フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

« 変化に富んだ晩秋の絶景 四阿山の巻 その1 | トップページ | おまけ 四阿山の帰りに »

2014年10月15日 (水)

変化に富んだ晩秋の絶景 四阿山の巻 その2

noteその1からのつづき

a.m10:00 出発から2時間30分かけて根子岳を越え、いよいよ四阿山への急登に挑むトットコ登山部。

先ほどまでの視界が開けた笹道から一旦樹林帯へ潜り込み、ひたすら厳しい登りを耐えながら1歩1歩山頂目指して歩いていくのみ((・(ェ)・;))Cimg3544

登山道は結構滑りやすく段差も大きいので、私たちのように登りに使うのはもちろんキツイが、逆回りで四阿山山頂から下ってくる登山者も危なっかしい感じsweat02 
どちらも声を掛け合いながら登山道を譲り合って進まないといけませんdash

ただ根子岳の登りに比べれば、標高差は300m程度。そこまで時間がかかることもなく再び稜線に出ることができた。ほら、もう根子岳と視線が同じくらいになってきた!?Cimg3546

a.m10:30 ここは、山頂へ行く道と、下山で菅平牧場に戻る道の分岐。 
       広場のようになっているので休憩には最適の場所riceball
       特に山頂はそこまで広くないので、今日のような登山日和の混雑日は
       こちらで休憩する方がのんびりできそう
                  あっ、ちょっと眠くなってきた・・・Cimg3548えっ!? まだもう少しがんばって!

ここから望む木々の間に聳える浅間山がすごく威圧的でオーラが出てた!カッコイイよねshineCimg3550

a.m10:50  いよいよ山頂への最後のアプローチ。Cimg3551  

植物を守るために木道の階段を登り・・・Cimg3552

こんな素敵な景色を眺めながら最後の坂道をエイヤッと登れば・・・upwardrightCimg3554


p.m11:00 四阿山山頂に到着 標高2,354mCimg3568

山頂からは浅間山方面が開けていましたfuji 
空にかかる雲は、これからやってくる台風の影響を少なからず受けているのか、筆を走らせたような勢いのある形でしたtyphoonCimg3560

草津白根山方面。こっちは雲ひとつない晴天sun Cimg3559

下を覗くと、上信越の低山がたくさん連なってこれもいい雰囲気。。 日本の山って感じcherryblossomCimg3563

達成感もあるけど、なんだか心が落ち着く雰囲気が漂ってました。 
                                          
ほぇ~、日本は最高やぁぁぁ(* ̄ー ̄*)Cimg3565

山頂は次々と登山客がやってきて、落ち着いて休憩することができずに10分ほどで下山を開始しました。
とりあえず、さっきの分岐がある広場まで戻ろう。Cimg3569

分岐を越えると再び景色が一変。 草紅葉がまだ沢山残っていて山肌が秋満開だねmapleCimg3572

振り返り四阿山を眺める。 一生懸命登ったのに、下る時はあっという間だなぁ・・・downwardrightCimg3573

中四阿付近まで下りてきた。 赤、黄色、低山の紅葉・・・maple
晩秋の雰囲気溢れる登山道をのんびり歩いていこうnoteCimg3574

看板が見つけられなかったけど、あの少しだけ盛り上がった岩場が中四阿でいいんでしょうか?Cimg3578

真っ黄色の木々を通り抜けながら少しずつ標高を下げていく・・・downwardrightCimg3579

p.m1:10 下山を始めて2時間。 
      樹林帯に入ってくると、落ち葉の絨毯を歩いているような登山道が現れた。
      次々と景色が変わって本当に飽きないなぁ・・・noteCimg3583

沢も出てきて、ゴールが近づいてきているような。。たぶんもう少しだよね?Cimg3584

この辺りはもみじの赤がすごく綺麗でしたmaple 
木によっては、まだ緑から赤に変化している途中のマーブル模様みたいな葉っぱもあった!
まだまだ紅葉を楽しむこともできそうですmapleCimg3590

p.m1:30 四阿山の登山口に帰ってきました。 はぁ、疲れた\(;゚∇゚)/Cimg3591

あとは駐車場を目指して舗装道路を5分ほど歩くのみ。 くぅたろうはまだまだ元気一杯の様子・・・sweat02
        dogくぅはあのすっごい高いとこまで行ってきたんだぞ!えらいんだぞ~!!
            taurusふぅ~ん、そりゃよかったねぇぇ。 もぉぉぉぉ~Cimg3597 まったく。君はもう1回おんなじコースを登っておいで・・・dash


p.m1:40  菅平駐車場に無事到着。
 ごほうびはもちろん搾りたて牛乳のソフトクリームでしょheart04
           
くぅにも絶対ちょーだい!! 一口だけでいいから。。Cimg3598  
いやだよ~ん!!



<今回のきろく簿pencil


登り:菅平牧場P(7:30)-東屋(7:50)-根子岳山頂(9:00)
    根子岳(9:15)-最低鞍部(9:50)-山頂と下山の分岐(10:30~10:50)-四阿山(11:00)
下り:四阿山山頂(11:00)-菅平牧場P(1:30)

(所要時間)
登り
:菅平牧場P~根子岳 1時間30分
   根子岳~四阿山    1時間45分
下り:四阿山~菅平牧場   2時間30分
※すべて休憩時間を含みます。
  



          
↓ぽちっとお願いします。またブログを書く元気がもらえます!!↓

                    にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
                           にほんブログ村

« 変化に富んだ晩秋の絶景 四阿山の巻 その1 | トップページ | おまけ 四阿山の帰りに »

(上信越)根子岳~四阿山」カテゴリの記事

コメント

おぉっ!これですよこれ!
手軽に登れる2000m級(笑)
最近の我が家はほかの用事が忙しくって、山に行ってないので、
冬が来る前に2000M級を登らないと~!と若干焦っております。

>くぅパパさん
今は8:2くらいでワンコが優勢ですか?笑
今週末はきっと秋晴れで四阿山も綺麗だと思いますよ!
ただ、手軽ではないですよー(゚ー゚; 結構キツかった・・・ 
張り切って登ってくださいね(*゚▽゚)ノ

くうたろうちゃん、立派りっぱぁ~
よく歩きましたね♪

牧場の牛のせいか?ノンビリゆったりとしたエリアですよね。
ここは冬場も良いですよ~

>NAKAさん
ここはスノーシューとかもできるみたいですね。
最初から終わりまでの~んびりした雰囲気が漂っていて
ほっこりした旅になりました☆
くぅはその中でも全身全霊フルパワーで
登ってましたが・・・笑

こんにちは~!
くぅたろうくん頑張りましたねー。
ここ、道は穏やかだけど行程が長いし、一回鞍部までぐぐっと下がって登り返すし、
けっこうハードですよね。
もう立派な登山家と言っていいでしょう!

>spuiさん
そうそう。
ここは写真見る限り穏やかだし楽勝かな?って思ってたんですけどね。
私1人だけヒィヒィ言ってました笑
くぅはもう山岳ガイド犬になっちゃえばいいのにって思うんだけど、
いかんせん、遅い人間を置いていく習性があるのでねぇ…。
まぁ、少なくとも私よりは立派な登山家だとは思います笑

こんにちは!

長野に住んでいた頃 菅平はスキーやバイクの林道巡りやらでよく行ってました。
根子岳は確かヘリスキーの発着地だったような気がします。

穏やかなトレッキングでいいですね。

>SANPOさん
こんにちは! この辺りはよく行かれてたんですか!?
私は初めてだったので、のどかな風景にほっこりしちゃいました。
すごくお気に入りになっちゃいました♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1736273/57685089

この記事へのトラックバック一覧です: 変化に富んだ晩秋の絶景 四阿山の巻 その2:

« 変化に富んだ晩秋の絶景 四阿山の巻 その1 | トップページ | おまけ 四阿山の帰りに »