フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

« 唐松岳から五竜岳 雲の上の縦走路 その1  | トップページ | 唐松岳から五竜岳 雲の上の縦走路 その3 »

2014年7月25日 (金)

唐松岳から五竜岳 雲の上の縦走路 その2

その1のつづき

お昼を食べて、p.m0:10 唐松岳頂上山荘より五竜岳へ向けて出発をしたトットコ登山部shoe


実は、リフト乗り場で登山届を提出した際、救助ボランティアのお兄さんから
「できるだけ早めに唐松岳を出発してください。唐松岳から五竜岳への縦走路は結構危ない箇所が多いんです。午後は雷予報も出てますし・・・」 と言われていた。

でも、地図上には危険マークも書いてないし・・・。 まぁ、気を付けて行きましょか。程度に考えていたのだが・・・( ̄▽ ̄)

なにやら怪しげな岩場を登ると・・・up その先には・・・annoyCimg2769
うわぉっ!! めっちゃ切れ落ちてる鎖場やーん!! 超危険マークやーん(lll゚Д゚)Cimg2770

と、まぁ、予想以上の過酷な道が待っていたのでありますdashCimg2771

高所恐怖症でいきなり動きが硬くなる
リーダーやんたろう(((゚Д゚)))と、岩場大好き人間でハイテンションになる部員ちぃたろう(≧∇≦) 対照的すぎる夫婦の図・・・sweat02
   
ば、ばかやろう! ふざけてると落ちるぞ。 丁寧に一歩ずつ・・・ ←超本気モード(`◇´*) 
  
いやーん、こわーいheart04 ていねいにぃぃnotes いっぽずつぅぅup ←完全にふざけモードヽ(*≧ε≦*)φCimg2773     きっと、事故を起こすのはちぃたろうであろうと思った人、手ぇあげて・・・paper 
                       
はーい(* ̄0 ̄)ノ←多数大勢・・・sweat01

冗談はさておき・・・

鎖場を超えても、少し歩くとまた鎖場。 少しも気の抜けない縦走路が続いていくsign04Cimg2776

でも、ちょびっとだけクライミングみたいで楽しかったりもする。 鎖がかなりしっかりしているので安心して使用して大丈夫scissorsCimg2777

出発して1時間くらいでようやく鎖場の連続だった牛首が終了。 ホッと一安心。Cimg2781

この先の道は・・・ えーっ、なんか途中で無くなってるように見えるんですけど・・・sweat01Cimg2783

実際は登ってupwardright下ってdownwardrightまた登ってupそして下ってdown・・・を繰り返しながら五竜岳へ進んでいく
ゴンドラとリフトで稼いだ標高差1,000m分の、温存していた体力ももはや限界寸前( ̄Д ̄;;Cimg2786

ミヤマキンバイとか、ハイマツの花とか・・・tulip 高山植物を見ることで少しは癒されるかもnotes
今回は本当にたくさんのお花が咲いていて、きっと花好きにはたまらないコースなんだろなCimg2787

p.m1:30 なにかのケルンを発見eye でも、ここはどこ?状態。 目指す五竜岳は雲の中cloudCimg2790

p.m2:10 さっきまでとはまったく違うなだらかな縦走路に変化! 
               いやいや、でも傾斜は結構きついかも~(;;;´Д`)ゝCimg2792

遅れ始めたちぃたろう&あっきーgemini 
   もう、急いでもしょうがないしゆっくり行こうねぇ  リーダー、さき行ってて~!!Cimg2793

なんかチビ2人が並んで歩く姿は、小学生の遠足みたい・・・sweat02 おかしいな、もういい大人なのに・・・ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノCimg2794

p.m2:15 そして、五竜山荘への最後の登り坂。 ここをクリアすれば山荘が見えるに違いない!Cimg2795

ミヤマキンバイが満開! 小さくて黄色がすごく濃くて、とってもかわいいheart04Cimg2796
Cimg2797

     おーい、写真撮るふりして休憩してんじゃないよ~、早く登ってこい!! 
                    
あっ、ばれてた\(;゚∇゚)/Cimg2798

登り坂を超えると、やっぱり! 今日の宿「五竜山荘」が見えましたCimg2799

ふぃぃぃぃ、疲れたぁぁ。。 すっごい疲れたぁぁ。 体力の限界3回超えたぁぁぁ(/□≦、)Cimg2800 宿が見えた瞬間、ドッと疲れが出てきて思わず座り込むちぃたろう 本当にしんどかったわannoy

p.m2:30 五竜山荘に到着event 五竜岳の山頂はもう明日におあずけでOK!Cimg2802

山荘の中はこんな感じの1階とCimg2814

私たちの部屋は2階の和室だった。 10畳ほどの部屋にトットコ登山部3名と、別の夫婦2名の5人で使用。 今日は宿泊客が少なかったので、ゆったり部屋を使えて超ラッキー
最大22名までこの部屋に押し込まれるらしいです。。おそろしや~Cimg2815

そして、待ちに待ったビールで乾杯の時間beer  今日1番の笑顔でかんぱーい!!Cimg2804

p.m5:00 おいしい夕食の時間。 五竜山荘名物スコッチエッグ入り辛口カレーheart04
辛いけどおいしい。 ちなみにおかわり自由。 3杯食べてる男性もいました。
が、女性陣にはこの量で十分お腹いっぱいpaperCimg2806

食後、歯を磨きながら日の入りを待つが・・・mist Cimg2808

まだまだ空は真っ青。日の入りまではまだ1時間以上かかりそう。Cimg2810

p.m7:00 日の入りの時間が迫るが、雲が多くてどうやら夕景は厳しい様子。 体もへとへとだし、今日はもう寝ましょうCimg2817

p.m7:15 就寝。 おやすみなさーい(-.-)zZ

その3へつづく

                ↓ぽちっとお願いします。その3で終わるかなぁ・・・↓ 
         
                     にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

                            にほんブログ村

« 唐松岳から五竜岳 雲の上の縦走路 その1  | トップページ | 唐松岳から五竜岳 雲の上の縦走路 その3 »

(北アルプス)唐松岳~五竜岳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1736273/56885553

この記事へのトラックバック一覧です: 唐松岳から五竜岳 雲の上の縦走路 その2:

« 唐松岳から五竜岳 雲の上の縦走路 その1  | トップページ | 唐松岳から五竜岳 雲の上の縦走路 その3 »