フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月31日 (土)

真冬のゆるゆる登山といえばやはり! 天覧山~多峯主山~吾妻峡 

2015年1月29日(木)

翌日の雪予報snowを前に、「飯能の低山まで雪に閉ざされてしまったらこれは本格的にオフシーズンに突入してしまうでないか!?」(←くぅたろうが雪嫌いなので、基本的に雪山はやらないトットコ登山部ですsweat02 冬はくぅ様優先なのです。)と慌てて飯能へrvcardash

とはいっても、車で30分clock 目的地は実家のすぐそばにある天覧山
小さいころからもう何度も登っている勝手知ったる山なので、準備もそこそこにお気楽なゆる~い気持ちで出発です。

                    
写真なんて撮ってないで早くいこーよー。。Cimg3937a.m8:25 車はいつも通り飯能市市民会館に駐車して、目の前の登山口から出発footfoot

最初は舗装路。Cimg3939
a.m8:35 歩いて10分ほどでWCと東屋のある広場に出ます。霜柱がすごいねーupCimg3942
広場の先から山道に変わり、早くもハイライトflair 十六羅漢像を横目に・・・Cimg3945

プチ岩場(本当に超プチ!)を超えると・・・   せいやっ!!へへん、らっくしょう!!Cimg3946

                      
あっ、山頂が見えてきた~!!Cimg3948

a.m8:45 登山口からわずか20分。 天覧山山頂に到着(*゚▽゚)ノ (標高197m)Cimg3950
でも、わずか20分の登りでも、見える眺望はなかなかのものだったりします。
飯能の街並みと遠くにMt.ふじさ~ん!!Cimg3949お天気ヨシ。景色ヨシ。まだまだ余裕ちゃん。


なので、ここから次は隣りの多峯主山(とうのすやま)に行こう。

階段を一番下までどんどんおりて・・・downwardrightCimg3952
下りた分だけ登りかえし・・・upwardrightCimg3954
もう間もなく花粉の嵐が吹き荒れるであろう杉林を歩いていくshoeCimg3955

平日の朝なので歩いている人がだ~れもおらんわ(^-^;  でも静かでなんだか気持ちいいね。Cimg3957

多峯主山山頂直下はなんと鎖が登場! でも全く使わないで登れます。。ただ傾斜はけっこうなもので息があがっちゃう\(;゚∇゚)/Cimg3959
傾斜がキツくなるとすっげー嬉しそうにスピードがあがるくぅたろうは、絶対Mだと思う・・・。Cimg3960

a.m9:10 出発から45分。早くも2個目の山頂に到着。多峯主山(標高271m)Cimg3967
山頂にはベンチもあり、休憩するにはもってこい。Cimg3965

写真には写らないけど、スカイツリーまでばっちり見えた。空気が澄んでいて最高に気持ちいい。Cimg3964

遠くの富士山もやはり存在感が違うねfuji Cimg3966

さてと、このまま帰るんじゃまだ物足りない・・・。 せっかくだからもう少し寄り道して行こうと思い、今度は吾妻峡方面へ。

途中、参拝できるお社があったり(八幡神社)、Cimg3971

そこから眺める景色も結構素敵だったりする。。 
ちいたろうの家はどこだ?Cimg3970
その下には思わずクライミングしたくなる岩場があったり・・・(禁止されてます!)Cimg3972

木漏れ日の中をトレイルランばりにガンガン下っていくとrunrunCimg3974
a.m9:30 多峯主山登山口(八幡神社入り口)に下山scissorsCimg3975
その先500mほど川に向かって歩いていくと

a.m9:40 吾妻峡とドレミファ橋に到着。 
夏場はバーベキューや川遊びのお客さんで大賑わいの吾妻峡もさすがに人っ子1人いないっす!Cimg3979
♪ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド~♪と歌いながらドレミファ橋を渡り、Cimg3985
ここからしばらく入間川に沿って吾妻峡の河原を歩いていく。Cimg3988
ウサギ岩notes  左向きのウサギに見えますね~。 など、ポイントとなる岩場をいくつか超え・・・Cimg3989

カモさんいないかな~eyeと川を覗き込んだりしながらのんびり散策。Cimg3994

山道、河原の散策。 結構、変化に富んでいて楽しい行程じゃないかな。。ここ。Cimg3991

a.m10:10 吾妻峡の散策もおしまい。 ここから国道に戻ります。Cimg3995


国道を20分ほど歩いて、駐車場に到着。 2山+渓谷散策で2時間ほど。 ギュッと濃縮された飯能の低山。 うん、やっぱ好きだわ、この感じ~。

楽しかったね。くぅちゃん。。  まぁまぁね。Cimg3999




【今日のきろく簿】

天覧山登山口(8:25)-山頂(8:45)
-多峯主山山頂(9:10)-多峯主山登山口(9:30)
-吾妻峡(9:40~10:10)-駐車場(10:30)

合計2時間(※途中走ってます。標準タイムだと+1時間みてください。)

        ↓ぽちっとお願いします。次はいつ山に行けるかしら・・・?↓
                 
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
 

2015年1月26日 (月)

はじめてのお招きわんこ

      ねぇ。。 なんか、くぅの城に侵入してきたヤツらがいるんだけど・・・(-ε-)Cimg3905ここはやんたろうとちぃたろうが苦労して手に入れた城です。くぅの城ではありませんよ。

      ねぇ・・・! くぅのコタツに入ろうとする無礼者がいるんだけどぉぉ!!(`ε´)Cimg3906くぅのコタツではありません。みんなで仲良く入るためのコタツなのですよ。。

 ねぇぇぇぇ!! どうして、くぅが下であいつがソファの上なの?くぅのソファなのに・・・(≧ヘ≦)Cimg3912いい加減、君は思慮深さというものを学びなさい。 

                  いやだね。くぅのソファだもん。(# ̄З ̄)Cimg3923



                      こんばんはー!!!!Cimg3908はい、こんばんは。元気が良くてよろし。

                 くぅちゃんです。今日はお招きありがとうございます。。Cimg3909いえいえ、こちらこそわざわざ来てくれてありがとね。

                えっ、今日も可愛いって?知ってますってheart04
Cimg3914

・・・・(・_・) ううん、言ってない。。    ・・・sweat02 うそうそ。今日もくぅちゃんにメロメロよheart02



ということで、あっきーとくぅちゃんとしし丸が遊びに来てくれました。(しし丸おしり・・・(゚ー゚;)Cimg3926
ダブルくぅはとっても仲良し。シンメトリーleftrightってやつですか!?Cimg3928

散々家で遊んだあと、気がつくと仲良く一緒にねんねしてました。。sleepysleepy Cimg3931

翌日は3匹仲良く狭山湖をお散歩。 のんびり3時間も歩きました。Cimg3933

たくさんのワンコと挨拶もできて大満足の様子。 (くぅたろうがめっちゃ吠えて恥ずかしかった・・・)Cimg3935

楽しい2日間をどうもありがとうヽ(´▽`)/


※しし丸の写真が全然なぁぁい(#゚Д゚)y-~~って、あっきーの声が聞こえてきそう・・・sweat02
 まぁまぁ、3月の登山の時にってことで・・・(∩゚д゚)アーアーきこえなーい



             ↓ぽちっとお願いします。またブログを書く元気がもらえます↓                

                     にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2015年1月 4日 (日)

季節を間違え超地味登山に・・・。 天城山の巻

2015年、明けましておめでとうございますヽ(´▽`)/

年明け早々寒さが一段と増し、年始登山もすっぽかしてコタツで食っちゃ寝してしまったトットコ登山部です(-.-)zZ
今年の初登山はいつになることやら・・・( ̄Д ̄;;

相変わらずヘッポコ&ぐーたらがよく似合う我々ですが、みなさん、今年もどーぞよろしくお願いいたします。

***********************************************************************

さて、今回は年末の2014年締めくくり登山です。

2014年は過去最多となる登山を行いました。

しかーし!

最後の最後まで百名山踏破にこだわる我々は(←いつから!?)、雪のない日帰り可能な楽ちん登山をシビアに探し出し、辿り着いた場所は伊豆半島の真ん中にそびえる「天城山=万三郎岳」でした。

ここは、もうコースを調べている段階から
「・・・・・(-゛-メ) 微妙だな、おいsweat02と思わざるを得ない山でしたが、年末は各地で例年より早い積雪が観測され、私たちが行ける山はここしかありません。。。

仕方ない!! 百名山を1つでも多く稼ぐためだ!! ただその目的のためだけに出発したのであります。

**********************************************************************

2014年12月30日(火)

家をa.m5:30に出発。 
2014年についに開通した圏央道―東名道のおかげでいつもより1時間も早く目的地へ到着できた。

a.m8:00~9:00 東伊豆マリンタウンにて朝定食(あじの開き定食)をいただく。うまいheart04

a.m10:05 天城高原ゴルフ場の駐車場に車を停車。50台くらいは余裕で停められそう。
       ただし、現在は駐車場のトイレが冬季閉鎖中のため、トイレはゴルフ場で借りる。Cimg3832

a.m10:15 駐車場の脇の登山口からいざ出発shoeshoeshoeCimg3833

今回はシャクナゲコースの周回を進みまーす(*^-^)Cimg3834

コースは基本的に雑木林の中の静かな登山道が延々に続いている感じ。。
苔むした岩場もあちこちにあるので、滑らないように気をつけて歩こう。Cimg3835

樹皮がツルッツルの木を発見! なんていう木なんだろう・・・? サルスベリ??Cimg3838

a.m10:30 最初の分岐「四辻」 
  今回は、万二郎岳を超えて万三郎岳を目指す行程。なので、分岐を左に曲がります。Cimg3842

特に開けた箇所もなく・・・dash  梯子や岩場といったスリリングな箇所もなく・・・dashCimg3844

ただひたすらに雑木林の中を歩いていく・・・ι(´Д`υ)アセアセCimg3845

途中で、くぅたろうのご飯タイムriceballなどありましたが、Cimg3849

       なんか、ずーっとおんなじ道だね。 もっと面白い岩場とかないの?Cimg3847うーん、たしかに。変化が何もありませんなぁ~(;;;´Д`)

a.m11:20 万二郎岳に到着! 展望ナシ!! 滞在時間わずか2分!!(゚ロ゚屮)屮 Cimg3853


まぁまぁ。。 まだまだこれから\(;゚∇゚)/  気を取り直して・・・

続きましては、天城山の最高峰、万三郎岳へ進みましょう。。
大丈夫、きっとここから何か変化が見えてくるはずだから・・・と自分に言い聞かせるsweat01Cimg3854

ほら! 少し展望が開けた!! 私たちが目指す万三郎岳はあの山のさらに奥にあるんだな。Cimg3860

ということは、いったん下って登りかえしになるのかぁ。。
稜線歩きではない・・・ う、うーん( ̄◆ ̄;) 再び押し寄せる微妙な空気。。Cimg3859

今回のルートで唯一くぅたろうがギブした難所(?) 4段の丸太の階段。
この状態で固まりました・・・笑Cimg3866

アセビのトンネル。Cimg3871

花の開花に合わせて来れば、きっと見事なお花のトンネルになるのかな?
花期は3月~5月だそう。。 もしかして、来る時期を間違えたのか!?Cimg3874

途中で見えた唯一の展望は、木々の間から見えるゴルフ場のみ。。。 富士山はー!?(;д;)Cimg3868

p.m12:20 天城山(万三郎岳)登頂scissors
展望は・・・・ やっぱりナシ!!! いやぁぁぁぁ∑(゚∇゚|||)Cimg3885

仕方ないので、やんたろう、ちぃたろう、くぅたろうで記念に三角点にタッチpaper 
これで、百名山をまた1つ踏破しましたね。 やったね。Cimg3883

富士山が木々の間からうっすら見えたけど、うーん。感動はいまいち。。Cimg3887

ここから山の西側を下山していくのだが、上りとは違って道の凍結がかなり激しいCimg3888
岩はほとんど凍ってて、少しでも足をのせるとツルリンすってんコロリンですわo(;△;)oCimg3889

気をつけつつも2回ほどツルリンと転び、もうっ、なんなんだ!この山はー!!と湧き上がる悶々とした気持ちを抑え、さらに苔むした山道を延々と歩き・・・Cimg3890

p.m2:20 あっ、「おつかれさまでした」の看板を見つけてしまった・・・。Cimg3892
以上で登山終了です。 ちーんil||li _| ̄|○ il||li




どうやら、天城山はツツジとかシャクナゲとかアセビとか、とにかく花の山だということらしいです。
なので、花の時期に合わせて来るのが正解なのね。 
完全に時期を間違えてしまい、これでは地元埼玉の山と変わんねぇじゃん!とツッコミたくなる登山となってしまいました。


別の季節にもう1回・・・・・・・   いや、もう来ないかな・・・・・? 
どうかなぁぁぁ  ┐(´д`)┌ヤレヤレ  それにしても地味だったわぁぁ。。


【今回のきろく簿】

上り:ゴルフ場(10:15)-四辻(10:30)-万二郎岳(11:20)-馬の背(11:36)
    -アセビのトンネル(11:40)-万三郎岳(12:20)
下り:万三郎岳(12:30)-石柱101地点(13:15)-ゴルフ場(14:20)

上り:2時間5分
下り:1時間50分

           
↓ポチッとお願いします。またブログを書く元気がもらえます↓
                   
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村












« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »