フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月21日 (日)

梅雨ならでは!みずみずしい八ヶ岳を歩こう 編笠山の巻

2015年6月20日(土)

前日は夜まで雨がしとしとrain 強くなったり弱くなったり・・・。

今年の梅雨も例年以上に異常気象の予感がしておりますが、そんな時期でも行ける時は山に行っておかないと本格的な夏登山に向けて体作りが間にあわん。

お昼過ぎまで行くか行かないかうーん・・・どうしよ?とうじうじしていたけど、青年小屋に問い合わせたところ「大丈夫じゃないっすか。。」というポジティブな返答に重い腰を上げて多少の悪天候でも行ってみましょか!?と決断!!

大好きな南八ヶ岳の編笠山へ初登山です。

********************************************************************

a.m6:30 観音平駐車場で、いつものメンバーやんたろう、ちぃたろう、くぅたろう、あっきー、しし丸が集結。 朝ごはんを食べたりトイレを済ませたりと準備を進める。Cimg4317
天気は意外にも雲の合間から青空がちらちら。天気予報では午前中はなんとか青空も望めそうな感じ。逆に時間が遅くなるにつれて雨や雷も・・・。 
午前中に山頂まで行けるかな?

a.m7:00 観音平駐車場の奥にある登山口から出発shoe
登山届は前日に長野県警へインターネット投函済み! 便利な世の中ですなぁ。。Cimg4320

まずは爽やかな新緑の林をウォーミングアップを兼ねてのんびり歩いていくcloverCimg4321

山ツツジもまだ残ってた。やはり緑の中にオレンジ色や青空の水色が入ってくると写真がパッと明るくなるねshineCimg4324

久々の本格登山にやる気100%のくぅたろう。あんまりガツガツ引っ張るとあとでバテるぞーCimg4327

a.m7:50 雲海展望台に到着。 雲海はどこだ!? 樹林の中で展望もないぞー(^-^;
でも、ここからどんどん道は険しくなるから少し休んでいこriceballCimg4332
少しずつ登山道に岩が現れるようになり、傾斜もキツくなっていく。Cimg4336


くぅ「登るぞ登るぞ、楽しいなー。この岩場の雰囲気たまらんなー。あー、楽しい」Cimg4338

a.m8:40 押手川分岐に到着。 
ここから編笠山山頂へ行くか、青年小屋経由で山頂へ行くか分かれる。私たちは青年小屋へ向かうことに。Cimg4346

昨日までの雨で分岐には川が出来ていた。渡れない2匹弱虫ワンコdogdog 
おいおい、お前たちは立派なアウトドア犬だろ!? 小川くらいで怖がるんじゃないよsweat01Cimg4347

八ヶ岳ならでは、たっぷり清水を含んだ苔むした原生林は足元もふかふかで歩きやすいnoteCimg4348
Img_0636
苔の上にはイワカガミがたくさん咲いてたよ。栄養たっぷりな森だから花も嬉しそうねtulipCimg4352

こうゆう森を見ると、誰もが思い出してしまう「もののけ姫」 こだまめっちゃいそう(^-^;Cimg4353

登山道の中にはこんな丸太橋も・・・ 
くぅ「これは怖いよ。わ、渡れない・・・」Cimg4354

しし丸は水たまりにどぼん・・・ しし「落ちましたけど、それがなにか?」Cimg4355どっちもしっかりしておくれヾ(;´Д`A

a.m10:30 そんなこんなで出発から3時間半。ようやく青年小屋に到着。つかれたーsweat02Cimg4358

これがかの有名な
「遠くの飲み屋」の赤提灯ですか! 
お初にお目にかかれて嬉しゅうございます!! Img_0610

あんまり嬉しいので、編笠山をバックにヤマネチポーズ決めちゃいます(≧m≦)Cimg4365
しばらく休憩していると、外人さんに話しかけられた。(もちろん日本語で・・・sweat02
なんでも、くぅと同じテリア系のワンコと10年間あちこちの山を登っていたらしい。その数1,000回以上!大先輩ですよ!!今年で11歳になったため、ワンコは登山引退。だから、こうやって犬連れ登山を楽しんでいる人を見かけると嬉しくなっちゃうんだって。喜んでもらえて嬉しいです。Cimg4360ブログを教えてほしいって言われたんだけど、見つかりましたかー??

a.m11:20 気がつけば1時間近くも青年小屋で休憩しちゃった。
さて、いよいよ編笠山山頂へいってみましょ。。

って、あまりの岩場にくぅたろう動かず!!小型犬にはちと厳しいか、この岩場・・・sweat01
仕方ないので、いやはや谷川岳以来の3年ぶり「くぅたろう in リュックsign03の出番でございます∑(゚∇゚|||)Img_0653

7.5kgの荷物入りまーす。。 通常の宿泊登山よりも重い荷物になりまーすsweat02

くぅ「迷惑かけます。あっ、落とさないようにゆっくり歩いてくださいね。あっ、あまり揺らさないように・・・。あっ、ああ。。」Cimg4367

青年小屋から大体標高差50mくらいかな? 普通に歩けば10分程度で超えられる岩場を20分近くかけて登っていく。やんたろうにとってもっともキツイ20分になりましたとさ。 
おや、奥にギボシと権現岳が見えるね!!Cimg4369
担がれたくぅたろうは途中で居眠りしやがった。。なんとまぁ恩知らずの犬だことpunch
くぅ「この揺れがなんとも眠りに誘ってくるんだね。。」Img_0657

その後、無事に岩場を超えて最後の登りを詰めていくと・・・Cimg4371


p.m0:10 編笠山山頂に到着!!(標高2,524m) 
今年初の2,500m超えだぜ、いぇいヽ(´▽`)/Cimg4372

山頂についた当初は一面雲に覆われて何も見えなかったんだけど、時間の経過とともにどんどん雲も動くのであっちの眺望が開けたり、こっちの眺望が開けたり・・・sun Img_0623
くぅの凛々しい姿を1枚!! 本当に女の子ですか・・・?Img_0676

西岳方面はこんな感じ。 こっちからも登って来られるんだよね。Img_0629

こっちは富士山方面。 肉眼ではちらっと見えたんだけど写真じゃ分かんないねCimg4386
おっ、権現岳方面の雲が切れてきたよーfujiCimg4389
八ヶ岳といえばやはりこの岩山の感じだよね。 いいじゃん、見えたじゃーん!!Cimg4392

権現岳の左奥に赤岳・阿弥陀岳も見えそうなんだけど・・・ うーん、ちょっと雲が厚いかな?Cimg4396

山頂は広いので、みんなのんびり雲の動きにあわせてコロコロ変化する景色を楽しんでました。Cimg4398
トットコ登山部もちょっと昼寝ターイム。。 朝早かったから人も犬もうとうとしちゃうのですsleepy
Img_0671



p.m1:15 1時間も山頂でのんびりしてしまった。 さて、下山しますかね。 
下山は青年小屋を通らず、直接観音平駐車場を目指します。Cimg4399

今回のコースで唯一のはしご。 でも、脇道もあるのでワンコたちははしご通らず通過OKCimg4401
1日の間でほとんどの時間が曇りだったけど、たまに太陽が顔を出すと八ヶ岳の森がみずみずしさを増すようにキラキラ輝き始める。 苔むしたこの感じ好きだわーheart04Cimg4402

p.m4:00 しし丸はここまでロングハイキングが初めての経験だったので、下山途中かなり苦しそうだったけど、(歩かなくなること多数・・・down 抱っこしたりおやつでごまかしてみたり大変!)なんとか無事の下山。 
結局7時出発して9時間の(休憩多数だが)超ロングハイキングになってしまった。。
久々に膝が痛くなるくらいすごい疲れましたわ。。Cimg4403

でも、もっと悪天候も予想していたのでまさかの晴れ間もあって大健闘の登山だったかな?
権現岳も見れたしねfuji 
ちなみに、下山して5分後雷がゴロゴロと鳴り出しthunder、1時間後には雨がザーザー降りrainthunder
危なかったー!! やはり、八ヶ岳とは相性が良いんだなと自画自賛しちゃいました。

欲を言えば、権現岳も行っておきたかったー。 
去年は三ツ頭まで。今年は編笠山まで。権現岳だけがルート上でぽっかりと空いてしまってます。 むむむ、なんとかしなくては・・・(`・∞・´)



【今回のきろく簿】

上り:観音平P(7:00)-雲海展望台(7:40)-押手川分岐(8:40)-青年小屋(10:30~11:20)-編笠山山頂(12:10)

下り:山頂(1:15)-押手川分岐(14:30)-雲海展望台(15:20)-観音平P(16:00)

上り:5時間10分  山頂で休憩:1時間5分
下り:2時間45分 
合計:9時間  ※休憩含みます。


      ↓ぽちっとお願いします。 またブログを書く元気がもらえます↓
              にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村












2015年6月 6日 (土)

清里のあちこちを楽しもう

その1からのつづき

2015年5月31日(日)
午前中に飯盛山でのんびり登山(散歩?)を楽しみ、お昼前に駐車場に戻ってきたトットコ登山部。

お昼ごはんにはまだ少し早かったので、飯盛山登山口のすぐそばにある野辺山駅で撮り鉄cameraになってみた。
ここはJRの鉄道最高標高駅なんだって。へ~。知らなかった・・・
鐘があるからとりあえず鳴らしてみたよ。Cimg4288思いの他、カーン!!って大きい音が鳴って、ビックリしたくぅが暴れだし、危うく下に落ちそうになった・・・!! あぶないことはやめましょう・・・∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

そうこうしているうちに、タイミングよく電車が通った! 「撮り鉄しなきゃ!」とカメラを構えるやんたろう|゚з゚)Img_0533



そして、その作品がこちら。 
「オレ、結構才能あるんじゃね?」( ̄Д ̄;;Cimg4285

野辺山駅で鉄道オタクを堪能した後、お昼を食べに移動。
今日はくぅも一緒に入れる鉄板焼きレストラン「Samu's Kitchen」Cimg4295
注文してから奥でマスターが野菜を切って、ハンバーグをこねて、鉄板で焼いてくれるという、本格的な鉄板焼きのお店。 うーん、楽しみnoteCimg4296

くぅのごはんはありませんがなCimg4299

まずはやんたろうが注文したビーフハンバーグ定食。美味しそうでしょ!Cimg4301
ちぃたろうはランチ限定の石焼ロコモコ丼。肉汁たっぷりであっつあつのハンバーグがめちゃ旨かった(* ̄ー ̄*)Cimg4304この本格的な料理がどちらも1,200円。お手頃でとっても美味しくて最高のランチでした。

お腹いっぱいの我々は、まだまだ清里高原を楽しもうと今度はサンメドウズ清里rvcar
冬はスキー場なんだけど、夏の間は無料でスキー場エリアが解放されているらしい。
ここから見える赤岳は今日1番の景色だったfujiCimg4307

ちょっとスキー場をお散歩してみたら、反対側には金峰山、瑞牆山、甲武信岳etc…奥秩父の山並みも見渡せた。Cimg4308

この景色を見たやんたろうは、さらにスキー場をガンガン登っていく。 ねぇ、ここ歩いていいの~??Cimg4309

下の駐車場からかなり登ってきたけど、まだ先に進んでいく。おーい、どこまで行くんだよ~(;;;´Д`)Cimg4310

結局、スキー場のてっぺんまで歩いてしまった・・・。 標高差600mくらい・・・??
飯盛山より登っちゃってんじゃんよsweat01Cimg4314

しかし、どうやら私たちが歩いてきた道は今の時期は立ち入り禁止区域だったらしい・・・。
リフト乗り場のおじさんに「帰りはスキー場は歩いちゃダメだよ。リフトは往復チケットのみで1人1,100円だけどどうするかい?もし歩いて戻るなら、別にある登山道を行ってね」と怒られてしまった。。。すみません・・・_| ̄|○ 

あー、疲れたー。 登りだけで1時間歩いたのに、下りも1時間だよ。。
山頂にあるカフェで休憩してからしっかり1時間かけて登山道を歩かせていただきました。。メッチャ疲れたよ~sweat02Img_0536

ここから、さらに1時間半歩くと赤岳の手前にある牛首山まで行ける。そして、そこから赤岳へも登れるんだって。。真教寺尾根ルート! 今度はきちんと装備をそろえて牛首山までくぅも連れて行けたらいいな。Img_0538




なんだかんだで午後もしっかり歩いてしまったトットコ登山部。夏の登山に向けてトレーニングの1日になりました。

最後に1番のお気に入りのソフトクリームを食べに清泉寮へ向かい、大満足の1日となりました。

【今回のきろく簿】
野辺山駅(撮り鉄)-ランチ(samu's Kitchen)-サンメドウズ清里(3時間半の登山)-清泉寮(ソフトクリーム)-帰宅

↓ぽちっとおねがいします。またブログを書く元気がもらえます↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2015年6月 2日 (火)

八ヶ岳の大展望をお散歩気分で楽しむ山 飯盛山の巻

2015年5月31日(日)
5月最後の日曜日。朝もはよからこんな贅沢な景色を眺めておりました。Cimg4242
ここは山梨県にある超有名な観光名所、清里
本日はトットコ登山部が愛してやまない八ヶ岳を、こっちから、そしてあっちからと眺める登山でございます。

******************************************************************

前日の夜に自宅を出発し、「道の駅南きよさと」で車中泊。 
この道の駅はちょっとした散策路があったり、ドッグランがあったりでくぅたろうdogにはもってこいの場所。 
朝、4時半からワフワフ鳴かれ
(起きろ―!遊べ―!の意味sweat021時間近く道の駅内をうろうろ散歩させられたわい(-゛-メ)

もう少し遅い時間までいれば地元のお野菜も購入できたのかしら??Cimg4233

a.m5:30 道の駅を出発し、道の駅から10分ほど戻った国道沿いのガストで朝定食を堪能し、そこから清里駅方面へ向け再出発。

a.m7:30 飯盛山の登山口になる平沢峠駐車場に到着。
もうすでに八ヶ岳の展望がばっちり。
観光客も多く訪れるようで広い駐車場が完備されている。トイレも完備。しかし、まだ朝早かったからなのか閉まっていた。Cimg4236

a.m7:45 ぐだぐだと準備をしてようやく出発。 
まずは、駐車場の横にあるしし岩へ向かう。岩の上から八ヶ岳がどかーんと見えるそう。Cimg4238

のぼれのぼれー。がんがんのぼれー!!Cimg4239


a.m8:00 しし岩から八ヶ岳どどーん!! かーっこいいわぁぁぁぁぁheart02
若干、山頂部分に雲がかかってしまっているけど、それもまたヨシnotesCimg4240

a.m8:10 いったん駐車場に戻り、今度は飯盛山へ向けて歩き出す。
予定のコースタイムは・・・・・・・・1時間scissors あらま、ラクちん登山ね。Cimg4243

よーし、今日もはりきってお散歩するぞー!(もはや登山ではない・・・sweat01Cimg4244

道の脇には山ツツジがたくさん咲いていて、初夏を思わせるすがすがしい空気に包まれているshine Cimg4247

気持ちいいねぇ。。 まだつぼみも半分くらい残っていたから、満開は今週か、はたまた来週かな?Cimg4250

a.m8:35 登山口からしばらく樹林帯の登りで標高を稼いだ後、少し脇道にそれたら一気に展望が開けた!Cimg4251

あぁぁ、南アルプスはぜんっぜん雲の中だぁぁ( ̄Д ̄;;
やはりトットコ登山部とは相性が良くないのか!? 我々にとっての魔の山、南アルプス・・・downCimg4252

奥に綺麗な三角形がひょこって飛び出しているのが見えるeye
あれがこれから向かう飯盛山。お椀にご飯を山盛りにした形に似ていることから飯盛山の名がついたらしい。なるほど・・・coldsweats01Cimg4254

気持ちの良い尾根歩きがつづく。。くぅたろうはあっちをくんくん、こっちをくんくん。非常に上機嫌でございますnotesCimg4256

振り返るとラブ八ヶ岳heart04八ヶ岳は何度行っても晴天に恵まれる相性抜群の山。だから好きよheart01 今年も行けるといいなぁ。。Cimg4267

ツツジも満開。 奥の白い花は・・・? なんだろうね。桜のような花でした。綺麗。Cimg4261

a.m8:40 飯盛山の山頂近くまで尾根歩きを楽しむと、こんな看板を発見。「も一息」だとさ。Cimg4263

こんな尾根歩きなら山頂はまだまだ先でもいいくらいよ。Cimg4271

でも、さらに看板発見「飯盛山すぐそこ」すぐそこって・・・sweat01 どんな距離案内じゃい!?Cimg4272

最後まで歩きやすい道がつづく。これなら犬連れでも親子連れでもおじいちゃんおばあちゃんでも誰でも登れちゃう。Cimg4274


a.m9:00 飯盛山山頂に到着(標高1,634m) 
登山口からわずか50分のお散歩登山でした\(;゚∇゚)/Cimg4275

山頂だけなぜかものすごい強風で、ぱぱっと写真を撮って即座に退散!Img_0525
風に吹かれる変顔くぅたろう・・・ か、かわいくない(;;;´Д`)ゝ


南アルプスは相変わらず雲の中・・・。Cimg4277ふーん、そう。私たちに見せる景色はないってか┐(´д`)┌ヤレヤレ


八ヶ岳もちょうど雲がかかってしまって、ホントは360度の大絶景を楽しめるはずなんだけどちょい残念downCimg4278

まぁ、仕方ないと山頂直下の開けた場所まで戻ってきて、ここで小休憩をとることに。Img_0529

dogちょっとよこせ!おらっ!!
やんたろうがよそ見している隙に盗み食いを敢行する悪犬くぅたろう・・・。ばれてますから!
Img_0531

a.m9:20 帰りは来た道から少し外れて、(というか、行きが脇道にそれたんだけど・・・)隣りのお山「平沢山」に登ってから帰ることに。
それにしてもつつじが本当に綺麗。花の山でもあるんだね。Cimg4268

a.m9:40 平沢山に登頂(標高1,653m) 看板が壊れてた・・・Cimg4279

ちょうど雲がこちらに流れてきて、山頂に着いた時はまっしろけ。タイミングわるしCimg4283

三角点にタッチしてもう下りましょう。。Cimg4280


a.m10:10 駐車場に到着。 あっという間におしまい。

【今回のきろく簿】

上り:平沢峠P(7:45)-しし岩(7:50~8:00)-登山口(8:10)-脇道に出る(8:35)
   -山頂直下(8:50)-飯盛山山頂(9:00)
下り:山頂(9:05)-山頂直下(9:10~9:20)-平沢山山頂(9:40)-平沢峠P(10:10)

上り:1時間15分
下り:55分
合計:2時間10分 ※休憩時間含む


         ↓午後もまだまだ続くよー!!まずはぽちっとお願いします。↓           

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

その2へつづく。。その2はおまけnote 

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »