フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

« 快晴の爽やか登山 日光白根山の巻 | トップページ | 念願の槍ケ岳にいざ挑戦!その2 »

2015年8月21日 (金)

念願の槍ケ岳にいざ挑戦!その1

登山を始めて早5年clock
ようやく登山当初の第1目標である槍ケ岳に挑戦する日がやってきた。

あちこちの山でトレーニングを重ねてきて、いよいよここまできたかーって気持ち。
ワクワクするような、でもちょびっと不安もあるような・・・。
普段とは少し違った複雑な思いを胸にしまいつつ、上高地に向かったrvcar

**************************************************************

2015年8月14日(金)
前日の夜に松本ICから30分ほど車で走った場所にある「道の駅 風穴の里」で仮眠。

朝、5時頃準備していると、上高地方面からゴロゴロっと雷の音・・・thunder

でも、天気予報では朝の雨さえあがればその後は天候が回復するとのこと。

天気予報を信じて、上高地手前の沢渡駐車場でタクシーに乗り換え上高地へ入る。
タクシーは1台4,200円。4人集まればバスより安いのよnotes

a.m7:30 上高地バスターミナルで準備完了。
今回の槍ケ岳山行メンバーは・・・
やんたろう(リーダー)、ちぃたろう、あっきー、たくぞーの4人ヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノCimg4562          仲良くいきましょな。


出発直前、梓川に虹がかかってた! 吉兆の予感??Cimg4564


上高地から横尾までは一昨年の奥穂高岳と同じコース。
高低差はほぼないが、3時間かけて北アルプスの懐まで進んでいくclover

雨が降ったりやんだりしながらの天気の中、たまーに日差しが森を照らすとキラキラ川面が光って、美しいの一言shineshineshineImg_1077          まるで神の降臨じゃー!

苔と緑のコントラスト。これが上高地の人気の理由heart02
森林浴とマイナスイオンで心も体もリフレッシュしまくりでしょnoteImg_1075


a.m9:50 徳澤でお決まりの美味ソフトクリーム休憩。Cimg4567


a.m11:00 横尾でもお決まりの美味醤油ラーメン休憩。Cimg4570          奥穂の時とまったく同じやないか。 でも美味しいんだもーん( ̄ー+ ̄)

前日、車でほとんど眠れなかったあっきーは15分昼寝・・・sleepy Cimg4572          いーよいーよ、ゆっくり休も。 


p.m0:15 ここ横尾は、槍ヶ岳までのちょうど半分の地点。 
      距離はあと11km。でも標高差はまだ1,000m以上・・・。Cimg4576


さて、横尾でだいぶのんびりしたが、そろそろ今日の宿泊地「槍沢ロッヂ」に向かって歩き出そう。Img_1076


頭上注意の注意書き。 見ると・・・Cimg4578


今にもガラガラガラッときそうな岩だらけの斜面。急いで通り抜けてしまおう。Cimg4579


p.m1:40 槍沢ロッヂeventに到着。 今日はここまででおしまーいscissorsCimg4580


そんなに頑張ってないけど、もちろんビールでかんぱーいbeerCimg4585


槍沢ロッヂはお盆の時期もあってやはり混んでた。布団3枚に4人で寝たけど、これってまだマシなのかな?? Img_1091_2たくぞーは夜中にやんたろう&ちぃたろうに布団から押し出され、談話室で寝たらしい・・・。ゴメンちょsweat01

すっかり雨もあがって、明日の晴天を予感させる星空も見えたこの日の夜。
もうワクワクがとまらなーい!Img_1093




夜7時には就寝。明日はたくさん歩くからしっかり休まないとね。

**************************************************************

2015年8月15日(土)

a.m3:00に起床。 朝ごはんはお弁当にしてもらい、3:40に宿を出発clockImg_1073




ナイトハイキングだぜmist Img_1097


道は槍沢ロッヂを超えると傾斜が厳しくなってくるけど、さすが人気のコースだけあって整備はバッチリ。ナイトハイクでもそんなに危ないとは感じなかった。
むしろ、満点の星空を眺めながら、涼しい間に標高もある程度稼げるのでオススメかも!!

a.m4:40 キャンプ場のババ平を超えて、大曲に差し掛かる。Cimg4594


ここから10mほど雪渓歩き。Cimg4595



今年はあんなに猛暑続きだったのにまだ雪が残ってるなんてね。ちょっとビックリ。
たくぞーいわく、「この厚みはT800(80cm)だな( ̄▽ ̄)」とのこと。Img_1092     なんじゃそりゃ。 T-800?? たくぞーの製造番号か!?

雪はがっちり固くてほぼスケートリンクみたいだった!
転ばないように1歩1歩注意しながら歩こうrunImg_1096          おっと、滑ったー( ̄○ ̄;)!

5時を過ぎて少しづつ明るくなってくると、周りにお花がたくさん咲いていることに気がついたtulipCimg4596  この綺麗なお花はなんていう名前なんだろね??相変わらず花の名前に無知すぎsweat01

a.m5:20 いよいよ夜明け。 太陽が山肌を赤く照らしはじめる。Cimg4599

ただ、このくらいの時間帯はとにかく冷える。加えて、3時に起きてから早2時間半なにも食べていない・・・。 もうシャリバテだー。

遥か先をずんずん進んでいくリーダーやんたろうに大声で「朝ごはん食わせろー!もう動けーん!!」と叫びなんとかその歩みを止めさせる。

a.m5:30 天狗原分岐にて待ちに待った朝ごはん。Img_1071
槍沢ロッヂ特製のちらし寿司riceball  とっても美味しかった!ボリュームもバッチリ。
これでまた元気に動けそう( ̄ー+ ̄)

ここまでくると周りの景色はすっかり北アルプス。 
相変わらず岩稜帯のゴツゴツした感じが冒険心を沸立てるし、空の青さは街中のそれとは次元が違うし、小さいお花は可憐だし・・・。 Img_1070     
あー、もう本当に好きだーnotesnotesnotesnotes

ところで昨日から今までまだ槍ヶ岳の姿をまったく拝めていなかったのだが・・・

それは突然現れたのだった・・・。 おー、ついに槍の頭が見えたー!!Cimg4607


少し見え始めると、途端にその存在を主張しまくる槍ヶ岳。。Cimg4612     えー、えー、ワタクシが槍ヶ岳です。 カッコイイでしょ?  

でけーよ、いきなりその存在感かよって感じ。 

でも、ようやく目的地がはっきりしたところで足取りも少し軽くなってきた!
あの頂まであと2時間・・・。 はりきって行ってみましょーか(≧∇≦)Cimg4608






【ここまでのきろく簿】

<1日目>

沢渡駐車場(7:00)-上高地バスターミナル(7:30)-明神(8:30)-徳澤(9:30~9:50)-横尾(10:50~12:15)-槍沢ロッヂ(1:40)

行動時間:6時間40分 ※休憩含む

<2日目>
槍沢ロッヂ(3:40)-ババ平(4:00)-大曲分岐(4:40)-天狗原分岐(5:30~5:50)-・・・



その2へつづく


↓ぽちっとお願いします。その2からは素敵な景色がどんどん出てきますよー↓
              にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

« 快晴の爽やか登山 日光白根山の巻 | トップページ | 念願の槍ケ岳にいざ挑戦!その2 »

(北アルプス)槍ヶ岳」カテゴリの記事

コメント

おーっ!ついに槍ヶ岳に挑戦したんですね~♪
ウチはようやくママが涸沢についてきてくれそうな感じになってきたので、
来年あたり挑戦しようと画策中です(笑)
お盆休みは後半から結構いい天気でしたからね~♪
日頃の行いが良かったんですね。
ウチは真っ白けでしたけど・・・・
続きに期待してます♪

くぅパパさん
行ってきましたよー! 念願叶いましたヽ(´▽`)/
予備日を考えていたおかげで後半の晴れに予定をずらすことができたので
ラッキーでした☆
涸沢ということは、くぅパパさんは奥穂とかですか?
北アルプスはどこを切り取っても最高ですよね!

槍ヶ岳に挑戦されたのですね。私も3度行きましたが、最後に行ってからもう5年以上の月日が流れています。来年あたりはまた行きたいですね。私は初登頂は西鎌尾根でしたので、やはりこちらかのコースが王道ですね。大天井からくるコースはずっと槍がみえるので一番いいかもしれませんけどね。私も今年は5年ぶりに犬なし登山で針ノ木、蓮華、蝶ケ岳、小太郎山 北ア 南ア行ってきました。

〉飛行船さん
槍ヶ岳、3回も登られてるんですか⁉︎
犬連れ登山でもコースタイムを縮めるだけの脚力を持ってるのは、バリバリの山男さんだからですね‼︎すごい!
私はどちらかというと、もうしばらくは槍ヶ岳はいいかな。という感じです。
登る山より見る山?←生意気(⌒-⌒; )
今後は飛行船さんが登られた山のように、もう少し山深い場所にも行ってみたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1736273/61252792

この記事へのトラックバック一覧です: 念願の槍ケ岳にいざ挑戦!その1:

« 快晴の爽やか登山 日光白根山の巻 | トップページ | 念願の槍ケ岳にいざ挑戦!その2 »