フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

« ずっと急登!足が乳酸祭りだ!! 毛無山の巻 | トップページ | 八ヶ岳の大展望をお散歩気分で楽しむ山 飯盛山の巻 »

2015年5月11日 (月)

新緑とふかふか落ち葉の中を歩く幸せ 鼻曲山の巻

終わりまであと5行というところで、突然記事が消える絶望感・・・Σ( ̄ロ ̄lll)
はぁ~(-゛-メ) 久しぶりに味わいました・・・。

ブログを書くときは頻繁に保存しないといけない!!!
分かっちゃいるのにやってしまーう 

そしてもう一度書くのに必要な労力は、なぜか倍になるというふ・し・ぎ・・・( ̄○ ̄;)!

あー、ヤダヤダ。 

ということで、少しほったらかしにしていた登山山行の記事です・・・pencil 

*************************************************************************

GW初日に毛無山へ登り、翌日、体のありとあらゆるところがイターイ!状況になって、いったん家に戻ったものの、まだ休みは3日もある&天気もヨシsun

うずうず・・・。 どっか行きたいよねー。 なんか楽な山ないもんかね。。
なんて話しながら本をペラペラめくっていたところ、どうやら浅間山の隣にある「鼻曲山」っちゅーマイナーなお山が条件に当てはまっていそうな雰囲気がでており、こりゃ行くっきゃないね!と、性懲りもなくまたお出かけをはじめたトットコ登山部rvcar

2015年5月5日(火)

a.m4:30に自宅を出発し、圏央道~関越道の横を並行して走る一般道(!?)を爆走dash


(なぜならおバカなちいたろうの溢れるB'z愛のために、福井遠征なる強行を行ってしまい、GWのレク費が底をついてしまっていたからです・・・。 えへへ、もう地方公演にはいきましぇーん
嘘っぽい・・・(∩゚д゚)

a.m8:00 松井田妙義の先からくねくねの林道を進み、登山口の霧積温泉宿の跡になっている駐車場までやってきました。Img_0444


a.m8:30 準備をすませて出発。今回はいつものメンバーに加え、あっきーとしし丸も元気に参加rock
ここの水場、帰りにワンコの水浴びに丁度いいねー。 さっそく、寄り道sweat01

Cimg4172

歩き始めて20分ほどで車道に出た。霧積温泉に残る唯一の宿「金湯館」への送迎道路らしい。トイレもここの宿をお借りするしかないです。駐車場はただの空き地のみ!
私たちは鼻曲山山頂へ向けて、再び山の中へ入っていくことに・・・。Cimg4175

登山道は、ウッドチップが敷き詰められたような、落ち葉の絨毯のような、とにかくふっかふかで歩きやすい! 筋肉痛が残る体には最高の道だわnotesnotesnotes
       
くぅ「まだ筋肉痛なの? 体がなまりすぎじゃないのー?」 Cimg4177うっ、あまり責めないでおくれ・・・。君とは体年齢が違いすぎるのだよ。


駐車場から1.5km地点で立て看板を発見。まだ標高100mも登っていないくらいゆるやかーな道が続くshoeCimg4182


木々の間から見えた鼻曲山の山頂!なるほど。今日はいくつかの山の間をぬって山頂まで近づかないといけないらしい。Cimg4186


まだしばらくは樹林帯のふわふわ道をの~んびり歩いていこうupwardrightCimg4184


少し疲れたら顔を上げて深呼吸。 空が真っ青で気持ちいいsunCimg4188


途中、腰の高さまである笹薮の道をがっさがさ進んでいくと・・・Cimg4189

a.m10:50 行程中の唯一の難所? 
人間はロープにつかまりながら滑りやすい坂道を登っていく。 
くぅたろうとしし丸は余裕の4足歩行。こんな坂道へでもないぜってとこでしょうか(^-^;Cimg4190


知らぬ間に標高を稼いでいたのか、木々の間から折り重なるような上州の山並みを望むことができた。さらに奥にはまだ雪をかぶった尾瀬方面の山も見えるね!Cimg4195


あの山の向こうから来たんだよー。でも、今日はホント楽ちん登山だね。しし丸もご機嫌よdogCimg4198


a.m11:00 ようやく山頂のふもとまで辿りつき、ここから100mほどの急登を登ればもうゴール! がんばれ、がんばれupupImg_0437


a.m11:20 鼻曲山(標高1,654m)に登頂。Cimg4204駐車場には10台ほど車が停まっていたのに、途中だ~れにも会わずに静かな山行を楽しめました。犬連れだといろいろ気を使うので、withくぅたろうの時はマイナーな山の方が私は好きheart02 そうゆう意味でもすごくいい山だったなぁo(*^▽^*)o

山頂で15分ほど休んでから、帰りにちょっと寄り道して小鼻にも行ってみる。Img_0443

展望は、こっちの方が断然いいのねー! こっちで休憩すれば良かったな。Cimg4205


帰りはどんどん日差しが強くなってきて、葉っぱの色も綺麗なグラデーションCimg4212

行きはまだ少ししか開いていなかった山つつじも満開になってたよtulipCimg4214


p.m1:50
 駐車場に無事下山。
途中、歩かなくなったり抱っこをせがんだりしたしし丸も、最後までよく頑張りました!Cimg4216


やはり下りもだ~れにも会いませんでした。楽だし、展望もいいのになぜ??Why??

でも、私の中では群馬の山ベスト3に入るくらいいい山だったよー!
季節を変えて、また絶対来ようっと(o^-^o)Img_0441ねっ!! 
       くぅたろう&しし丸「いいよー。また来ようね。」



【今回のきろく簿】

上り:霧積温泉跡駐車場(8:30)-鼻曲山山頂(11:20)
下り:鼻曲山山頂(11:40)-小鼻(12:00)-駐車場(1:50)

上り:2時間50分
下り:2時間10分
合計:5時間 ※休憩含まない

☆おまけ☆
あっきーからくぅの首輪とリードをもらったよ。 ちょー可愛いね。いつもいつもありがちょheart02heart02Cimg4225

あんなに歩いたのに、帰りに寄った公園でまたもやハッスルするくぅたろうsoccer
お前の体力は底なしか!?Cimg4223

帰りももちろん下道を安全運転で・・・。 レク費のために仕事しよ・・・。。


       
↓ぽちっとお願いします。またブログを書く元気がもらえます↓
                                 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

« ずっと急登!足が乳酸祭りだ!! 毛無山の巻 | トップページ | 八ヶ岳の大展望をお散歩気分で楽しむ山 飯盛山の巻 »

(上信越)鼻曲山」カテゴリの記事

コメント

登山初めって 体が痛くなるのかしらねぇ~ 
今年に入って初めて使う筋肉さん達が ビックリ ってか!

さ~て今年の山行を楽しみに くうちゃん~ 待ってるよー♪

>チャクははさん
登山休みでもくぅの散歩で2時間とか歩いてたんですけどねー。
やっぱり登山で使う筋肉は登山でしか鍛えられないんでしょうね。
チャクははさんもいよいよ登山スタートでまた楽しみが増えますね☆

良い山ですね!なかなか犬連れで行ける山が無いので、参考にさせていただきたいです!
群馬住みなので、ぜひ行ってみたいと思います!

>eena78さん
犬連れにぴったりですよー!
岩場もなければ直射日光を浴びるところも少ないし、そして誰にも会わないし・・・笑
eena78さんは群馬住まいなんですね!群馬県はいい山たっくさんあって羨ましいです。
今年は浅間山、上州武尊山、平標山etc…予定はたっくさんですよ!!

ちいたろう様 サクラとスミレのブログに訪問いただきましてありがとうございます。私も訪問させていただきました。私も山登りが好きでいつか犬を飼ったら一緒に行きたいという夢をもっていましたので2012年の1月にサクラを2012年の12月にスミレを我が家に迎え入れました。2012年にはサクラと40回の山登り、2013年はサクラとスミレと50回の山登りを2014年にはサクラとスミレと60回の山登りしてきました。今年は現在24回というところです。低山から高山まで犬禁の看板のない山を登っております。現在サクラ174回 スミレ124回目の登山です。なんとか犬たちが元気なうちに500回を目標に登ってあげたいのですけど・・私もじっくり拝見させていただきます。今後とも情報交換を含めてよろしくお願いいたします。山登りのほかにも花めぐりもしています。

>飛行船さん こんにちは!コメントありがとうございます。
飛行船さんの登山回数には頭が下がります…。
私なんかまだまだひよっこですね(゚ー゚;
サクラちゃんとスミレちゃんの足元にも及びません笑
犬禁看板のない山=あまり情報のない山・・・
探すのにも一苦労しているので、こうやって犬連れ登山を楽しんでいる方と
交流できると私もとてもうれしいです!
今後ともよろしくお願いします☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1736273/59955954

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑とふかふか落ち葉の中を歩く幸せ 鼻曲山の巻:

« ずっと急登!足が乳酸祭りだ!! 毛無山の巻 | トップページ | 八ヶ岳の大展望をお散歩気分で楽しむ山 飯盛山の巻 »