フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

« 青空と雲海と五丈岩 金峰山の巻 その2 | トップページ | ハードすぎる絶景 浅間山(外輪山~前掛山) その2 »

2013年7月18日 (木)

ハードすぎる絶景 浅間山(外輪山~前掛山) その1

浅間山なんて、登山する山だとは思ってなかった。

遠目から火山の煙がもくもくしているのを眺めるだけの山だと思ってた。

なのに、ある人の浅間山の登山写真を見た瞬間・・・


「これは行かねば!!!!(゚ロ゚屮)屮」と思ってしまった。

どうやら今まで登った山とは一風変わっているらしいのだ。まるで日本じゃないような景色に出会えるらしいのだ。

まさに、これは行かねば!!なのである。


しかし、浅間山はれっきとした活火山のため、山頂まで登ることは禁止されている。
コースとしては、浅間山を取り囲むように聳える

外輪山(黒斑山、蛇骨岳、仙人岳)~浅間山の山肌に添って登っていき~浅間山火口を望む前掛山
といった感じ。コースタイム9時間dashのロング&ハードコースである。

*************************************************************************

2013年7月13日(土)翌日の3連休の中日に合わせ、浅間山を征服しに出発!
上信越 軽井沢ICより軽井沢アウトレットに立ち寄りつつbag、夕方過ぎに登山口近くの車坂峠に到着。高峰高原ビジターセンターの駐車場に車を停め、ここで夜を明かすmist



2013年7月14日(日)a.m5:25 
今回のトットコ登山部メンバーは、リーダーやんたろうへっぽこ隊員ちいたろうに加え、再び登場、山大好きガールあっきーの3名note

登山口は駐車場の目の前。高峰高原ホテルhotelがすぐ横にあるので登山客だけではなく、普段着の観光客もたくさんいる。
Cimg0762


入り口にはこのような看板が立っていて、活火山だということを再認識させられる( ̄○ ̄;)!

でも、一応現在は警戒レベル1。 安心はできないけど行くなら今でしょ!的な感じ?Cimg0763

登山コースは、表コースと中コースと分かれ、中コースの方が10分ほど早く行けるそうなのだが、せっかくなので景色を堪能できる表コースにfootfootfoot

とはいっても、基本は樹林帯を進む単調な山道ι(´Д`υ)
Cimg0766


時折、木々の間から小諸市の街並みが見渡せるup
景色を見ながら一呼吸置いて・・・を繰り返しながら高度を稼いでいくのでそんなに飽きずに登っていけるup
Cimg0768

ほら、遠くに今日目指す浅間山も見える( ̄ー+ ̄)! まだまだずいぶん遠くだけど目標地点が見えると俄然やる気も出てくるってもんでしょscissorsCimg0769

a.m6:20 噴火した際に避難するシェルターを発見。 
一応、こんな建物も用意されているらしいが、実際噴火したらひとたまりもなさそう。。。sweat02
Cimg0770_2


a.m6:25 シェルターを過ぎると、槍ヶ鞘に出る。一気に視界が開け、先に進む道が現れてくる(◎´∀`)ノ
指を指した方向に見えるのがトーミの頭。 あそこから浅間山を囲う外輪山がスタートしますよぉ。
Cimg0774

a.m6:35 トーミの頭から望む外輪山の全貌。今からずっとあの尾根伝いに歩いていくのです。
こんな風景があるなんて、ホント数か月前まで知らなかった・・・。
否応にでも胸が高まってきてしまう。。heart04
Cimg0776

岩場から下を望むと、ちょうど草すべりのコースが見えた。帰りはここを急登しなくちゃいけない。いやぁ、厳しそうだ・・・(;;;´Д`)ゝ
Cimg0780


トーミの頭から再び樹林帯の道を進むと、まず外輪山の3山の1つ目、

a.m6:55 黒斑山(くろふやま)標高2,404mに到着fuji
ここは浅間山を望む絶好のビューポイント。 


逆光の朝日の中でどす黒くドンッと構える風貌は、今まで見たどんな山よりもイケナイ悪者に見え、拒絶されてるかのような気にまでなってくる。 なんか、とにかく威圧感がすごいのだ。
Cimg0782 


しかし、負けじと外輪山の尾根を浅間山方面へ向かってズンズン進んでいくfootfootfootCimg0784

道も結構荒れているので、慎重に進まないと。。 

Cimg0786


a.m7:20 外輪山2つ目 蛇骨岳 標高2,366mに到着fujifuji
Cimg0787


この山頂からは浅間方面とは反対に長野県内の街並みが一望できる。
小さく見える湖は田代湖。一面に広がるのどかな田園風景が心を和ませてくれる。
田舎っていいなぁぁぁheart02
Cimg0788


ここまで登ってくると、もう樹林帯とはさよなら。一変、ごつごつした岩場の尾根道が続いている。結構浮石も多いので、慎重に進んでいかないと・・・。
Cimg0790


ほら。だいぶ浅間山にも近づいてきた! 近づけば近づくほど威圧感に圧倒されてしまうけど・・・。
Cimg0791



反対を見ると、まるでスイスの田舎町のような鮮やかな緑の絨毯が広がっている。
この景色の違いが外輪山の面白いところかもしれないnote
Cimg0793


2つ3つと小さなピークを越えながらアップダウンを繰り返し、外輪山の最後の山を目指す。

a.m7:50 外輪山の最後の山 仙人岳 標高2,319mに到着fujifujifuji
Cimg0794

トーミの頭からここまで比較的なだらかな道だったので、あっという間に歩き終えてしまった。
今まで歩いてきた道を振り返るとこんな感じ。 
Cimg0796

さて、外輪山の尾根歩きが終了したあとは、一旦浅間山の山麓まで下りなくてはいけない。

a.m8:10 
Jバンドに到着。ここから急な崖を一気に下っていく。
Cimg0798


慎重に、慎重に・・・(´~`)。゜○
Cimg0801


振り返ると、外輪山の岩壁がそびえたっているfuji。 いやぁ、すっごい迫力!!(゚ロ゚屮)屮。
Cimg0805

なんかの登山雑誌の表紙を飾れそうなインパクトdash
Cimg0807


a.m8:30 Jバンドから
三ツ石まで無事下山。 


先ほどまでとはまた全然違う景色の中で、ゆっくり休憩をとりましたbanana
Cimg0812



と、ここまで予定コースタイム4時間10分かかるところを

なんと、約3時間でやってきました!!いくら今年ヘビー登山を繰り返しているとはいえ、ちょっとペース早すぎ!w(゚o゚)w
これが、のちのちクレイジーでハードすぎる登山へと変貌していくのです・・・。




その2へ続く


クレイジーな山旅はまだまだ序盤戦だったりする。。
↑ぽちっとお願いします。 その2も頑張って書く元気がもらえます↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村







« 青空と雲海と五丈岩 金峰山の巻 その2 | トップページ | ハードすぎる絶景 浅間山(外輪山~前掛山) その2 »

(上信越)浅間山(外輪山~前掛山)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1736273/52501528

この記事へのトラックバック一覧です: ハードすぎる絶景 浅間山(外輪山~前掛山) その1:

« 青空と雲海と五丈岩 金峰山の巻 その2 | トップページ | ハードすぎる絶景 浅間山(外輪山~前掛山) その2 »