フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

« 憧れの大絶景へ 奥穂高岳の巻(上高地~涸沢編) | トップページ | 憧れの大絶景へ 奥穂高岳の巻(涸沢~奥穂高岳)その2 »

2013年8月20日 (火)

憧れの大絶景へ 奥穂高岳の巻(涸沢~奥穂高岳)その1

2013年8月15日 上高地から涸沢まで無事歩いてきたやんたろうとちいたろう

ぐったり疲れ果て夜7時には眠りについてしまったので、翌朝はa.m4:00に目を覚まし早く夜明けが来ないかなぁーとテントの中でソワソワしていた;:゙;`(゚∀゚)`;:゙


2013年8月16日(金) 山の1日のはじまりは早い。

4:00にはすでにたくさんの登山者が目を覚まし、各々の準備を黙々と進めていた。


今日は午後から天気が下り坂の予報も出ているrain
早めに登って、p.m2:00にはテントに戻ってきたいところだな( ̄ー ̄)ニヤリ



夜明け前の涸沢ヒュッテのキャンプサイトevent  もう明かりがあちこちで光っているshine
遠くに見える涸沢小屋も朝食が始まっているのかな・・・?Cimg1240



テントで朝食の雑炊を作りながら、外をチラチラ眺め周りの様子をうかがうキョロ(・_・ )( ・_・)キョロ

すると、a.m5:15頃 朝日が穂高連峰を赤く染めはじめたfuji 涸沢の1日がはじまるsunCimg1249



a.m5:30 よぉし!出発だー   ぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉ

テントを後に、今日のコースであるパノラマコースへいざGOOOO!!
Cimg1252


目を上に向けると穂高岳山荘が見える。 とりあえずあの場所まで行けばいいのね。
目標が視界にあると俄然やる気も出てくるわけで・・・dash


でも、いきなりの雪渓snowからスタート( ̄Д ̄;; 
まだ朝早いこともあって雪が凍ってる場所も結構あったsweat01
Cimg1254


まず、雪渓を横断し、岩がゴロゴロする道を登っていく。
Cimg1256


でも、パノラマルートだけあって、お花tulipもちらほら咲いてた! 
ごっつい岩山の穂高岳と可愛い高山植物のコラボレーションheart04 
                   なんか登山雑誌で見たことあるような構図でしょ?Cimg1264

その後、本格的な雪渓の登りに入る
朝5:45に心臓がキュッとなるなんて人生何回あることだろうか・・・。はぁ、怖かった~sweat02Cimg1265

この白い草木はお花なのかな?? 朝日に光ってとっても綺麗だった・・・heart04Cimg1270

見晴らし台で朝日を浴びながら来た道を振り返るやんたろう。 絵になるな~、おい!Cimg1263


雪渓を渡りきって振り返ると、その傾斜に結構ビビったりする。転んだら一気にキャンプサイトまで逆戻りだよ( ̄Д ̄;;
Cimg1266



雪渓が終わると涸沢小屋方面から登ってくる登山者と合流し、登山道もにぎやかになってくる。 岩もゴロゴロしているので落石には特に注意が必要だ(≧ヘ≦)Cimg1267


 
a.m6:30 奥穂高岳への最難所、ザイテングラートがだいぶ近づいてきた。こっから先は登山道というより大きな岩を登ったり横切ったり・・・。 大人のアスレチックのはじまりはじまり~scissorsCimg1272


ザイテングラートにとりついた途端、この傾斜の岩登り・・・ いやはや簡単にはいかないなーCimg1273



登るスピードが落ちてきた分、登山者の行列は少しづつ伸びていく。
渋滞したせいで自分のペースではなくなったけど、スロースピードで声を掛け合いながら登るのもまた楽しい。Cimg1277




空は雲一つないピーカンsun  真っ青なキャンバスに空を貫くように聳え立つ穂高連峰の山並みfuji
                       ここは本当に日本ですか・・・!?Cimg1268


何度も何度もこれから進む道を確認しながら、大迫力の北アルプスに何度も感激するヽ(´▽`)/
Cimg1269



アドレナリンが出てきてハイテンションになってきたちいたろう。
                      
アスレチックは昔から得意です(*^ω^*)ノ彡Cimg1276


おや、くさり場も登場!もうやりたい放題だな、ザイテングラートさんよぉdash
Cimg1278


登り始めてこと約2時間、ザイテングラートに取り付いて1時間。 
ようやく奥穂高山荘への看板を発見! もう一息ガンバ!!ガンバ!!
Cimg1281
上を見上げると、はっきり穂高岳山荘を確認することもできたー!!
Cimg1282



a.m7:30  無事に穂高岳山荘に到着ヽ(*≧ε≦*)

何度も山雑誌で見た山小屋eventだー!!
なんか憧れの人にようやく会えたようなくすぐったい幸せ感にひたっちゃうheart02heart02
Cimg1283

すぐ横には奥穂高岳山頂への登りが待っている。ここを登るのか・・・、マジか・・・sweat02Cimg1286


遠くの山並みまでくっきり見渡せる。 今日は本当に最高の天気だー!!!Cimg1285




反対は涸沢岳への登り。こっちは山頂が目の前に見えていてあっさり登れちゃいそう。実際、地図を見ると登り30分って。 おぉ、せっかくだからこっちも制覇したい。。

お手洗いに行こうと山小屋をグルッと裏へまわると・・・
                    おぉ~、笠ヶ岳だー!! かっこいい☆Cimg1288


そして、奥穂高岳の奥に見えるあの岩山はもしや・・・

          ジャンダルムじゃねー!? うわー、かっこいい!! やばい!! 
                 トイレの横でテンションMAXの2人・・・sweat02Cimg1287




a.m7:40 一休憩も済ませ、いよいよ奥穂高岳への最後の急傾斜に挑む


登り始めていきなりのはしごが登場・・・sign03 やるじゃねぇか、おくほさんよぉ( ̄○ ̄;)! Cimg1291

                負けないぞ、絶対山頂まで登ってやるー! えいやー!Cimg1293


その2へつづく・・・



             こっから先は絶景の世界です。その2をお楽しみに・・・

                       ↓ポチッとお願いします。ブログを書く元気がもらえますからー↑

                                       にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
                                                     にほんブログ村

« 憧れの大絶景へ 奥穂高岳の巻(上高地~涸沢編) | トップページ | 憧れの大絶景へ 奥穂高岳の巻(涸沢~奥穂高岳)その2 »

(北アルプス)奥穂高岳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1736273/52952791

この記事へのトラックバック一覧です: 憧れの大絶景へ 奥穂高岳の巻(涸沢~奥穂高岳)その1:

« 憧れの大絶景へ 奥穂高岳の巻(上高地~涸沢編) | トップページ | 憧れの大絶景へ 奥穂高岳の巻(涸沢~奥穂高岳)その2 »