フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

« 初夏の小江戸 川越 | トップページ | あの直登がしたくて… 笠取山の巻 その1 »

2013年5月20日 (月)

見事な新緑と沢のコントラスト 棒ノ嶺の巻

2013年5月18日(土) 天気 晴れsun

昨年、岩茸石までで
リタイヤした棒ノ嶺に再チャレンジ(o・ω・)ノ))
今回は、くぅたろうdogはお留守番。前回、滝の音にビビッて歩かなくなったので仕方ないね。


A.M8:10 さわらびの湯spaに車を停めて、いざスタートscissors

まずは名栗湖の有馬ダムまで舗道を10分ほど歩く。準備運動にもなって丁度いい。
A.M8:27 有馬ダムを通過run。 人造湖だけど、山に囲まれたのどかで静かな風景は思わずパチリと写真を撮りたくなっちゃうmovie
Cimg0193


A.M8:38 有馬ダムを回り込んだ先の白谷沢登山口から山道がスタート(* ̄0 ̄)ノ
入口には湧水もあって、爽やかな沢登りを予感させるみたいnotenotenote
Cimg0197


しばらくは深い林の中を進みながら標高を稼いでいく。いきなりの急登だけどゆっくり進んでいけば問題ない。トレッキングポールも使いながら足に負担をかけないように歩いて行こう。
Cimg0199


A.M9:00 藤掛の滝を越えてから徐々に沢沿いの道が始まってきますupupup
Cimg0203


サワサワと水が流れる音と頬に当たる心地よい風があまりにも気持ちよくて、テンションがあがってしまうよーヽ(´▽`)/
Cimg0207


大きな岩もたくさん現れてきた。右に渡ったり、左に渡ったり・・・。
どこが登山道なのか分かりにくくなってくるので、しっかり足元と進む方向を確認しながら歩を進めていきます。
Cimg0206


この辺りは
新緑の薄緑clover苔の深緑cloverのコントラストがすごぉぉく綺麗(*゚▽゚)ノ!!
小さな滝もたくさんあって、汗をかいても爽やか。疲れもどこかに吹き飛んでしまうみたいな風景が続いていきます。
Cimg0211



天狗の滝付近になると、だんだんと急坂が増えてきますdash
雨上がりの翌日だと歩きにくいかもしれないけど、今日の水量は少ない方なのかな?
バシャバシャ川に足を突っ込む感じはまったくない。 
Cimg0209



一番急な岩場にはきちんと鎖がサポートでついていますdash
えっさ、ほいさと登っていくと、楽しい楽しい沢上りもおしまいに近づいてきちゃう。
Cimg0214


もう少し長く歩いていたかったなぁ・・・。゜゜(´□`。)°゜。Cimg0217


ふと上を見上げると、まだ芽吹いたばかりの葉っぱが重なりながら陽の光sunを受けて絵画のような色合いを見せている。 ずーっとこんな道を歩いてきたんだね(*^.^*)。
Cimg0222


深い木立の中にスポットライトを浴びている風景も発見。。ホント今日はずっと目を奪われ続けてる・・・。
Cimg0223



A.M9:40 沢の道が終わり、林道にぶつかると小休憩できる東屋を発見。
ここで、一息ついて汗をふきふき、ジュースで水分を補給しましょう。。
まだまだ先は長いぞー!!
Cimg0228


東屋から再び木立の道を進んでいきます。

A.M10:00 昨年、ここで終了した
岩茸石に到着upup
Pap_0003         くぅたろう「去年はくぅも登ったのに、今年は置いてけぼりじゃぁぁ・・・」


 
今日は山頂まで行くから軽くスルーじゃ!


さっきまでの神秘的な沢風景から一転、杉林に囲まれながら登っていく。低山の割に景色がコロコロと変化して、飽きない山です、ホント。。
Cimg0232

A.M10:25 ゴンジリ峠に到着。さぁ、山頂まであと一息だよー!!

だんだんと杉林の間から青空mistが見えてきました。この坂を登りきると山頂かな??
わくわく(*^.^*)
Cimg0239


A.M10:45 棒ノ嶺山頂に到着!!o(*^▽^*)o
Cimg0243


今日は5月の割に気温が高くて、少し風景に白みがかってるけど頑張ったあとに見る風景はやっぱり絶景に見えます! なんでもヨシ!!ということです。。
Cimg0242_2


山頂は広く休む場所もたくさん。
Cimg0240

なんだかね、今回山頂でカップラーメンnoodleを食べてる人がすごーく多くて、今回ガスバーナーを持ってこなかった我々は羨ましそうに眺めるだけになっちゃった…。。


でも、マフィン食べたり、やんたろうはタバコを一服したりするだけでもやっぱり心が満たされるわぁheart04heart04heart04
Cimg0249


山頂でのんびりした後、下山を開始。岩茸石まで戻り、そこから滝ノ平尾根を通って下山します。

下山は景色も変わり映えしないし、足も痛くなるしあまり好きじゃないのだけれど、
山つつじtulipがちょうど見頃を迎えていてそんな下に向きがちな気持ちを明るくさせてくれますtuliptulip
Cimg0258


時たま見える名栗湖が・・・!!

やん「ロープウェイがあったら2分だな・・・」 そ、そんなこと言わないで~!歩くしかないんだからさ・・・゚゚(´O`)°゚。
Cimg0260


P.M13:00 ようやく長い長い下山道が終わったぁ。。さて、さわらびの湯で汗を流しましょうspaspa
Cimg0262



※さわらびの湯spa 1人800円 気持ちよかぁ でも、ちと高くね??




<きろく帳>
(a.m8:10)さわらびの湯―(a.m8:27)名栗湖通過―(a.m8:38)登山道入り口―(a.m9:00)沢登りスタート―(a.m9:40)東屋で休憩―(a.m10:25)ゴンジリ峠―(a.m10:45)棒ノ嶺山頂―(p.m13:00)下山

↓ぽちっとお願いします。山好きのみなさんのブログへ移動します↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

« 初夏の小江戸 川越 | トップページ | あの直登がしたくて… 笠取山の巻 その1 »

(奥武蔵)棒ノ嶺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1736273/51704386

この記事へのトラックバック一覧です: 見事な新緑と沢のコントラスト 棒ノ嶺の巻:

« 初夏の小江戸 川越 | トップページ | あの直登がしたくて… 笠取山の巻 その1 »