいるかもsweat01
あわわっ!準備もそこそこにとりあえず列に早く並ばなくちゃ・・・
Cimg5051




a.m5:20 5時から動き出したバスの4台目でようやく乗れた。バスでロープウェイ乗り場までは30分。 

しかし、私にとっては魔の30分・・・。 

ち「どうか酔いませんよーに。酔いませんよーに・・・。」と祈りながらカーブをいくつも曲がっていく。 

はうぁっ( ̄Д ̄;;

a.m6:00 ちぃたろう酔いメーター60%ほどのところで・・・(精神的にもう負けてるsweat02) 
駒ヶ岳ロープウェイ乗り場に到着_ノフ○ グッタリ

ロープウェイは10分ごとに70人乗りのゴンドラがやってくるので、ほぼ待つこともなく乗り込むことができた。
標高差1,000m以上をたった7分半で移動じゃー!
Cimg5052




a.m6:20 千畳敷駅に到着。 トイレをすませ、さて行きますかfootfoot

目の前には有名すぎる千畳敷の紅葉が・・・! イイ感じに見頃を迎えてるねmaple
Cimg5053


無事の山行をちゃんとお参りしましょう。
Cimg5054




とりあえず千畳敷の散策路を半周回って、その先の登山道にとりつく。
Cimg5055



稜線に上がるまで400mほど? 一気に斜面を上がっていくupwardright

a.m7:00  乗越浄土 ガスで何も見えなーい・・・mist 天気予報通りの雲の中cloud
Cimg5058



宝剣山荘からまずは木曽駒ヶ岳の山頂に向かう。
Cimg5059




振り返ると宝剣岳がガスの合間からおどろおどろしく姿を見せる(゚ー゚;
今日は来るなと拒んでいるかのよう・・・。 
Cimg5061




a.m7:20 中岳山頂 まだまだガスが濃くて、アルプスまでやってきた実感ゼロ。
Cimg5064
えーんbearing



中岳山頂からいったん下っていくと、木曽駒ヶ岳頂上山荘。こんな天気の週末でもテントを張っている人がちらほら。 ご苦労様です。
Cimg5067




a.m7:45 木曽駒ヶ岳山頂 (標高2,956m)fuji 
Cimg5069



やはりガスの中。でも、これで百名山をまた一つゲットscissors
Cimg5068



だいぶ早く山頂まで来てしまったので、ガスが抜けるのをしばらく待とうかと思っていたのだが、結構な寒さに8時を過ぎた頃に降参。。 諦めて下山じゃ!
Cimg5072



a.m8:20 中岳の巻道を通って宝剣山荘まで向かうことに・・・ 
Cimg5074
「難所あり」の看板が立っていたけどそこまで危険な箇所はないかな?でも気をつけながら歩こう。

途中、やんたろうが立ち止まるので何かな?と見ると
Cimg5077




切れ落ちた側のガスがとれようやくアルプスの雰囲気を味わえる景色に出会えたshine
Img_1321_2


振り返ると、木曽駒ヶ岳の山頂もはじめてお目見え。 あそこにいたのかー
Img_1322




a.m8:40 宝剣山荘でトイレをすませ、さて、宝剣岳に行ってみますか( ̄ー+ ̄)
Cimg5083_2



どれだけのスリルあるコースなのかなとワクワクしていたが、まぁこんなもんかとup
岩場をよじ登る場所も足場がしっかりしているので、鎖は補助的な役割と考えて大丈夫。
Cimg5086_2



山頂直下、岩場を回り込む場所で渋滞発生。 登り優先にし過ぎたために山頂に人が溢れているらしい。 とりあえず山頂から10人ほど下りてくるまで岩場で待機。
Cimg5088_2



振り返ると完全に切れ落ちてた・・・sweat01 滑ったら奈落の底まで一直線だわ。。気をつけよ。
Cimg5089_2



山頂の人たちの下山が一段落し、最後の鎖を越えると・・・

a.m9:20 宝剣岳山頂に到着。 
Cimg5092_2



タイミング良く、雲も流れてくれて千畳敷の紅葉を上から見下ろすことができたーshine 
すっかり秋景色ねmaple
Cimg5094_2



岩の上からいぇーいヽ(´▽`)/
Cimg5097_2



このあたりで私たちの高所に対する感覚がなんかおかしくなってきてることに気付く・・・。

周りの登山者たちが「危なーい、この鎖超こわーい」とか言っている横で平気な顔ですいすい歩けるようになっている・・・。怖いと微塵も感じない・・・。


特にやんたろう。。 
Cimg5095_2



あんなに高い場所、鎖場、切れ落ちた登山道を怖がっていたのに、今回まったく躊躇なく山頂まで辿り着いちゃった。

山頂から同じルートで戻るのもつまらないので、さらに危険マークがついている極楽平へ向かうことに。。
Img_1330_3



あの遥か先まで岩場を越え、難所を越え歩いていくのだが・・・
Cimg5098_5




高所恐怖症のはずのやんたろうのスピードが落ちませんがなΣ(゚д゚;)
Cimg5100_3



おかしい。 なにかが麻痺しはじめているような気がする・・・・。

Cimg5101_2



だって振り返ると、宝剣岳ってこんな岩山よ? 今、ここ下りてきたのよ??
Cimg5102_2



試しに聞いてみた。
ち「もしかして、今なら剱岳とか登れるんじゃない?」

や「あぁ、登れるだろうね ( ̄ー+ ̄)」

ち「・・・!!(゚ロ゚屮)屮  もしかして、大キレットとかジャンダルムとか行けちゃうんじゃない?」

や「フッ( ̄ー+ ̄) 行けるかも分からんね (´-д-`)」
Cimg5103_2



・・・・・・・・・・・・・・・・sweat01

━━Σ(゚д゚;)━━ギャー!!

こいつ、ついに頭のネジが外れたー!! 
槍ヶ岳に登れたことで完全に間違った自信がついてるがなー!!

いけません!こうゆう人が間違えて大キレットとか行って滑落するんですからね!
初心忘れまくってますからね!

いけませんよー!!!

完全に自信過剰になったやんたろうの背中を追いかけながら、いくつかのピークを越え
Cimg5106_3

や「こんな岩場なんて余裕のよっちゃんだぜ・・・」←古い

最後の岩場もなんなくこなし、
Cimg5108_2

や「山を飛び、谷を越えぇ・・・♪ 僕らの町にやってきたぁ・・・♪by忍者ハットリ君」 ←古いsweat02 

無事に難所をすべてクリア!
Cimg5111やったでー



a.m10:10 極楽平に到着。
懐かしいこの場所。

実は、山を始めた6年程前、知識もなく装備も不十分なままとりあえずアルプスの縦走ってやつをやってみたい!との気持ちだけで、ここから空木岳まで歩いたことがあったのだ。

縦走なんて雲の上の平坦な道を歩くだけだと考えていた我々は、次から次へと迫ってくる上り下りの難コースに「こ、これが縦走!?(lll゚Д゚)」とアルプスの厳しい洗礼をがっつり8時間も受け、死にそうになりながらなんとか木曽殿山荘に雪崩れ込んだのだ_ノフ○ グッタリ

いやぁ、今思い返すとホント無謀だったなぁ・・・sweat02 
危うく初アルプスでいきなりのヘリ救助になるところだったもんなぁ・・・。

と、いうことで、こっちのコースは✖ng✖ もう2度と行かんぞ!
Cimg5113_2


今日歩いてきたこっちのコースは楽しかったから◎ok◎ また来てもいいよ。
Cimg5114



極楽平から千畳敷まで戻るコースは紅葉を楽しみながら。。

Cimg5116



うーん、綺麗だぁ。。
Cimg5117



しかし、今年は赤くなる前に枯れているナナカマドがとても多くて、ホントはもっともっと赤と黄色が綺麗なはずなのに少し残念だった・・・down
Cimg5120
夏から秋にかけて雨が多かったから仕方ないのかな??

帰ってからヤマレコを確認したら、濃ヶ池のあたりは紅葉が綺麗に色づいていたみたいね。 行けばよかったー!

a.m10:30 千畳敷に無事帰着。 
Cimg5122



その後、「駒ケ根まるごとバリューきっぷ」を利用して
Cimg5123


ホテル千畳敷でコーヒーtimecafe ホッと一息つけて良かったよ。
Cimg5124




a.m10:40 ロープウェイに乗って下山。 

a.m11:00 バスにて駐車場へ。

a.m11:30 駐車場に到着。

さて、なぜこんなに慌てて山を下りてきたのかと言いますと・・・

やんたろうには今回の旅で最大の目的にしていた場所が駐車場のすぐ先にあったのです。

それは・・・・・




明治亭のソースかつ丼!! 

駐車場で荷物を降ろすことも許されずに、バスを下車した途端ダッシュでこのお店までやってきたrun
Cimg5125



やんたろういわく、12時を過ぎるともう順番待ちになって帰りが遅くなるから・・・paper
だそうです。。
Cimg5126ちわーっ!ソースかつ丼大盛りくださーい。。



出てきたロースのソースかつ丼happy02 どどーん!
Cimg5127



そしてご満悦のやんたろう・・・ くそー、顔を出してやりたい・・・。
Cimg5129




でも、確かにお会計の時にはすでに順番待ちが5組ほど。 
早く下りてきて正解だったかも。

駐車場に戻り、サービス券にあるお土産屋さんでちゃっかりお菓子もいただき(ミニどら焼きを1人2個)
午後4時頃には埼玉まで帰宅したのでした。

無理矢理行った割には楽しめた山行になったかな。

それにしてもやんたろうの高所に対する免疫力が付き過ぎて、逆にちょっと怖いわ(;;;´Д`)

【今回のきろく簿】
バス乗り場(5:20~5:50)-ロープウェイ(6:00~6:10)-千畳敷出発(6:20)
-乗越浄土(7:00)-中岳山頂(7:20)-木曽駒ヶ岳山頂(7:45~8:00)
-宝剣山荘(8:40)-宝剣岳山頂(9:20)-極楽平(10:00)-千畳敷(10:30)
-ロープウェイ(10:40~10:50)-バス(11:00~11:30)-駐車場

木曽駒ヶ岳 登り    :1時間20分
木曽駒ヶ岳~宝剣岳 :1時間
宝剣岳~極楽平    :30分
極楽平~千畳敷    :30分



↓ぽちっとお願いします。 もっと紅葉の山を歩きたーい↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

« 晴天の吾妻連峰 主峰!西吾妻山の巻 | トップページ | やつらがやってきた・・・ Again・・・ »

(中央アルプス)木曽駒ヶ岳・宝剣岳」カテゴリの記事

コメント

1万近いチケットを無駄にならずに償却できて良かったですね(笑)

それにしても紅葉の千畳敷カール素敵ですね~

宝剣のみならず…極楽平ルートですか。
行ってみたいですが、ちいたろうさんお×マークは本気っぽいですね・・・

でもそこをクリアすると剱岳への挑戦権を得られるのかなぁ!?

>Nakaさん
極楽平~空木岳をクリアできても剱岳の練習にはならないですよ!
どちらかというと、裏銀座を延々歩く練習とかにいいかも?
もうとにかくひたすら登って下っての連続です・・・。
でも、今行ったら案外楽しめたりするのかなぁ・・・??笑

そうですかぁ 自信つけいちゃいましたかあ。私は剱岳もジャンダルムも大キレットも行きましたが、危険度はジャンが一番ヤバイです。大キレットは飛騨泣きがちょっとヤバイ 剱岳は平蔵のコル、カニの横ばいがほんの少しヤバイです。私が大キレットを通過した1時間後に滑落死亡者がでましたので、思い返すとぞっとします。経験コースとしては・・剱岳・大キレット・ジャンダルムと段階を踏んだ方がいいかもですね。確かに感覚って麻痺しますよね。でも天気さえよければなんとかなるものです。天気が悪いと最悪ですので絶対にやめたほうがいいですね。

>飛行船さん
ジャンダルム、大キレット、剱岳・・・。 
どれも一歩間違えればニュースで名前を読み上げられる可能性ありますからねぇ(滑落事故etc…笑)
写真で見る限りでは、意外と剣は行けるんじゃないかなぁなんて思ったりもしますが、ジャンダルムは人間が通っていい場所じゃないと思ってます! あれはヤバい。。
今はまだくぅたろうを遺して天国に召される訳にはいきませんので、10年後くらいに完全に頭がマヒした状態で挑戦してみましょうかね??笑 

いや~秋を満喫しておりますなぁ~OK
思えば楽しめるのって短い時期。
どんどん行こう! 熊には会いたくないケド

我が家もやっと、この週末行ってきます
菅平の四阿山へ へへへ
天気も良い感じに変わって へへへ
今日の夜出てSAで車中泊サ♪
久しぶりのウキウキ・ワクワク

トットコ登山部は何処へ行くのかなぁ~ ワクワク

>チャクははさん
天気良くなりそうですね~。 いいな、四阿山行きたいな。
紅葉の時期はホントあっという間に過ぎ去ってしまうから
行ける時はどこか出かけたいですね。

熊さんには会いたくないけどね。やっぱり。

やんたろうさん、覚醒!!!
男や!

うちはとっちゃんが山登りが目的ではなく写真撮影が目的なので、鎖場連続とか荒々しい岩場は撮影しづらいし、撮っても絵にならないから行きたくないって言うんですよおおお!憎たらしい!!

それにしても紅葉の千畳敷は素晴らしいですねえ。


〉spuiさん
写真撮影が目的だと確かに岩場は絵になりにくいですよね! 白馬のお花畑とかの方が撮影意欲が湧いちゃうのかな?
でもやっぱり行きたくなりません??笑
知らない世界が見たいのよ〜^^;みたいな。

私はやんたろうの頭がいかれてるうちに、劔岳まで連れていってしまおうと画策中です。うしし笑

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1736273/61867576

この記事へのトラックバック一覧です: すっかり秋化粧の木曽駒ヶ岳・宝剣岳の巻:

« 晴天の吾妻連峰 主峰!西吾妻山の巻 | トップページ | やつらがやってきた・・・ Again・・・ »