フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

« 牧歌的風景と大パノラマ 美ヶ原高原の巻 その1 | トップページ | 初夏の小江戸 川越 »

2013年5月11日 (土)

牧歌的風景と大パノラマ 美ヶ原高原の巻 その2

その1からのつづきenter

茶臼山fujiを満喫したのち、一度塩くれ場まで戻って再び美ヶ原高原を散策スタートfoot

今度は美ヶ原高原の山頂とされている
「王ヶ頭」まで行きますよ。

ここからはたいして起伏もなく、スニーカー
shoeでも行けちゃうような高原です。
でも、結構距離はあるので天候rainや体感気温sweat01によってはかなりキツイかもしれない…。



A.M9:56 
王ヶ頭手前の王ヶ頭ホテルとTV中継塔に到着!
Cimg3718

標高2,000mと越えてるのに人工物ありまくりの風景に少し違和感も感じる…coldsweats02


なので、王ヶ鼻までさらに歩を進めていこう。こっちまで行った方がまだ山の感じがありそうdash

ということで、てくてくてくてく・・・footfootfoot 
とにかくどこまでも続くだだっ広い高原を歩いていくと・・・footfootfoot

A.M10:23 
王ヶ鼻に到着(◎´∀`)ノ  美ヶ原のメインの場所はここになるのかな?
Cimg3727


王ヶ鼻から見える
北アルプスはまさに絶景fujifuji 遮るものはなにもないのさ~;:゙;`(゚∀゚)`;:
Cimg3721

写真中央にピョコッと出てるのが槍ヶ岳かな? 左の西穂方面は雲がかかってきてますね…cloud
Cimg3722

絶景を前にご満悦のやんたろうcatfaceと、あまりの非日常の場所に戸惑い気味のくぅたろうdog
Cimg3720_2
いつもいつも思うが、くぅたろうは本当に幸せな犬生を送ってるよなぁ…flair 
こんな所まで連れてきてもらえる座敷犬なんて、日本中探してもなかなかいないんだぞcoldsweats01
分かってんのか、おい。。



王ヶ鼻にはこんな神社(石仏)もあります。 奥の院ってことなので、やはりここが美ヶ原の一番端っこということになりますねend
Cimg3724



まぁ、とにもかくにも素晴らしい高原です! 体いっぱい北アルプスからの風を受けて、日ごろ溜まってる毒素をすべて浄化してしまおうshineshineshineshine
Cimg3723



A.M10:40頃までのんびり王ヶ鼻を満喫して、往路を戻ります。
途中、王ヶ頭ホテルであまりにもお腹がすいてしまい、早めの軽食をいただきました。

なぽりた~んnoodle おいしいよheart04heart04
Cimg3730

やんたろうのビーフカレーも美味しかったheart04heart04


駐車場に戻ったのが12:40 結局、6時間も散策してしまった。。 
さすがに足が重くなってきたので、自宅に戻ることにしました。

はぁ~、楽しかったheart04heart04


<今回のきろくbook
美ヶ原高原美術館(6:50)―美しの塔(7:35)―塩くれ場(7:45)―茶臼山(8:35)―塩くれ場(9:15)―王ヶ頭ホテル(9:56)―王ヶ鼻(10:23)―美ヶ原高原美術館(12:40)



↓ぽちっとお願いします。 山好きの皆さんのブログへ移動します↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

« 牧歌的風景と大パノラマ 美ヶ原高原の巻 その1 | トップページ | 初夏の小江戸 川越 »

(北アルプス)美ヶ原高原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1736273/51585122

この記事へのトラックバック一覧です: 牧歌的風景と大パノラマ 美ヶ原高原の巻 その2:

« 牧歌的風景と大パノラマ 美ヶ原高原の巻 その1 | トップページ | 初夏の小江戸 川越 »