フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

« ハードすぎる絶景 浅間山(外輪山~前掛山) その1 | トップページ | 八ヶ岳の最高峰 赤岳から阿弥陀岳を縦走 その1 »

2013年7月18日 (木)

ハードすぎる絶景 浅間山(外輪山~前掛山) その2

その1からのつづき


もともとの期待値が高く、しかしながらその期待に見事にこたえてくれた浅間山の外輪山。

それゆえ、テンションがあがっちゃったトットコ登山部はペース配分が結構めちゃくちゃ。

すでにあっきー&ちいたろうは足にキテいた。

しかし、ここからが浅間山登山の本番。あの活火山の山肌を登っていくのである。


a.m8:40 三ツ石での休憩を終え、浅間山山麓沿いを賽ノ河原~前掛山登山口へと進んでいった。
Cimg0813


a.m8:55 いよいよ浅間山(前掛山)山頂へのアタック開始!!rock
今まで遠目で見てきたあのどす黒い山肌をこの足で登っていくのである。


Cimg0814

はじめ、意外と傾斜は緩いんだなぁ~なんて思っていた。まだ緑も多少残っていて、天気も最高に気持ちいいし、案外ラクかもなぁ・・・なんてね。。(゚ー゚;

しかし、登り始めて15分、標高2,200mを越えたあたりから徐々に厳しくなっていく傾斜・・・(;;;´Д`)ゝ

足元は砂利のような岩のような・・・。天気が良いのが救いではあるが、女
2名は足があがらなくなってきた(。>0<。)。

余裕なのは、リーダーやんたろうのみscissors


          や「早く来いよ~!」  ち&あ「無理。マジ無理!!」Cimg0817

一旦、下りきった外輪山もまた平行に見えるくらいまで登ってきたんだもの。そりゃツライさ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~。
Cimg0816


いやぁ。。 ここから、しばらく写真を撮る余裕がなかった・・・ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ


発せられる言葉といえば、「ツライよぉ。」「無理だよぉ。」「まだぁ??」の3つのみ。
とにかく延々と砂利の道が続くのであるdash



a.m9:40 それでも予定コースタイムより20分巻きで避難シェルターまで登ってきた!
Cimg0819

今、噴火が起きたらここに避難するのです。って、大丈夫かよこれでって誰もが思うだろう質素なシェルターsweat01
ここから先は火山ガスの危険があるので、登りは禁止。したがって、火口を望みながらぐるりと回り込んで前掛山へと進む。


疲れ果てた身体を奮い立たせ、一気に前掛山まで登ってしまおうfootfootfoot


想像してたより遥かに壮大で男っぽい浅間山の火口を横目に見ながら、前掛山山頂へと進んでいくdash
Cimg0821

しかし、ここは風の通り道なのかすっごい強風が吹き荒れていたtyphoon
雨でも降っていたらかなり危険かもしれない!



                 
  ち「吹き飛ばされるぅぅぅぅ!!!」Cimg0824

前掛山に挑み始めて、1時間10分。


a.m10:00 前掛山 標高2,524m に到着!!
久しぶりに感じるもの凄い達成感は今年の山の中でもナンバー1かもしれない。
Cimg0827

それくらいに景色は絶景でコースはハードで、すべてがクレイジーな山だったfuji


だって、この灰色の物体・・・sweat02 これは山ですか??
Cimg0829


さっきまでヒィヒィ言ってた外輪山が見下ろせちゃうんだもの。自分どんだけ登ってんのよ!
Cimg0830


浅間山山頂付近では、雲なのか煙なのか・・・。常にもくもくとした白い綿が浮かんでいた。
Cimg0831


山頂のすぐ横にはこんな看板が。。これ以上進んだら罰金ですよー!!ってあぶねーよ!!!(゚ロ゚屮)屮
Cimg0832


とにもかくにもつっこみどころ満載の浅間山fujifuji
噴火した後にはぽっかりこんな火口ができるんですなぁと勉強にもなったりするのだ。

Cimg0833


山頂を堪能した後、再び避難シェルターまで戻ってくる。ここで少し早目のランチタイム。

強風のためシェルター内で休憩するも、外から見るとまるで家なき子みたい。
公園の土管で一夜を明かす家なき子みたいな気持ちになってしまった・・・sweat02sweat02
Cimg0835



さて、お腹も満腹。来た道を引き返すことにfootfootfoot

           あっという間に駆け足で姿を消すリーダーやんたろう・・・
Cimg0837

普通の登山なら、引き返して山道を下って樹林帯に入っておしまい!というところだが、
このクレイジーな山はそう簡単に返してはくれない(-゛-メ)。

浅間山の山肌を駆け下り、トイレtoiletを求めて火山館まで進み
Cimg0838


今度は景色が草ボーボーとなってきたclover
Cimg0839

a.m11:50 最後の難関、草すべりの登りである。
Cimg0841

まさにドラクエでいうところのバラモス倒して・・・
最後の強敵ゾーマにきたぞ!的な感じ(古い・・・)

腰まで生えた草をかき分けながら、今日3回目の急登にいざ!!\(*`∧´)/
Cimg0843

が、さすがすでにもう限界を超えているsweat02sweat02

「登らなくては帰れない・・・。」これだけが足を動かしている要因だ。だって、あまりにもキツすぎるぜ、この登り。


進めど進めどまったく見えてこない終わりを目指し、汗だくだくになりながら最後の敵に向かう一向。もう敗北寸前_ノフ○ グッタリ 

あっきー「肺が痛くなってきた・・・」 なんじゃそりゃー!
Cimg0845


ふと振り返ると、さっきまでいた浅間山がまた一層の存在感を見せつけている。
外輪山から見える山とはまたうってかわって、緑の中から見える浅間山は先ほどより少し優しそうに見える。
Cimg0846


がんばれー!自分!!がんばれー!自分!!ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉーと心の中で叫びながら進むこと1時間。
Cimg0847

p.m12:50 草すべり終了。トーミの頭に戻ってきたー!!

ありがとう、浅間山。お前はホントにクレイジーな強敵だったよ。でも、制覇してやったぜ。
Cimg0848


ここから中コースを進み、p.m2:00 無事登山口に下山。


高峰高原ホテルの日帰り温泉(@800)で疲れを癒し、帰路についた。



日帰り登山としてはあまりにも詰め込み過ぎだろうとつっこみたくなるハードなお山、浅間山(外輪山~前掛山)
しかし、数十分歩くごとにコロコロと景色が変わるので飽きはまったくなかった。
まるで何かのゲームの世界に迷い込んでしまったような、次から次へとやってくるダンジョンには体が悲鳴をあげていたけど、その分それを乗り越えた時の達成感は半端なかった。
この山が人気なのも頷けるよ。きっとまたしばらく経ったらこの絶景と、もう笑っちゃうような疲労感を全身で感じたくなるような気がする。

私はドMなのかもしれないな・・・。



<今回のきろく>
車坂峠登山口(5:25)-トーミの頭(6:35)-黒斑山(6:55)-蛇骨岳(7:20)-仙人岳(7:50)-Jバンド(8:10)-三ツ石(8:30)-前掛山登山口(8:55)-避難シェルター(9:40)-前掛山山頂(10:00)-前掛山登山口(11:00)-火山館(11:30)-草すべり分岐(11:50)-トーミの頭(12:50)-登山口下山(14:00)



そんじょそこらの平凡な山に飽きたあなた!この山、マジでおすすめしますよ!!

↑ぽちっとお願いします。またブログを書く元気がもらえます↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


« ハードすぎる絶景 浅間山(外輪山~前掛山) その1 | トップページ | 八ヶ岳の最高峰 赤岳から阿弥陀岳を縦走 その1 »

(上信越)浅間山(外輪山~前掛山)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1736273/52502340

この記事へのトラックバック一覧です: ハードすぎる絶景 浅間山(外輪山~前掛山) その2:

« ハードすぎる絶景 浅間山(外輪山~前掛山) その1 | トップページ | 八ヶ岳の最高峰 赤岳から阿弥陀岳を縦走 その1 »