フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

« 見事な新緑と沢のコントラスト 棒ノ嶺の巻 | トップページ | あの直登がしたくて… 笠取山の巻 その2 »

2013年5月27日 (月)

あの直登がしたくて… 笠取山の巻 その1

以前、好日山荘で見た1枚の写真。

まるでスキー場のジャンプ台を思わせるような迫力あるフォルム。

「ここ登るの??マジで??ありえないわー ないわー」と思いつつ、ずっと気になっていた山。 



「笠取山fuji


今年の5月の週末は毎週のように好天sunに恵まれるので、「山に行かなきゃ!!runと、もはや義務感にも似た感情に襲われつつ、えっさほいさと関東近郊のお山に出かけているのですが、今回はフッと思い出したこのスキー場のような光景を求めて、笠取山へ出かけましたrvcardash


2013年5月25日(土)
天気予報は1日曇りcloudと出ており、景色見えないかなー、日曜にした方がいいかなー?と悩みつつも、最近の暑いあっつい日中を考えると、今回はくぅたろうdogも同行するのでピーカンより曇りの方がマシだろうと思って強行出発。

a.m5:45 自宅を出発 →まずは奥多摩湖へ向かい、そこから一ノ瀬高原へと進み、
      作場平駐車場に車を停車。 
      車30台ほど停められる広場になっており、W.Cも完備。
Cimg0267

a.m8:15 作場平登山口で案内看板を確認しつつ出発up 
      実は今回、本当にフッと思いついて笠取山登山を決めたので、
      詳しい登山地図を持っていませんでしたsweat01
      どなたかのHPからこの地図をプリントアウトし、まぁ難しい山でもないし
      これで十分っしょ!と思って出発してしまった。。 

      これがのちのち後悔するはめに…。。。┐(´д`)┌ヤレヤレ
Cimg0268


登山道に入ると、しばらくは沢沿いのなだらかな道を進んでいきますshine
実はこの山、多摩川の源流 最初の1滴が見られる場所として有名らしく、登山道も「水源地ふれあいのみち」と東京都水道局がしっかり整備してくださっているので、まぁ歩きやすいfootfootfoot
Cimg0272

子供virgoでも犬dogでも登れる優しい山です!との情報はホントだと思うupup

そして、隣を流れる川のきれいなこと(◎´∀`)ノ 
Cimg0275

この森はしっかり生きてるなーsign03って感じが実感できるくらい空気が澄んでいるtyphoon
苔もびっしり生えていて、森全体が水に覆われているような不思議な感覚がありますshine
Cimg0360


見上げると若葉cloverが目一杯に葉を広げていて、森林浴効果はきっとばっちりだろうなーって思っちゃう(◎´∀`)ノ 
Cimg0352



爽やかなせせらぎを聞きながら、いくつもの橋を右に左にと渡りつつ、少しづつ標高をあげていく。 
Cimg0273

くぅたろうはこの橋をアスレチックかなにかと勘違いしているようで、すっごい嬉しそうにピョンピョン飛び跳ねて渡るupup 
Cimg0280


10分歩くとベンチが現れるくらい休憩ポイントも豊富。 
その割に登山客の姿は少なく、ちょっとした穴場を見つけたような嬉しい気持ちになるheart04
Cimg0288


途中、一休坂との分岐点が現れるが、行きは坂がなだらかなヤブ坂峠方面へ進む。
少しづつ傾斜がきつくなるけど、一歩一歩ゆっくり進んでいけば問題なしscissors
Cimg0282


a.m9:35 
笠取小屋に到着!
      まだ時間が早いからかな?小屋は開いてなかったけど、
      小屋の前に設置されていたテーブルで一休憩。
Cimg0290

     おにぎりriceballを食べてエネルギーを回復させようrock
Cimg0293

ここにはW.Cも設置されていて、休憩するのには丁度いい。 楽しい森林浴の後の一呼吸をおくのにピッタリですnote


さて、15分ほど休憩をとった後、笠取山頂上に向けて再出発!


日向山を思い起こさせるような白い砂の道を進んでいくと…
Cimg0297


やがて、視界が開け広場のような場所に出ました。とても山を登ってきたとは思えない開けた場所です。
Cimg0298


気がつけば空は真っ青!! 公園のような場所でまるでモニュメントのような枯木。
Cimg0301_2


そして看板は「作場平口」「水干」といくつかに分かれているのですが、ここで大失敗!!
なんとなく地図を見ながら、水干を過ぎたところで直登に進んでいけるんじゃない?と、読み間違えました。。wobbly
Cimg0349


間違えてるなんて思いもせず、軽い足取りで水干に進んでいくトットコ登山部…dash
Cimg0303


しかし、どこまで進んでもあの光景は現れず…


「あれー? あれー??」なんて思いながらも前進していくと、現れたのは急に険しくなった岩の道…sweat02
Cimg0305



なんだなんだ!? 笠取小屋から歩いてすぐに山頂直下の坂に出るはずなのに…??



a.m10:33 笠取山 頂上 到着・・・・・・(・_・)エッ....?
Cimg0311


???????Σ(゚□゚(゚□゚*)  あれ!!(゚ロ゚屮)屮 着いちゃった・・・???

でも、展望もないし、あの坂も見当たらない・・・?
Cimg0307


いやはや、下調べもせずになんとなく山に登るとこうゆうことが起きるんです。


とりあえず頂上で記念写真を…と思って撮影していると、私たちと反対方向から歩いてきた登山客の方に
「君たち水干から登ってきたの?きつかったでしょ。。」と声をかけられました。

なんのことやら?マークだらけの私たちに、そのおじさまはやさしく教えてくれました。

どうやら、先ほどの分岐点で我々は道を間違えてしまったらしいこと。
Cimg0351

笠取山には頂上が2つあってこちらが正式な山頂だけど、直登を登った上にも標識があってそちらの方が有名だよー。ここからさらに5分くらい進めばもうすぐそこだよー!ということ。。



がーん・・・・・・・_| ̄|○ 
つまり、私たちは直登せずに山頂にあがってきてしまったらしい。。。


なんのためにここに来たのか・・・ 


私はあのスキー場のジャンプ台みたいな坂を登ってみたかったのに・・・down


下調べの重要さと、地図の重要さを思い知らされました、はい。。


がっくし。残念だけど、直登できないならせめて直下してやるーっと思い直して、もう一つの山頂目指して進みます。

ホントに5分。。a.m10:50 私が目指していた山頂が目の前に現れました!!
Cimg0314

そうなのよ、ここに来たかったのよー!!!
Cimg0322

その2へつづく・・・

下調べはきちんとしましょう。登山地図も用意しましょう。。
↓ぽちっとお願いします♪ 山好きの皆さんのブログへ移動します↑
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



 

« 見事な新緑と沢のコントラスト 棒ノ嶺の巻 | トップページ | あの直登がしたくて… 笠取山の巻 その2 »

(奥秩父・西上州)笠取山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1736273/51794875

この記事へのトラックバック一覧です: あの直登がしたくて… 笠取山の巻 その1:

« 見事な新緑と沢のコントラスト 棒ノ嶺の巻 | トップページ | あの直登がしたくて… 笠取山の巻 その2 »