フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

« 念願の槍ケ岳にいざ挑戦!その1 | トップページ | 念願の槍ケ岳にいざ挑戦!その3 »

2015年8月22日 (土)

念願の槍ケ岳にいざ挑戦!その2

その1のつづき

2015年8月15日(土)
a.m3:40に槍沢ロッヂを出発して4時間。

槍ヶ岳を眺めながらようやくここまで登ってきたトットコ登山部。
Img_1066




すぐ目の前にあんなに大きい山が見えるのに、そこに辿り着くのにはすごーい時間がかかる。Img_1069

早く早く!って焦りがちだけど、標高も2,800mを越えてきて息を切らすと高山病を発症する可能性も出てくるので必要以上にゆっくり息を整えながら歩いていく。

槍の真ん前でばんざーい! 
ここまで来たぞー!!Img_1065

さぁさぁ、槍ヶ岳山荘までもう一息だよ(゚ー゚;

最後の坂を上り詰めると・・・
Img_1090


a.m8:00 きました、槍の肩!! 雑誌で何度も見たあの場所だー 感慨深いわぁnotesImg_1064


槍ヶ岳の山頂まではやはり渋滞中sweat01
どうやら昨日山頂付近に泊まった人たちは、悪天候で行けなかった山頂に朝一で登ってから下山するらしい。 山頂まで通常20分だけど、この分だと40分ってとこかな・・・?
Cimg4637


渋滞がなんだ!私たちも荷物をデポしてあの列に加わっちゃうぞー!! 行っくぞーrockCimg4644


山頂まではもちろん危険な岩場が続くけど、整備し過ぎなくらいきちんと整備されているので矢印の通りに登ればまったく問題なし。Img_1063


渋滞している分、途中で立ち止まって周りの景色を見る時間もたっぷりあるので槍の山頂への行程を思う存分楽しむことができる。
パパッと登っちゃうよりずっと楽しいかも(◎´∀`)ノ
Cimg4648


小槍をはっけーん!! クライミングしている人もはっけーん!!Cimg4647     おーい。 危ないぞー 手をふってる場合じゃないぞー

直登の岩場も足場がしっかりしているので問題ナーシ!クライミングみたいで楽しいnoteCimg4651


さっきまでいた槍ヶ岳山荘も気がつけばあんな小さくなって・・・。Cimg4653


遠くに穂高岳も見えてきたー(*゚▽゚)ノ Cimg4659


最後の長い梯子を上りきると・・・Cimg4667


a.m9:15 槍ヶ岳山頂に到着fuji 標高3,180mを登ったどー(≧∇≦)Cimg4671


たくぞーとあっきーもよく頑張りました(*゚▽゚)ノヽ(゚▽゚*)Img_1098_2



山頂からの景色はもちろん360度大展望Cimg4669常念岳方面は表銀座の縦走路がくっきり。。 いつか歩いてみたいな、あの道。。

槍ヶ岳山荘から先は穂高岳方面に向かう縦走路。 あの縦走路の先には超危険な大キレットやら涸沢岳やらジャンダルムやらが待っているのだ。。 あっちは行きたくなーい!
Img_1087


山頂は次から次へと登山者が登ってきて、順番に写真を撮って順番に下りていくという日本人ならではの整列方式。
ここまで来てなお整列をきちんと守る国民性。さすがです!Cimg4688



なので、10分ほどで今度は下山を開始。 この梯子に足をかける時がちょっとドキドキsweat02Img_1089


今さらながらおへそがキューってなるよぉぉぉ(;;;´Д`)Cimg4690     足を踏み外さないようにゆっくり下りてこーい

その後は一方通行の下山道を慎重に下り、
a.m9:50無事下山。
Img_1060


登りに1時間。下りは30分ほど。 思いのほかあっけなかったなぁ・・・。
もっとビビるかと思っていた高所恐怖症のやんたろうですらなんなく登頂。 
きっと山小屋の方たちが日頃から登山道の整備をしっかり行ってくれている賜物なんだろうね。 ありがとうございますup

さて、目標をクリアし時間はまだ10時。 
しばらく周辺をウロウロしながらキッチン槍が開店する時間まで待つことにnotes
(開店時間は10時半clock

槍ヶ岳山荘の裏手に回ると、小槍が良く見える場所を発見。


♪アルプス一万尺♪小槍のう~えで♪アルペン踊りをさぁ踊りましょ♪(*゚▽゚)ノCimg4699


♪ラ~ンラランラン♪ランランランラン♪ラ~ンラランラン♪ランランラン♪(*゚▽゚)ノCimg4700




って、あんな怖い場所で踊れるか(#`Д´)と誰もがツッコミを入れたくなる断崖絶壁・・・sweat02Cimg4697



いやぁ、お疲れ様でした。 ははは、こちらこそ、ありがとうございました。
がっちり握手を交わすリーダーと部員。 どうやらまた絆が強くなったようだ(^-^;Cimg4715




さて、10時半を過ぎ、槍ヶ岳山荘のキッチン槍が開店。
もともと美味しいカレーライスなのにさ、美味しい空気と素晴らしい展望の中で食べるとさらに数倍美味しく感じちゃうね。Cimg4719     味覚とは五感で味わうものなのさ( ̄▽ ̄)

食後、穂高岳方面に30分ほど歩いた先にある大喰岳へ向かう。

大喰岳からの槍ヶ岳と槍ヶ岳山荘の展望は、雑誌によく掲載される定番の構図。
つまり槍ヶ岳がすごく綺麗に見えるポイントってことcamera

槍ヶ岳山荘のテント場を抜け、いったん数十m下った後、今度は一気に山頂まで登り返す。



穂高岳方面に歩いていくので、もちろん向こう側の景色が一望できる。
ゴツゴツした岩山は前穂高岳かな?リーダーがたくぞーに説明してる横で・・・

ナルシストなあっきーsweat01 どーした、あっきー∑(゚∇゚|||)
Cimg4734     ふっ( ̄ー+ ̄) 来年はあっちを制覇してやろうか・・・ 

p.m0:10 大喰岳山頂。 どう? やはりここからの展望は最高じゃない??
大喰岳山頂は休む場所がたくさんあって、その割には人も少なくて槍ヶ岳山荘前で休むよりのんびりできる。
Img_1035



近くにいたプロのカメラマンとおしゃべりしながら(この方はもう1週間もこの周辺で槍ヶ岳を撮影し続けているらしい。すごいなぁ。。)の~んびり1時間。

昨日、今日とそれなりに気を張り詰めていたから、この場所でゆっくりじっくりアルプスの景色を堪能出来て、ようやくここまで来たんだなぁと実感できた。
Img_1043




その3へつづく

【ここまでのきろく簿】

<1日目>

沢渡駐車場(7:00)-上高地バスターミナル(7:30)-明神(8:30)-徳澤(9:30~9:50)-横尾(10:50~12:15)-槍沢ロッヂ(1:40)

行動時間:6時間40分 ※休憩含む


<2日目>
槍沢ロッヂ(3:40)-ババ平(4:00)-大曲分岐(4:40)-天狗原分岐(5:30~5:50)-槍ケ岳山荘(8:00~8:15)-槍ケ岳山頂(9:15~9:30)-槍ケ岳山荘(9:50)・・・

行動時間:槍の肩まで 4時間20分
       槍の肩~山頂:登り1時間 下り20分  ※渋滞による時間差あり


槍ケ岳山荘(11:20)-大喰岳(12:10~13:30)・・・



   ↓ぽちっとお願いします。まだまだ続くよ、どこまでもぉぉぉ↓
         にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

« 念願の槍ケ岳にいざ挑戦!その1 | トップページ | 念願の槍ケ岳にいざ挑戦!その3 »

(北アルプス)槍ヶ岳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1736273/61264959

この記事へのトラックバック一覧です: 念願の槍ケ岳にいざ挑戦!その2:

« 念願の槍ケ岳にいざ挑戦!その1 | トップページ | 念願の槍ケ岳にいざ挑戦!その3 »