フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月24日 (土)

秋晴れに急登で大汗の山行 茅ヶ岳の巻

2015年10月18日(日)

前日、北アルプスの焼岳に登り紅葉を大満喫したトットコ登山部。
予定ではさらに北上し雨飾山を登るつもりだったのだが、焼岳を下山後に温泉でのんびりしたら急にそこまで行く元気がしぼんでしまい、翌日は逆に埼玉に帰る通過点にある茅ヶ岳に予定変更dash

茅ヶ岳くらいなら午前中にチャチャッと登って、お昼には埼玉に向けて帰ることができるでしょ。我々はそれくらい甘い考えでいたのだが、意外にも茅ヶ岳さんはそんな軽いお山ではなかった・・・impact

そして、茅ヶ岳さんよりもっともっと厳しいお方は、何を隠そうトットコ登山部のくぅたろうさんdogなのであった・・・sweat02

**********************************************************

a.m8:10 深田記念公園の無料駐車場に車を停める。 
車は工夫すれば40台くらいは止められそう。トイレもあるし、何より駐車場に係りの方がいて市が作成した無料の登山マップを配布していた! 
今日は地図持ってなかったのでありがたや~(*^-^)
Cimg5327




登山口は、駐車場の奥から。 さて、2日連続の登山に出発じゃrun
Cimg5328




昨日の焼岳とは打って変わって、爽やかな広葉樹林の森の中をのんびり歩いていくclover
Cimg5332




最近の登山ではもっぱらくぅたろう係のやんたろう( ̄▽ ̄) 
腰ベルトにリードをくぐらせて両手フリーの状態で歩くのがラクらしい。
Cimg5334


 

広葉樹林の葉は薄くて光を通しやすいので、紅葉してくると黄金色に輝くようになるshine
昨日からいっぱい見てるけど、やっぱり綺麗ねheart04
Cimg5339



a.m9:10 1時間の緩やかな登山道が終わり、女岩手前の看板に到着。
女岩は現在立ち入り禁止なので、山頂までは別ルートを進む。
Cimg5340




と、ここからいきなり登山道は急登に変わり、茅ヶ岳の本領発揮といった感じにtyphoon
しかし、どうやらやんたろうrunくぅたろうdogコンビは、
茅ヶ岳さんの本領発揮に「ガンガン行こうぜpunchスイッチがONonになったらしい。
Cimg5343




女岩では5名の山男たちが先を歩いていたのだが・・・
Cimg5344




急坂をものともせずにガッツガツ抜かしていきますupwardrightupwardright 
私は汗だくになりながらもついていこうと頑張ってはいるのだが、どんどん小さくなっていくリーダーと犬の姿bearing
Cimg5347




や&く「遅いぞ、ちびすけ!!早く上がってこーい!!」 
Cimg5348

くそー、お前らがおかしいんじゃ(-゛-メ)



急なペースアップで、まだ歩き始めて1時間半なのにすでに息切れ、汗だく・・・sweat02
こんなの絶対間違ってるから!
Cimg5354




でもまだまだ急坂は終わらない。 ねぇ、もう少しゆっくり行かない?
Cimg5356
く「ほら、足あげて! いっちにぃ、いっちにぃ!」
鬼か、この犬・・・(;;;´Д`)



a.m9:40 女岩から30分。 
前を歩いていた男性陣を見事に全員抜き去り、超満足そうな笑みを浮かべるあほ犬。 
ここは深田久弥終焉の石碑。
この場所で日本百名山の著者、深田久弥さんは心臓発作で亡くなられたのです。 
Cimg5360



一気に標高を稼いだおかげで、振り返ると富士山がfuji
木々の間からもまわりの眺望が見渡せるようになってきた。
Cimg5361




つい先日初冠雪した富士山。確かに山頂付近が白くなってる!!
いよいよ富士山にも冬が到来だねsnow
Cimg5363




深田久弥終焉の石碑から山頂までは10分ほど。 最後の登りを超えると・・・
Cimg5365




a.m9:50 茅ヶ岳山頂に到着 標高1,703m 
Cimg5372
駐車場で頂いた地図では、コースタイム2時間30分。 
実際は1時間40分。 50分も巻いてる・・・sweat02 やりすぎだ、君たちannoy




山頂は木々に囲まれているものの、360度展望が開けている。

まず目をひくのが南アルプス。 今日は空気が澄んでいるのでくっきり見えるね
Cimg5374


富士山もどーん! さすがの存在感ですヽ(´▽`)/
Cimg5375




隣りの金ヶ岳と、その奥に八ヶ岳。 
Cimg5380




早々たる名峰に囲まれた山頂だが、その中でも一番素晴らしいと思ったのが奥秩父方面
どこまでも広がる山並みと、山全体が赤や橙や黄に包まれた名もなき低山。
日本の秋はやっぱりこれだな。。( ̄ー+ ̄) 
心に染みる風景だった。
Cimg5378




この日は絶好の登山日和ということもあって山頂は大賑わい。
くぅたろうはたくさんの登山客に褒められ、撫でられ、もうアイドルにでもなったかのよう。
ちなみに私はそのアイドルのマネージャーの気分・・・coldsweats02 
Cimg5376



くぅ「うへへ。写真1枚につきおやつ1個でーす。←(ウソ)
  なでなではご自由にどーぞ」
Img_1467
やめんか(`◇´*)




くぅたろうと奥秩父の山並み。 
Cimg5382
お前さ。最近山に行くたび、山の営業部長とか言われて調子にのってるみたいだけどさ。
所詮お前なんてダ埼玉の田舎犬なんだからね。  
アイドルなんて背伸びしても手の届かない世界なんだからね。 そこんとこ忘れるなよ?



a.m11:00 山頂でゆっくり休憩をとった後、来た道を下山することにdownwardright

下りはじめは富士山を眺めながら岩場を下りていく。
Img_1489_6




段差が大きい場所はさすがに抱っこ。 
Img_1474




下山途中に綺麗な紅葉を発見。 
登りでは上を見上げる余裕もなかったから、今になって紅葉してたんだmapleと気付いた!
Img_1480




a.m11:20 登りで入ったスイッチはどうやら今でも切れていなかったようで、突如ダッシュし始めるやんたろう
Cimg5384


えっ!なに?なに!? なんでダッシュ―!?
Cimg5385


くぅたろうも必死で追いすがる。。 もう、君たちいい加減にしてくれ!!
Cimg5386




p.m 0:00 下りもずっとこの調子で、コースタイム1時間40分のところを1時間で歩いてしまった。 すっげー疲れた。 なんなら昨日の焼岳より疲れたんだけど・・・(≧ヘ≦)

自分の体力に見合わない登山はやめましょう。 
その文言を嫌というほど思い知ったちぃたろうなのでありました。。



【今回のきろく簿pencil
深田記念公園P(8:10)-女岩分岐(9:00)-茅ヶ岳山頂(9:40)
山頂(11:00)-女岩分岐(11:30)-駐車場(12:00)

登り:1時間40分
下り:1時間
合計:2時間40分 ※休憩含む



↓ぽちっとお願いします。 ↓


にほんブログ村

2015年10月21日 (水)

秋空に映える紅葉と絶景 焼岳の巻 その2

その1からのつづき


7時に駐車場を出発し2時間30分。 
ここまで順調に標高をあげ、いよいよ最後の岩場に差し掛かった。
Cimg5244




横目にモクモクあがる噴煙が。。spa 生きてるよ、この山!
Cimg5282




岩場といっても鎖や梯子があるほどの危険なものではないので、くぅたろうでもヘルプは数ヶ所のみ。 ほぼ自力であがっていけるくらいの簡単なものである。
Cimg5243




それにしても、くぅたろうはまたえらい場所に来ちゃったなぁ・・・sweat02
バックに槍穂高連峰、笠ヶ岳・・・fuji 
北アルプスの主役たちを従えて歩いているなんて\(;゚∇゚)/
Cimg5245
飼い主もビックリというか、失笑気味だわ。。

山頂に近づくにつれて登山者も増え、あちこちから
「おぉ~、犬だ・・、すげー」 「えっ、ワンちゃん!? どこどこ?」
との感嘆の声が・・・wobbly

なんだか注目の的になってしまって恥ずかしいわん・・・sweat01


a.m9:40 北アルプス 焼岳北峰 標高2,444m 登頂ヽ(´▽`)/
Cimg5250





山頂からの景色は360度の絶景。 でも、やっぱり目をひくのは・・・

穂高岳方面の圧倒的な存在感sign03
Cimg5249


一目で分かる笠ヶ岳の姿notes 
いつか登りたいなぁ。。
Img_1437


エメラルドグリーンの火口池に逆さ焼岳南峰? 写ってる、写ってる!
Img_1434





新穂高温泉の新穂高ロープウェイ乗り場は建物や車がたくさんeventrvcareventcar
Cimg5272


ロープウェイもちっちゃく見えたよ。分かるかな~?
Cimg5270




くぅたろうは、花より団子・・・ 絶景よりおやつ・・・cake 
我々が景色に見とれてる間に盗み食いかい!!
Cimg5261


く「ブタ耳みっけ。」
Cimg5258


く「うまっ。 ブタ耳うまっ!」 
おい、盗っ人!! ちゃんと証拠写真撮れてるからannoy
Cimg5260




私たちも最高の景色の中、おにぎりをパクリriceball
足元には再犯を試みるあほ犬の姿をふたたび激写!
Cimg5264


なんでもないおにぎりもこの景色の中で食べれば最高に美味しいご馳走に変わっちゃうhappy02
Cimg5266




もうずーーーっとここにいたいけど、風も強いしだいぶ登山者も増えてきたのでそろそろ下山しないと。
最後にもう1枚。 パシャリとね。
く「北アルプスに登りました。 槍さん見ました。ブタ耳盗みました。くぅでした。」
Cimg5275_2

最後は懺悔?? うーん、まぁ。。よくできました(^-^;



a.m10:10 下山downwardright 来たルートをそのまま戻りまーす。

あれ?ちぃたろうどこ行くの?そっちじゃないよーsweat01
Cimg5278




焼岳小屋~上高地に行くルートとの分岐。 この景色を見られる最後の場所。
Cimg5283
く「また来るわん」



稜線から見える正賀池。 エメラルドグリーンが美しいshine
Cimg5286


足元に視線を落とすと、シラタマノキの草紅葉と可愛い白い花tulip 
いろんなところに秋を感じられるね。
Cimg5288




下山をはじめて30分。 いよいよこの辺りも雲cloudがかかってきたかな?
こうなってくるとガスに巻かれるの時間の問題だから少し早足で下山することにrun
Cimg5290




振り返ると山頂は真っ白・・・cloud 
さっきまであんなに晴れてたのに山の天気は本当に分からない(゚ー゚;
Cimg5291




標高がさがるにつれて、また紅葉エリアに戻ってくるmaple
体感温度もどんどん暖かくなってきて、季節の移り変わりを数時間のうちに何度も感じることができる。 すごいなぁflair
Cimg5297



見晴らし広場の手前。 1本のカラマツが黄金色に輝いてるみたいshine
Cimg5300



カラマツの紅葉エリアを歩くやんたろうとくぅたろうdog 
左は噴火口だったのかな? ざっくり切れ落ちて危ないぞ。。
Cimg5303_2



a.m11:40 見晴らし広場に到着。 これで焼岳の風景ともお別れ。 さよ~ならpaper
Cimg5304_2



樹林帯に入ると、周りの山も紅葉してたことに気付くeye
Cimg5310



いやぁ、大迫力だー。 赤・黄・橙・緑・・・maple
もう何色あるのか分からないくらいカラフルな山肌!
Cimg5311




グラデーションのもみじ。 陽射しを受けた陰影がさらに美しさを増してるみたいshine
Cimg5314




下山は2時間30分ほど。 
最後まで元気に先頭を歩いてきたくぅたろうは、また1つ山ガール犬としてレベルを上げたかな?
Cimg5317

く「今回も余裕でしたよ。 へへへdog



p.m12:50 新中の湯温泉登山口に無事下山。 はぁ~、楽しかった~(≧∇≦)
Cimg5321




下山後はもちろん中の湯温泉でひとっ風呂でしょspa ずっと温泉の源泉を眺めてたんだもんねーhappy01
Cimg5325




その前に駐車場でカップラーメンの腹ごしらえも忘れずに・・・笑
Cimg5323

や「もう3分たった??」   ・・・まだだよー(゚ー゚;




【今回のきろく簿】

新中の湯温泉登山口P(7:00)-見晴広場(8:20)-2,300m地点(9:00)
-上高地登山口との分岐(9:30)-焼岳山頂(9:40~10:10)

焼岳山頂(10:10)-上高地登山口との分岐(10:15)-見晴広場(11:40)
-新中の湯温泉登山口(12:50)

登り:2時間40分
下り:2時間40分

合計:5時間20分 ※休憩含みます。



↓ぽちっとお願いします。 翌日もやっぱり紅葉狩りしちゃいました↓


     にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
     にほんブログ村      

2015年10月20日 (火)

秋空に映える紅葉と絶景 焼岳の巻 その1

ある時、やんたろうが言った。
「焼岳に犬が行ってるよ。」
「えっ? 北アルプスは犬禁止じゃないの??」

そんな些細な会話から色々と情報を調べるうち、アルプスでもマナーを守れば犬連れが規制されてない山域があることに気付いた。

ちなみに今回登った焼岳は、上高地側からだと上高地自体に犬が入れないので登山は無理だが、新中ノ湯温泉口からのピストンだけなら特に規制はないとのことだった。


もちろん糞尿の始末やオンリード、すれ違い時のマナー等、気をつけないといけないルールはたくさんあるが、それでも行けるなら行ってみたい。。

ただし、行ってみてあまりにも登山客が多くて迷惑になりそうだったり、嫌な顔をされるようなら途中で引き返すのも仕方ないかなくらいの気持ちは持つようにした。



結果から言うならば、驚きの声はあれど、なんと嫌な顔一つされずに下山してくることができたshine
むしろ、くぅを見て「ワンコが頑張ってるから私もがんばろ。」とか、「楽しそうね。良かったね。」など嬉しい言葉をたびたび頂くことができこちらが恐縮してしまうほど。。

これはいつも思うのだが、ネット上ではいろんな議論が持ち上がっているけれど、実際に山で出会う方たちはとてもおおらかな人が多いように思う。
もう本当に本当にありがたいことです(o^-^o)


とはいえ、やはり犬連れに反対の人がいることも否定はできないので、私たちはおおっぴらに犬連れ登山を推奨する気はさらさらありませんpaper
私たちはいつでもコソコソっとがモットーなのだ(゚ー゚; コソコソっとねsweat01




ということで、ちょっくら紅葉狩りに北アルプスへ行ってみましょーか!!


***********************************************************


2015年10月17日(土)


前日、諏訪湖SAで仮眠をとりa.m4:00松本ICからとりあえず「道の駅 風穴の里」へ。
今日の登山口はトイレがないので、ここで支度を整えないといけない。

a.m7:00 新中の湯温泉登山口に車を止めて外に出ると、もうこの風景shine

Cimg5188_2
すっごい紅葉! これがアルプスの紅葉なのか!感激だぁnotes



駐車場がある道路脇から登山開始。 
すでにやる気スイッチ全開のくぅたろう・・・flair そうあわてるな(゚ー゚;
Cimg5189_2




登山口に火山警戒レベルの案内看板が立っている。今日のレベルは警戒レベルone
Cimg5191_2
あんしん、あんしんheart04



5分ほど歩くと車の残骸を発見
Cimg5194_2
や「崖から落ちたのかなぁ・・・?」 えー、事故の跡!?怖いなぁ・・・



歩き始めは紅葉のトンネルをてくてくとmaple
Cimg5195_2




カラマツの黄色ともみじの赤が太陽の日差しを受けてキラキラ光ってるshine
Cimg5192_2




40分ほど歩くと、朽ちた大木が・・・。 雷でも落ちたのかな?
Cimg5196_2




歩き始めて1時間20分。
単調な樹林帯の道がようやく終わり、だんだんと周りの木々の背丈も低くなってくると、いよいよ視界には巨大な岩山の姿が!!
Cimg5198_2



見えてきたよー。 いよいよ焼岳本体のお出ましだよーhappy02
Cimg5202_2




a.m8:20 見晴広場に到着! やったー(≧∇≦)
Cimg5203_2



秋のアルプスならではの素晴らしい光景fuji これでも紅葉のピークは過ぎてるのだから一体どうなってるんだ、ここは( ̄▽ ̄)
Cimg5204




さて、ここからがアルプス登山の本番ですよ。 くぅたろうはあのてっぺんまで行けるのかな?
Cimg5206




一気に見晴らしが良くなり、焼岳や周りの山々、そして紅葉に染まる山肌を愛でながら歩く最高の時間footfootfoot
Cimg5211




紅葉のピークは1週間前くらいだったけど、真っ赤なナナカマドも少しだけ残ってたよー。
Cimg5212 



振り返ると紅葉の絨毯が空に広がっているみたい。 なんて贅沢なんだcatface
Cimg5213




焼岳の岩山をしっかり捉えながら、真っ青な空の下を歩いて行く。
Cimg5216 

実は、前日まで今日の天気予報は曇りcloud時々雨rainだった。
その影響もあってか、この日は登山客も少なく、くぅたろうdogはのびのび歩くことができた。
もちろんそんな日を狙ってもいたのだが、それでこの天気だもんねsun
いろんな面でツイてたなぁって思うのよー
scissors




a.m8:40 やがて、傾斜がきつくなるにつれて登場してきた木の階段。くぅたろうは階段より脇道の方が歩きやすいみたいね。

Cimg5217




ほれ、階段を歩きなさいな。
Cimg5221_2
くぅ「いや・・・ ここ、穴あいてるし・・・sweat02  




a.m9:00 いよいよ火山ならではの岩々しい登山道に突入。 
しかしくぅたろうは相変わらず軽快に先頭きって突き進んでいく。 頼もしいねぇgood
Cimg5225





標高は2,300mupwardright 山頂まで残り150m! あとひと踏ん張りだヽ( ゚ω゚)ノうぉぉぉ!
Cimg5226




あの先に見える稜線までひたすら登りがつづくupwardright このあたりが一番しんどかった・・・sweat01
Cimg5228




もう少し。あと少し。 
なかなか近づいてこない稜線を何度も確認しながら、最後の登りに立ち向かうのだー!
Cimg5232




a.m9:20 ようやく長かった登りをクリア! 稜線に出たら、めっちゃ強風typhoon
慌ててウィンドジャケットを探すやんたろう・・・。
Cimg5233
や「やばい、やばい、体がすっげー冷える」

ここでくぅたろうにもT-シャツの上からジャンパーを着せて防寒対策バッチリ!




んでもって、いったん岩場を回り込んで山頂への登山道に向かう。
Cimg5235




さすが活火山。 硫黄に晒され続けた岩が白く変色していた。 
あたりからは噴煙がもくもくspa 
温泉入りたい・・・
Cimg5236





右側が切れ落ちた岩場を進んでいくと・・・
Cimg5237





でたー!! 槍穂高連邦のお出ましだ━━(゚∀゚)━━!!
Cimg5240



上高地もしっかり眼下に見えまっせー!!
Cimg5241




そして、最後の岩場を登り山頂へと向かうトットコ登山部なのでした・・・happy02
Cimg5243


長くなりそうだからその2につづく。



【ここまでのきろく簿pencil

新中の湯温泉登山口P(7:00)-見晴広場(8:20)-2,300m地点(9:00)
-上高地登山口との分岐(9:30)-・・・





↓ぽちっとお願いします。 その2は絶景祭りですよー↓


  にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

2015年10月16日 (金)

ひっそりと奥武蔵を楽しむ山 秩父御嶽山の巻

2015年10月10日(土)

3連休の初日、山好きな皆さんがあちらこちらへ紅葉狩りに出かける中、我々トットコ登山部は奥武蔵の山の中でもかなりマイナーな秩父御嶽山に行ってきましたscissors

a.m9:20
登山口は秩父鉄道「三峰口駅busから10分ほど歩いた場所にあるので、車は駅の駐車場に停める。1日520円なりdollar
Cimg5130

秋の登山シーズンだというのに駐車している車は私たちだけ(lll゚Д゚) 
人気ないのかなぁsweat02 大丈夫か??

お手洗いを済ませるため駅に立ち寄る。 
Cimg5133
なぜ等身大ガリガリ君Σ(゚д゚;) 



a.m9:30
駅から橋を渡り登山口へ。 11月中旬頃にはこの辺りも綺麗に色づくのかなぁ?maple 

Hasi




贄川宿の看板から左に道をそれると
Cimg5136


a.m9:40 登山口をはっけーん。 さて行くかupwardrightupwardrightupwardright
Cimg5137_2

想像通りの樹林帯の道をてくてく歩いていく。
Cimg5138

a.m9:55 
1個目の展望台。 最初から結構な傾斜だったので、見える景色はすでにイイ感じ。
Cimg5140


a.m10:00 
1つ目の展望台からわずか5分ほど歩くと2個目の展望台を発見。
Cimg5141




おんなじような景色だけど、一応見ておこうよー(* ̄0 ̄)ノ
Cimg5142
くぅはお先に・・・dash



おい! せっかくなのにーヾ(.;.;゚Д゚)ノ
Cimg5143
飼い犬に逃げられるダメ飼い主ちぃたろうsweat02

ちなみに2番高岩からの景色はこんな感じ。 たしかにさっきとあまり変わらないねsweat01
Cimg5144




さて、あまり人が入ってないせいか、道がずいぶん荒れてきたぞ・・・clover
Cimg5146




a.m10:15
3番高岩を発見。 道なしだったらもういいでしょ。 先を急ごうupwardright
Cimg5148




最初の樹林帯からやがて杉林の林道に道は変化し・・・club
Cimg5149



案内標識はあからさまに齧られた様子。。 いるよねー、奴が・・・shock
Cimg5151


前にも後ろに人気がゼロの登山道に少々寒気を感じながら、必要以上におしゃべりしたり熊鈴を鳴らしたりして先に進んでいくnotesnotes
(ちなみにこの日私は熊鈴をつけてくるのを忘れて、それはそれはやんたろうに怒られましたとさ・・・。すみません(;д;))

登山道は荒れているもののピンクの布が等間隔でつけてあるので、そんなに迷ったりするような場所ではないのだが、
Cimg5155




a.m11:40 
あれ?道がない・・・。どうやら、いつかの大雨か台風で登山道が土砂に流されてしまった模様。。
Cimg5157



うーん、こっから斜面を直登して稜線を目指そうか・・・。 
稜線まではおよそ50mほどup
Cimg5156



行ってみるか!と斜面を登ってみたものの、土がものすごく滑りやすく斜面も崩れやすいためとても片手に犬のリードを持ちながらの急登は無理だった!!
Cimg5158




いったん、登山道を引き返し、稜線に出られそうな分岐を探しなおすと、割と近い場所で道を修正することができたー( ̄◆ ̄;)
Cimg5159




って、この道で合ってるよね??? ぬぐえない不安を抱えながらも、稜線を進んでいくと・・・
Cimg5160



a.m12:00 
秩父御嶽山の山頂に到着。 標高1,081mfuji 
はぁ、良かったー。 無事ついたーscissors
Img_1352




山頂ではミニチュアシュナイザーがお出迎え。 
Cimg5164
君も登山犬か! まだ若いみたいだな。これからしっかり頑張るのだよ。


犬同士の挨拶を終えたあと、山頂の社で登山の無事を感謝、感謝。
Cimg5171_2


山頂からは両神山のギザギザな稜線がとてもよく見えた。
Ryougami



紅葉も少しはじまってきたくらい。 東京方面には雲取山も見えました。
Photo


眼下には「道の駅 大滝」 
Mitinoeki
山頂は割と賑わっていたのだが、どうやらみなさん道の駅から登ってきた様子。 
三峰口駅からと話したら「健脚だね~」と言われたので、おそらくこちらのコースの方がマニアックだったのね。 知らなかったー! 

山頂の端の方でカップラーメンの昼ご飯(最近カップラーメンばっかり)でのんびりし、
Cimg5176




いつの間にか誰もいなくなった山頂社の前であらためて記念撮影camera
Cimg5185



p.m13:00 同じコース(三峰口駅)を下山しましょ。
Cimg5186


帰り道、よく滑るなぁと思ったらどんぐりの実が大量に落ちてた!小さい秋み~つけただね。
Donguri

p.m14:40  
駐車場に戻ると、駅で地元のお母さんたちからおにぎりriceballとお漬物を頂きました。
なにかお祭りでもあったのかな?打ち上げをやっていたみたい。 とても美味しかったですheart02

んでもって、さきほど山頂で出会った人たちが登ってきたもう一つの登山口「道の駅 大滝」に向かい、温泉「遊湯館」で体の疲れを癒すspa 
お湯が少ししょっぱくていかにも温泉!って感じ。
すご~く気持ちいいのよねぇ(* ̄ー ̄*)

やんたろうは「この山を奥武蔵の中でも3本指に入る名山だ!」って絶賛していたけど・・・
(ここまで綺麗に両神山が見える山はほかにないだろう!との理由からpencil
私的にはかなり裏山感満載だったなぁ。。
もう少し遅い時期に紅葉目的で来るか、もしくは春の山桜目当てで来てみるのもいいかもね。

それにしても10月の3連休。 登りは2名、下りも2名しか登山客に出会いませんでした。
マイナーすぎるだろ!! 



【今回のきろく簿pencil

三峰口駅P(9:20)-秩父御嶽山登山口(9:40)-第一高岩(9:55)
-第二高岩(10:00)-第三高岩(10:15)-道迷い(11:40)
-秩父御嶽山山頂(12:00~13:00)
-下山-三峰口駅P(14:40)

登り:2時間40分
下り:1時間40分
合計:4時間20分 ※休憩含む


↓ぽちっとお願いします。 今週も紅葉狩りに行くぞー、おー!↓


にほんブログ村

2015年10月13日 (火)

やつらがやってきた・・・ Again・・・

我が家に可愛くて騒がしくて少々賑やかすぎるお友達が遊びにきてくれたよ\(;゚∇゚)/

右から、
くぅたろう(ジャックラッセルテリア♀)
くぅちゃん(ジャックラッセルテリア♀)
しし丸(イングリッシュコッカースパニエル♂)

Img_1417
あっきーの愛犬たちですheart04

せっかく遊びにきてくれたので、頑張ってご馳走つくったよfastfood
Img_1481
しし丸がめっちゃ狙ってますけど・・・


やんたろうとくぅちゃんはもうだいぶ前から相思相愛らしく、飼い主のあっきーより懐かれています。 もうずっとやんたろうの膝の上・・・
Img_1484



あっきーが手作りおやつを持ってきてくれたので、3匹揃ってマテ・いいよ。であげたいのだけど、しし丸だけはコマンドが英語で「シット!ウェイト! OK! Goooood♪」なので、あっきーが指示を出すと、くぅたろうは意味不明の?マークが出てしまう。 

あっきー「ウェイト!!」
Img_1487

しし丸&くぅちゃん「ウェイト・・・ マテね。」
くぅ「なんだ?なんだ?? マテ??」


あっきー「OK!Goooood☆☆」
Img_1489

しし丸&くぅちゃん「ひゃっほーい。 いただきー」
くぅ「ぐーーー???? ぐーってなに??マテ?」

3秒後、しし丸に横取りされるダメ犬くぅたろうsweat01
がんばれ、負けるな一人っ子犬!!



翌日は、阿須運動公園でお散歩。  
ムーミンの家がある公園は、3連休のせいかすっごい人ごみでビックリ。
Img_1379

普段は閑散としてるのになぁ・・・。

ツリーハウスに登りたいけど動けないくぅたろう。 
Img_1366
階段下から「まだぁ?早くしてよー」とのお子様からの暴言をいただきannoy 

ツリーハウスに登るやいなや、またもや暴言ガキお子様たちに囲まれてしまってゆっくりできない・・・(-゛-メ)
Img_1512



ちょっと散歩には不向きだな、ここ。。 川沿いのマラソンコースの方に移動じゃ!
Img_1419




ボール投げをしたりしてしっかり運動させんとね。
Img_1534

ほーら、走れ走れ~!


しし丸は膝蓋骨脱臼になってしまったので、あっきーは超高級バギーを購入しロング散歩の時はバギーで移動なんだって。。
Img_1518
しかし、なぜか乗っているのはくぅちゃん・・・sweat02 君はただ疲れただけだよね?

疲れたらバギーに乗れるという特権を手にしたあっき―家の犬たちdash
お前らちょー幸せだな。 これこそGoooood☆☆な犬生だな、おい┐(´-`)┌



普段は1匹でのほほ~んと過ごしている我が家に突然のお友達来訪で、普段の何倍も家の中で動きまくって、外でもたくさん遊んで、いつになくたくさんおやつももらえて(双方から強奪されてますが・・・)
Img_1371

アドレナリン出まくりの2日間を過ごしたくぅたろう。
Img_1398_2




しし丸とくぅちゃんが帰った後、おそらくめちゃくちゃ疲れが出たのであろう。
爆睡しましたとさ。
Img_1426



ちゃんちゃん。

↓ぽちっとお願いします。またブログを書く元気がもらえます↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


 

2015年10月 2日 (金)

すっかり秋化粧の木曽駒ヶ岳・宝剣岳の巻

シルバーウィークも終わり、体もお疲れ気味の週末。家でゴロゴロしていたいのは山々なのだが、手元にずっとある「駒ケ根まるごとバリューきっぷ」

木曽駒ヶ岳に登るためのアクセス方法となるバス・ロープウェイの往復券と、ロープウェイ山頂駅に併設されているホテル千畳敷でのドリンク券やそのほか近辺のお土産屋さんでちょっとしたお菓子を頂けるサービス券などがついたお得なチケットで、チケットぴあで販売されている。

実は7月末に木曽駒ヶ岳に行こうと計画を立てており、前日にチケットぴあでこのチケットを見つけて「おぉ~、こりゃお得だぁ(*゚▽゚)ノ」と購入したのだが、そこには落とし穴が・・・sweat02

なんと、24時間後からでないと発券できな~いΣ( ̄ロ ̄lll)
ちっちゃい文字で注意事項が書かれてたのを見事に見落としたのだ・・・sad

PCで購入したのは出発する3時間前。。 
24時間後にはもう下山して家に帰ってきてるよ!

それも購入後キャンセルは一切受け付け不可ということで、支払いを終えたままずっと手元に残ってしまっていたのだった・・・。

何回か今週こそは行こうかと話しが出たのだが、そのたび無残にも雨予報が出てしまい、行けず仕舞い。
期限は10月末日までだが、今年の天候からしてあと2週間もすればおそらく雪が降り出して登山も出来なくなるだろう。。

最後のチャンスがこのシルバーウィーク明けの土日だったのだ。
しかしながら土曜日はまたもや悪天候で中止。。
日曜日も天気は曇りのち晴れと絶好の登山日和ではないものの、1人3,900円×2枚を無駄にするのももったいない!と無理くり出発したのであーるcardash

***********************************************************

2015年9月27日(日)

a.m4:00 菅平バス乗り場でバスを待つ列 すでに70~80人はいるかもsweat01
あわわっ!準備もそこそこにとりあえず列に早く並ばなくちゃ・・・
Cimg5051




a.m5:20 5時から動き出したバスの4台目でようやく乗れた。バスでロープウェイ乗り場までは30分。 

しかし、私にとっては魔の30分・・・。 

ち「どうか酔いませんよーに。酔いませんよーに・・・。」と祈りながらカーブをいくつも曲がっていく。 

はうぁっ( ̄Д ̄;;

a.m6:00 ちぃたろう酔いメーター60%ほどのところで・・・(精神的にもう負けてるsweat02) 
駒ヶ岳ロープウェイ乗り場に到着_ノフ○ グッタリ

ロープウェイは10分ごとに70人乗りのゴンドラがやってくるので、ほぼ待つこともなく乗り込むことができた。
標高差1,000m以上をたった7分半で移動じゃー!
Cimg5052




a.m6:20 千畳敷駅に到着。 トイレをすませ、さて行きますかfootfoot

目の前には有名すぎる千畳敷の紅葉が・・・! イイ感じに見頃を迎えてるねmaple
Cimg5053


無事の山行をちゃんとお参りしましょう。
Cimg5054




とりあえず千畳敷の散策路を半周回って、その先の登山道にとりつく。
Cimg5055



稜線に上がるまで400mほど? 一気に斜面を上がっていくupwardright

a.m7:00  乗越浄土 ガスで何も見えなーい・・・mist 天気予報通りの雲の中cloud
Cimg5058



宝剣山荘からまずは木曽駒ヶ岳の山頂に向かう。
Cimg5059




振り返ると宝剣岳がガスの合間からおどろおどろしく姿を見せる(゚ー゚;
今日は来るなと拒んでいるかのよう・・・。 
Cimg5061




a.m7:20 中岳山頂 まだまだガスが濃くて、アルプスまでやってきた実感ゼロ。
Cimg5064
えーんbearing



中岳山頂からいったん下っていくと、木曽駒ヶ岳頂上山荘。こんな天気の週末でもテントを張っている人がちらほら。 ご苦労様です。
Cimg5067




a.m7:45 木曽駒ヶ岳山頂 (標高2,956m)fuji 
Cimg5069



やはりガスの中。でも、これで百名山をまた一つゲットscissors
Cimg5068



だいぶ早く山頂まで来てしまったので、ガスが抜けるのをしばらく待とうかと思っていたのだが、結構な寒さに8時を過ぎた頃に降参。。 諦めて下山じゃ!
Cimg5072



a.m8:20 中岳の巻道を通って宝剣山荘まで向かうことに・・・ 
Cimg5074
「難所あり」の看板が立っていたけどそこまで危険な箇所はないかな?でも気をつけながら歩こう。

途中、やんたろうが立ち止まるので何かな?と見ると
Cimg5077




切れ落ちた側のガスがとれようやくアルプスの雰囲気を味わえる景色に出会えたshine
Img_1321_2


振り返ると、木曽駒ヶ岳の山頂もはじめてお目見え。 あそこにいたのかー
Img_1322




a.m8:40 宝剣山荘でトイレをすませ、さて、宝剣岳に行ってみますか( ̄ー+ ̄)
Cimg5083_2



どれだけのスリルあるコースなのかなとワクワクしていたが、まぁこんなもんかとup
岩場をよじ登る場所も足場がしっかりしているので、鎖は補助的な役割と考えて大丈夫。
Cimg5086_2



山頂直下、岩場を回り込む場所で渋滞発生。 登り優先にし過ぎたために山頂に人が溢れているらしい。 とりあえず山頂から10人ほど下りてくるまで岩場で待機。
Cimg5088_2



振り返ると完全に切れ落ちてた・・・sweat01 滑ったら奈落の底まで一直線だわ。。気をつけよ。
Cimg5089_2



山頂の人たちの下山が一段落し、最後の鎖を越えると・・・

a.m9:20 宝剣岳山頂に到着。 
Cimg5092_2



タイミング良く、雲も流れてくれて千畳敷の紅葉を上から見下ろすことができたーshine 
すっかり秋景色ねmaple
Cimg5094_2



岩の上からいぇーいヽ(´▽`)/
Cimg5097_2



このあたりで私たちの高所に対する感覚がなんかおかしくなってきてることに気付く・・・。

周りの登山者たちが「危なーい、この鎖超こわーい」とか言っている横で平気な顔ですいすい歩けるようになっている・・・。怖いと微塵も感じない・・・。


特にやんたろう。。 
Cimg5095_2



あんなに高い場所、鎖場、切れ落ちた登山道を怖がっていたのに、今回まったく躊躇なく山頂まで辿り着いちゃった。

山頂から同じルートで戻るのもつまらないので、さらに危険マークがついている極楽平へ向かうことに。。
Img_1330_3



あの遥か先まで岩場を越え、難所を越え歩いていくのだが・・・
Cimg5098_5




高所恐怖症のはずのやんたろうのスピードが落ちませんがなΣ(゚д゚;)
Cimg5100_3



おかしい。 なにかが麻痺しはじめているような気がする・・・・。

Cimg5101_2



だって振り返ると、宝剣岳ってこんな岩山よ? 今、ここ下りてきたのよ??
Cimg5102_2



試しに聞いてみた。
ち「もしかして、今なら剱岳とか登れるんじゃない?」

や「あぁ、登れるだろうね ( ̄ー+ ̄)」

ち「・・・!!(゚ロ゚屮)屮  もしかして、大キレットとかジャンダルムとか行けちゃうんじゃない?」

や「フッ( ̄ー+ ̄) 行けるかも分からんね (´-д-`)」
Cimg5103_2



・・・・・・・・・・・・・・・・sweat01

━━Σ(゚д゚;)━━ギャー!!

こいつ、ついに頭のネジが外れたー!! 
槍ヶ岳に登れたことで完全に間違った自信がついてるがなー!!

いけません!こうゆう人が間違えて大キレットとか行って滑落するんですからね!
初心忘れまくってますからね!

いけませんよー!!!

完全に自信過剰になったやんたろうの背中を追いかけながら、いくつかのピークを越え
Cimg5106_3

や「こんな岩場なんて余裕のよっちゃんだぜ・・・」←古い

最後の岩場もなんなくこなし、
Cimg5108_2

や「山を飛び、谷を越えぇ・・・♪ 僕らの町にやってきたぁ・・・♪by忍者ハットリ君」 ←古いsweat02 

無事に難所をすべてクリア!
Cimg5111やったでー



a.m10:10 極楽平に到着。
懐かしいこの場所。

実は、山を始めた6年程前、知識もなく装備も不十分なままとりあえずアルプスの縦走ってやつをやってみたい!との気持ちだけで、ここから空木岳まで歩いたことがあったのだ。

縦走なんて雲の上の平坦な道を歩くだけだと考えていた我々は、次から次へと迫ってくる上り下りの難コースに「こ、これが縦走!?(lll゚Д゚)」とアルプスの厳しい洗礼をがっつり8時間も受け、死にそうになりながらなんとか木曽殿山荘に雪崩れ込んだのだ_ノフ○ グッタリ

いやぁ、今思い返すとホント無謀だったなぁ・・・sweat02 
危うく初アルプスでいきなりのヘリ救助になるところだったもんなぁ・・・。

と、いうことで、こっちのコースは✖ng✖ もう2度と行かんぞ!
Cimg5113_2


今日歩いてきたこっちのコースは楽しかったから◎ok◎ また来てもいいよ。
Cimg5114



極楽平から千畳敷まで戻るコースは紅葉を楽しみながら。。

Cimg5116



うーん、綺麗だぁ。。
Cimg5117



しかし、今年は赤くなる前に枯れているナナカマドがとても多くて、ホントはもっともっと赤と黄色が綺麗なはずなのに少し残念だった・・・down
Cimg5120
夏から秋にかけて雨が多かったから仕方ないのかな??

帰ってからヤマレコを確認したら、濃ヶ池のあたりは紅葉が綺麗に色づいていたみたいね。 行けばよかったー!

a.m10:30 千畳敷に無事帰着。 
Cimg5122



その後、「駒ケ根まるごとバリューきっぷ」を利用して
Cimg5123


ホテル千畳敷でコーヒーtimecafe ホッと一息つけて良かったよ。
Cimg5124




a.m10:40 ロープウェイに乗って下山。 

a.m11:00 バスにて駐車場へ。

a.m11:30 駐車場に到着。

さて、なぜこんなに慌てて山を下りてきたのかと言いますと・・・

やんたろうには今回の旅で最大の目的にしていた場所が駐車場のすぐ先にあったのです。

それは・・・・・




明治亭のソースかつ丼!! 

駐車場で荷物を降ろすことも許されずに、バスを下車した途端ダッシュでこのお店までやってきたrun
Cimg5125



やんたろういわく、12時を過ぎるともう順番待ちになって帰りが遅くなるから・・・paper
だそうです。。
Cimg5126ちわーっ!ソースかつ丼大盛りくださーい。。



出てきたロースのソースかつ丼happy02 どどーん!
Cimg5127



そしてご満悦のやんたろう・・・ くそー、顔を出してやりたい・・・。
Cimg5129




でも、確かにお会計の時にはすでに順番待ちが5組ほど。 
早く下りてきて正解だったかも。

駐車場に戻り、サービス券にあるお土産屋さんでちゃっかりお菓子もいただき(ミニどら焼きを1人2個)
午後4時頃には埼玉まで帰宅したのでした。

無理矢理行った割には楽しめた山行になったかな。

それにしてもやんたろうの高所に対する免疫力が付き過ぎて、逆にちょっと怖いわ(;;;´Д`)

【今回のきろく簿】
バス乗り場(5:20~5:50)-ロープウェイ(6:00~6:10)-千畳敷出発(6:20)
-乗越浄土(7:00)-中岳山頂(7:20)-木曽駒ヶ岳山頂(7:45~8:00)
-宝剣山荘(8:40)-宝剣岳山頂(9:20)-極楽平(10:00)-千畳敷(10:30)
-ロープウェイ(10:40~10:50)-バス(11:00~11:30)-駐車場

木曽駒ヶ岳 登り    :1時間20分
木曽駒ヶ岳~宝剣岳 :1時間
宝剣岳~極楽平    :30分
極楽平~千畳敷    :30分



↓ぽちっとお願いします。 もっと紅葉の山を歩きたーい↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »