フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

« 紅葉最盛期のゆったり登山 常念岳の巻 その2 | トップページ | 変化に富んだ晩秋の絶景 四阿山の巻 その1 »

2014年10月 2日 (木)

紅葉最盛期のゆったり登山 常念岳の巻 その3

その1
その2
 からのつづき

2014年9月28日(日)

a.m5:30 空は雲ひとつない快晴。眼下にはどこまでも広がる雲海。
1日の始まりを告げる太陽の登場を、今か今かとじーっと待つ人々。
そう。これこそ朝の山の風景fujiCimg3365

やがて、太陽は急かされることもなくマイペースに「
おはようございますsun」と顔をひょっこり出し・・・Cimg3374

ゆっくりと、しかしとても力強い光で槍ヶ岳~大キレットの縦走路を赤く染めていくCimg3380

朝日に照らされた山肌の紅葉は、赤や黄色の色彩をますます色濃く映し出しCimg3381

そして、そんな1日の始まりと共に皆それぞれの目的地へと足を踏み出しはじめるのである。。Cimg3382



以上、常念小屋より朝のちぃたろうポエムでした。 ちゃんちゃん(* ̄ー ̄*) 
               
                  
ダウンはユニクロですが、それが何か・・・?Cimg3379



われらトットコ登山部は、朝日を見てからのんびりと準備を始め、

a.m6:45 常念小屋を出発。 
      今日は昨日とは反対方面の、大天井岳方向へ向かって散策してみることにしたfootCimg3384

駐車場に下山する時刻を午後1時頃に設定し、逆算しながら計算していくと、おそらく2時間30分くらいは散策にあてることが出来る。 さて、どこまで歩いていけるかな??Cimg3387

すぐに樹林帯に入るが、20分ほど登ると視界は一気に開けてくる。
昨日とは違い、穂高岳方面の景色がバーンと目に飛び込んでくるupCimg3390

右から北穂高岳、奥穂高岳、前穂高岳・・・。 3つの山の間に挟まれたくぼみが涸沢カールだねgoodCimg3395

こりゃまたずいぶんと贅沢な景色だことheart04 まるで山岳雑誌の表紙じゃないか!?Cimg3397


そして、奥には御嶽山の噴火も・・・。 
まるでどこかの遊園地のアトラクションのような、作り物なんじゃなかろうかと錯覚するほど現実感が沸かない風景でした。まさかこんな大惨事になってしまうなんて・・・。
同じ山愛好家として、とても辛く悲しい、そして恐ろしい気持ちがこみ上げています。Cimg3396 亡くなられた方には心よりご冥福をお祈りいたします。 
また、救助にあたられた自衛隊、警察、消防、そして山岳救助隊の皆様には心より感謝申し上げます。



こんなに美しい空と雲海。 あの日、きっと同じようにこの空を眺め、澄んだ空気を思いっきり吸い込み、心癒されていた人々が日本全国様々な場所に大勢いたんだよね。 
自然の美しさと恐ろしさ・・・。 そのあまりにも両極端な姿を同時に見せられ、戸惑いの気持ちがぬぐえません。Cimg3404

でも、この日確かに私たちは幸せだったんだ(゚▽゚*) どこまでも広がる素晴らしい自然に抱かれて、言葉では言い表せない充足感を感じていたんだ。 それは嘘じゃない。。そして、この気持ちをなくしてはいけないと思うのです。Cimg3407

こんな景色の中で飲む水はさぞかし美味しいことだろう? なぁ、やっちゃんhappy02Cimg3411

傾斜もほとんどない天空の散歩地は燕岳までずーっと続いているらしい。。 なんて贅沢なshineCimg3412

草紅葉も真っ赤っ赤!! 光に照らされてキラキラ光ってるよnote Cimg3414

雲海に浮かぶ山を眺め、あっちが八ヶ岳であっちは浅間山かな~?と詮索中・・・。 全部分かりましたか?Cimg3415
やんたろうの目の前には燕岳が! 山頂が妙に白っぽくなっているからすぐ分かるよup
いや~、こんなに贅沢な縦走路だとは知らなかったな・・・。 できれば燕岳まで歩いて行きたかったー!! Cimg3421

結局、引き返すのが惜しくなった私たちは大天井岳のふもとまで足を運んでしまったfootCimg3431


ここまで約2時間。そろそろ引き返さなくて下山予定時刻を過ぎちゃう。 
すごぉぉぉぉぉく惜しいけど、今回はここまでで終了!! あー、もったいないヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノCimg3432

「ありがとう!」の感謝をこめて1枚パシャリcamera 絶対、部屋に飾ります、はい。Cimg3428 

槍ヶ岳~穂高岳さん。最高にかっこいい姿を目に焼き付けたよ。いつか絶対歩いてやるからな。待ってろよ(*^ω^*)ノ彡Cimg3402

a.m9:00 常念小屋へ引き返す。 今度は目の前に常念岳を望みながらの縦走路です。Cimg3436

昨日登った常念小屋から常念岳山頂までの道がくっきり。 こんなの見せられたらますます充実感に顔がほころんじゃうねheart04Cimg3440

a.m10:30 常念小屋で小休止をとり、いよいよ下山へ。 さよ~なら~!また絶対来るね!!Cimg3442


下山開始直後、昨日よりさらに色濃くなった紅葉にびっくりmaple 1日でこんなに変わるものなの?Cimg3443

すっかり錦秋の装いとなった登山道をゆっくりおりていくdownwardrightdownwardrightdownwardrightdownwardrightCimg3445

いや、それにしても1日でこんなに紅葉が色づくなんてね。 すっごい綺麗じゃないmapleCimg3448

下山するのがますます惜しくなって、何度も振り返り・・・Cimg3450

美しい秋山に何度も溜息をついてしまいました。。(^-^;Cimg3449

標高がさがるにつれ、だんだん空気が秋から夏へと逆戻り。。 
爽やかな風から蒸し暑さが復活してきて、いつの間にやら汗だくだく・・・ 
沢沿いの道ならではの光景を最後にパシャリとな。Cimg3452


p.m13:00 無事、一ノ沢登山口に下山。 怪我なく山行を終えられてホッと一息なのでした。


【今回のきろく帳】

<その1>
一ノ沢駐車場(7:10)-一ノ沢(ヒエ平)登山口(7:40)-山ノ神(7:50)-大滝ベンチ-エボシ沢-笠原沢(11:00)-胸突き八丁-最終水場-第2ベンチ-第3ベンチ-常念乗越(12:30)

<その2>
常念小屋(1:30)-常念岳山頂(2:45~3:15)-常念小屋(4:00)

<その3>
常念小屋(6:45)-横通岳(7:30)-東天井岳(9:00)-常念小屋(10:30)-一ノ沢登山口(13:00)

<コースタイム> ・常念乗越まで        :5時間20分
             ・常念乗越~常念岳山頂 :登り1時間15分 下り45分
             ・常念小屋~東天井岳   :行き2時間15分 帰り1時間30分
             ・常念小屋~一ノ沢登山口:2時間30分
             ※すべて休憩を含む

      
         ↓ぽちっとお願いします。またブログを書く元気がもらえます↓


                 にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
                         にほんブログ村



« 紅葉最盛期のゆったり登山 常念岳の巻 その2 | トップページ | 変化に富んだ晩秋の絶景 四阿山の巻 その1 »

(北アルプス)常念岳」カテゴリの記事

コメント

登山楽しかったようで何よりです。

自分も御嶽山のニュースに衝撃を受けた一人です。

雨風雷には十分注意をはらってきたつもりですが、普段楽しんでいる鳥海山をはじめ、出かける山の情報をもう一度再構築しています。

「リスクは0にならない」このことを胸にこれからも山に登ろうとおもいました。

山記事楽しみにしています。では。

こんばんは、自分も今回の御嶽山に衝撃を受けた一人です。自分がよく登る鳥海山、岩木山、八甲田山系の情報を再構築している途中です。「リスクは0にならない」という言葉の意味もかみしめています。お互い、楽しい山登りを続けていきましょう。山記事楽しみにしています。

常念に行ってらしたのね~~~。お疲れ様でした&登頂おめでとうございます!
私の初めての北アルプスも一ノ沢から常念&大天井でした。北アルプスの入門コースだって聞いてここにしたんだけど、ホントに入門かよッッっていうくらいキツかったです。
私が行った時は真っ白で何も見えなかったんです!こんなに美しい景色だったんですね~~(TΑT)~
紅葉も素晴らしいし、ポエムも素敵ですわよ!あとユニクロもダウンも!

›jun777さん
こんにちは。コメントありがとうございます!
登山を趣味として続けていく以上、リスク回避については今まで以上に考えていかなくてはいけないなと再認識させられましたね。
登山届、ヘルメット、天候や現地情報の収集etc…
やるべきことがたくさん!
でも、それも楽しみながら出来るくらい山を好きになりたいなとも思います。
ただ、家族や友達に心配をかけてしまうことだけが心苦しくもあります。。
難しいですね。 とはいえ、山を辞める気は全然ないのですが・・・(^-^;

>spuiさん
こんにちは! spuiさんも同じコース行ってたんですね!
もう本当に素晴らしくて、このまま山の住人になってしまおうかと本気で悩みましたよ(笑)
せめて大天井岳までは行きたかったけど、1泊の限界でした。。
今度は、燕岳~槍ヶ岳までの表銀座を歩きたいですね。 絶対また行くぞー!おぉ!!
ユニクロダウン、旦那にバカにされているんです。 軽くて安くていいですよね!?ねぇ?

お天気で良かったですねsun
仲間と登る山も楽しいですよね♪

欲をゆうともう1日あるとなぁ~と思いますよね(^_^;)
休みさえあれば…と思うときありませんか(笑)

ちなみに自分もユニクロですが何か(笑)
ユニクロからダウンのパンツも出してほしいと思っているのは私だけか…

>Nakaさん
こんにちは。
うわーい、Nakaさんもユニクロ仲間ですね!
軽くていいですねよ。安いから粗末に扱えるし笑

もう1日休みがあればもっと楽しめたのに、もったいなかったです。
社会人ももっと休みがあればいいのにねぇ。。。

ちいたろうさん こんにちは。

常念に行かれたんですね。
それも素晴らしい天気ですね!

私が盆に行った時は 雨とガスで何も見えず。
山頂も大天井からの縦走路もダメ。
一ノ沢は川のようになっている場所もありました。

写真を拝見すると とても羨ましく思います。
やはり天気が全てですね!

>SANPOさん
こんにちは。
アルプスなどの展望登山はやはり天気が8割を占めちゃうかもしれませんね。
もう少し低い山だったら、雨なりに別の楽しみもあるかもだけど。
今年は夏がダメだった分、紅葉時期がアタリ年ですね!
もっとあちこち行きたいんですけど、夏から遊びまくってお金が…。。
こんなことならお盆とかもっと自粛しておけば良かったと後悔中です笑 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1736273/57554155

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉最盛期のゆったり登山 常念岳の巻 その3:

« 紅葉最盛期のゆったり登山 常念岳の巻 その2 | トップページ | 変化に富んだ晩秋の絶景 四阿山の巻 その1 »