フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

« 八ヶ岳の穴場絶景! 三ツ頭の巻 その2 | トップページ | 唐松岳から五竜岳 雲の上の縦走路 その2 »

2014年7月24日 (木)

唐松岳から五竜岳 雲の上の縦走路 その1 

2014年7月21日(月)~7月22日(火)
待ちに待った今年初の北アルプス登山。もうワクワクドキドキ(≧m≦)
1週間も前から荷作りし、去年の奥穂高岳登山の記事を見返し、
ビールを飲んでいる自分の姿に「
うぉーっ、早くこの瞬間を(*≧m≦*)」って悶えるワタシsweat02
はたから見たらかなり怪しい人だったかも…wobbly
********************************************************



2014年7月21日(月)
前日の夜に「道の駅白馬」で仮眠をとり、翌朝5:30に行動開始。
久しぶりにトットコ登山部へ参加のアッキーbleahとも合流!

今回のコースでは登り口と下山口が異なるので、まずは下山口となるスカイプラザ無料駐車場にアッキーの車を停め、その後私たちの車で登り口となる八方ゴンドラの無料駐車場に移動。
           ここはスカイプラザ無料駐車場。 100台以上余裕で駐車できそう。Cimg2707

a.m6:30 白馬のジャンプ台目の前の第6無料駐車場に車を駐車。ゴンドラ乗り場近くは1日500円の有料なので、貧乏登山部は徒歩5分のこの場所で…Σ(;・∀・)

隣の広場では熱気球が!! ワォ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ 係りのお兄さんに話しを聞くと、予約があれば毎日でも飛ばしているとか…。 今日は夏休みスタートで予約いっぱい!3機も飛んでましたcloudCimg2709

a.m6:46 八方尾根へのゴンドラに乗車。 
      2回乗り継いで第1ケルンまで一気に行けます。1人1,550円なりdollar
                     1つ目のゴンドラリフトアダムupwardrightCimg2710

                  2つ目のアルペンクワッドリフトに乗り換え~runCimg2711

雪もすっかり溶けて、この辺りは高山植物が満開だった!赤に黄色に白に… とっても綺麗tulipCimg2712

3つ目のグラートクワッドリフトに乗り換える途中は、ニッコウキスゲの群生がお出迎えshineCimg2713


3つのゴンドラとリフトで、なんと標高800mから一気に1,800mの世界まで移動完了upwardrightupwardrightupwardright
アルプスのような標高の高い山では、本当に乗り物さまさま!人工物万歳ヽ(´▽`)/

a.m7:20 リフト降り場の第一ケルンよりいよいよ今回の山旅スタートshoeshoeshoe
                   お久しぶりのアッキー登場!!Cimg2715

八方池までは観光客でも行けるように道が整備されて木道も完備
でも、結構な上り坂なので朝の体にはしんどいかも~sweat01 Cimg2716

今日初の雪渓を横目に木道をひたすら歩くこと40分clockCimg2717

a.m8:00 八方ケルンに到着note 
八方尾根には第1ケルン、第2ケルン、八方ケルン、第3ケルン(八方池)があるので、歩く時の目安になっていいかも(*゚▽゚)ノCimg2720

a.m8:10 八方ケルンから10分で八方池に到着! 
でも、ちょうど雲が池の周辺におりてきてポスターのような白馬三山と八方池の景色は見られなかった… 残念(;;;´Д`)Cimg2722

小休憩を入れ、a.m8:20 八方池から唐松岳へと再出発footCimg2723

5分歩いただけで八方池があんなに小さくなっちゃった。 それにしても山の上に池があるなんてなんだか不思議な光景・・・shineCimg2724

高山植物もあちらこちらで花を咲かせている。白い花はイワシモツケかな?紫の花はタテヤマウツボグサらしい(知識なさすぎなのでかなり怪しい・・・sweat02あってますか??)Cimg2725

八方池からは傾斜も徐々に厳しくなり、足元もゴロゴロした岩がたくさんあってかなり歩きづらい。 息もはぁはぁしはじめ、小休憩を入れながら少しずつ標高を稼いでいく(;;;´Д`)Cimg2727

八方池から40分ほど歩くと、雪渓の道をはっけーん! わずか100mくらいだけどちょっとテンションあがっちゃうわぁsnow アイゼンなくとも階段状に雪が削られているので安心安心notesCimg2734

a.m9:20 扇雪渓にて休憩riceball まだまだアルプスはあちらこちらに雪渓が残ってるので、日差しは強いけど風はさわやか~typhoon 
                  おにぎり食べてパワーアップ!Cimg2735  

おやっ、ようやく丸山ケルンが見えてきたー! 上空の雲もすっかりとれて、右側には白馬三山の姿も(◎´∀`)ノ 
でも、登山が久しぶりのあっきーはこの辺りが一番キツかったみたい・・・sweat01 

         あ、あんな上までまだ登るのぉ…!? 肺が痛くなってきたぁぁぁbearingCimg2736
          
a.m9:45 丸山ケルンに到着。 八方池から1時間半・・・watch しんどかった~!
                 すっかり雲の上までやってきたみたいcloudCimg2738

でも、まだまだ序盤。 さらに唐松岳までのぼりは続くよ、どこまでも~( ̄Д ̄;;Cimg2739

見える景色はだんだんとアルプスらしさを増していく。 
              おぉっ!北アルプスにやってきたって感じでてるなぁhappy02 Cimg2740

a.m10:00 唐松岳はいずこ・・・? どれもこれもスケールがでかすぎて、ここはどこ?状態sweat01Cimg2744

そして現れる危ない斜面の道。 下を見るとお腹がスース―しちゃうから、前だけ見て歩きましょうdash それにしても3連休の最終日、登山客が多かったなぁ・・・(^-^;Cimg2745


a.m10:35 ようやく唐松岳頂上山荘が見えた~eventCimg2747 

a.m10:40 唐松岳頂上山荘に到着!! 山荘前にはデポしてある荷物がたーっくさんbagCimg2752

そして、これが今回の目標1つ目の山。 
唐松岳(2,696m)だ~(゚▽゚*) かっこいいshineCimg2748

頂上までは20分ほどで行けるので、貴重品だけ持ってザックはいらん!身軽になっていざ出発!!Cimg2750

途中、振り返ると山荘があんなにちっちゃく・・・ そして、あっきー大丈夫か( ゚Д゚)y─┛~~
            はぁはぁ、身軽でもやっぱり登りはキツイよぉ・・・ うぅぅぅっbearingCimg2756

a.m11:05 唐松岳山頂に到着 山荘から見事にコースタイム通りの20分clockclockCimg2758

デーンと聳える白馬岳とそこへむかう縦走路。 構図など一切無視してOK。誰がどうやって撮っても必ず絶景に撮れちゃう光景fujiCimg2763

       やったね、がんばったね! うん。私たちすごくがんばってえらかったね
     宿に着いたらビールで乾杯しようねsign01 
そうだね、早くプシューってしたいねbeer
 Cimg2764  白馬岳を眺めながら互いを健闘しあう、ちぃたろうアッキー そして芽生える新たな絆heart04 渇くのどsweat02

五竜方面は、白馬方面のホワイトな印象とはうってかわって緑が豊富なグリーンの装いcloverCimg2762
 ところで今日のお宿はあの山の先・・・? はぁ、まだまだ道のりは果てしないのね(;;;´Д`)

山頂は多くの登山客で賑わっていたため、5分ほどで山荘へ下山。 帰りは15分くらいで戻ってこられたdownwardright

そして、待ってましたお昼ごはんのカップヌードル。 おなかペコペコだったやんたろうとアッキー。必死で食べてますが・・・ 写真撮ってますよ~

            
 やん「写真なんて知るか、このやろう。ずるずる…noodle 
         
 アッキ「あっ、顔出しNGでおねがいしまーす。 ずるずる…noodleCimg2766


p.m0:10 お腹もいっぱいになって休憩もたくさんとって、元気復活scissors 今度は五竜岳へ向けて再出発ですヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノCimg2768


  その2へつづく

              ↓ぽちっとお願いします。 その2は岩場の連続でおそろしや~↓

                    にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
                           にほんブログ村








  

« 八ヶ岳の穴場絶景! 三ツ頭の巻 その2 | トップページ | 唐松岳から五竜岳 雲の上の縦走路 その2 »

(北アルプス)唐松岳~五竜岳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1736273/56872486

この記事へのトラックバック一覧です: 唐松岳から五竜岳 雲の上の縦走路 その1 :

« 八ヶ岳の穴場絶景! 三ツ頭の巻 その2 | トップページ | 唐松岳から五竜岳 雲の上の縦走路 その2 »