フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月29日 (木)

今年最後の紅葉?多摩湖周辺をお散歩

家から車で15分rvcarsign04 


今年も存分に楽しませていただいた埼玉西武ライオンズの本拠地「西武ドーム」の周辺は、今が
紅葉の見頃maple



多摩湖の周りに沿って走ってるサイクリングロードをくぅたろうとdogお散歩ですshine
Pap_0002_3





山口観音の駐車場に車を停めて、いざスタートヽ(´▽`)/
さっそく綺麗に色づいた木々がお出迎えmaple
Pap_0001_3





サイクリングロードはセンターラインできちんと区切られており、非常に歩きやすいnote


Pap_0003_3



西武ドーム近くのもみじは今
まさにまっかっかmaple

Pap_0013_3






3kmほど歩くと西武遊園地に到着shoe 
良い天気&たっぷり散歩で大満足そうなくぅたろう。 ヨカッタねぇ(* ̄ー ̄*)
Pap_0008_2





多摩湖の見事な映り込みfuji  まさに今日は無風ですtyphoon
Pap_0005_2






うん、最高の

秋日和

ですなsun

Pap_0006_2






帰り道、早速散歩拒否するくぅたろう…sweat02 

こいつは帰り道になるといやいやコールが必ず出てくるんだ。まったくcoldsweats02
Pap_0004_3


く「まだ帰りたくない。 もしくはだっこして!」




無理矢理くぅたろうを歩かせつつ、UFOみたいに見える建物(西武ドーム)までなんとか帰還成功。
危なく3kmも7kgのくぅたろうをだっこしながら歩くところだったよ、ふぃ~。
Pap_0012_2






関東の紅葉もそろそろ終わりに近づいてきて、もうそろそろ本格的な冬がはじまりますsnow

冷え性の私は、今年も養命酒のお世話になりそうです。



は~るよ、こい!は~やくこい!!cherryblossom

2012年11月 8日 (木)

手軽に稜線歩きを楽しみたいならやっぱここ! 大菩薩嶺の巻

fuji昨年の今頃、紅葉の谷川岳とか、晩秋の金峰山とか行きたい山は沢山あれど、必ずといっていいほど週末になると天気が悪くなり、結局家に引きこもり状態になってました。

今年はなんだか天気も紅葉も運が味方をしてくれているみたいにいい感じ。。

そんな穏やかな秋日和の週末にはやっぱりどこか出かけたい。

ということで、今回は
紅葉の大菩薩峠を目指して出発進行!!

*********************************************************




2012年11月3日(土)A.M6:00 自宅を出発し、一路勝沼ICへ向け車を走らせる。



A.M8:30 上日川峠の駐車場に到着しましたが、周辺の駐車場はすでに満杯の状態…sweat02  係員の指示に従いさらに10分ほど車を走らせると湖近くの臨時駐車場が空いてましたscissors
Cimg3342


実は、このあたりの紅葉が一番きれいでしたmapleCimg3346




さっそく準備をし出発foot

車で10分走ったのに、徒歩でも10分で上日川峠まで戻れました。自然観察遊歩道の紅葉が見事でした(◎´∀`)ノ
Cimg3295


ですが、いきなりとっても急な山道を進み、いきなり息が切れたよ(^-^;Cimg3293






A.M9:20 改めて
上日川峠から出発ヽ(´▽`)/

天気はいまいちだけど、雲も少しずつ切れ始めているのでこれからに期待しつつ歩みを進めます。


A.M9:50 福ちゃん荘に到着。今日は登山客もたくさんいて賑わっていました。
Cimg3340

おにぎり3個に目を奪われる隊長やんたろう…

や「おにぎりの具なんだろう…( ゚д゚)ホスィ… なんか食べたいな…riceball」 ぼそぼそ呟いています。

ちなみに、すでに車の中でおにぎりとパンをたいらげているのにsweat01


ち「おにぎりの具ってなんですか??」
福「梅2個と青ジソの握りだよ」


や「・・・・・・・・・・・Σ( ̄ロ ̄lll)  1個も食べられない・・・sweat02


ショックを受けつつ、再出発。。  
Cimg3297



A.M10:00 富士見平に到着。 ですが、富士山はまだ雲の中cloud 
Cimg3298

だいぶ青空は広がってきたんだけど、富士山周辺はやはり最後まで雲がとれなさそうです。。



気分をとりなおして、気持ち良い山道を山頂に向かって歩こう!
Cimg3302

その後、しばらく山道を進むと、目の前がぱぁ~っと開けてきましたヽ(´▽`)/

稜線にでました。ここが
大菩薩峠ですfuji  A.M10:30です。
 Cimg3308_2 

出発から1時間もかからずにここまで標高を稼げるのはやっぱり魅力的ですねheart04



さっきおにぎりを食べ損ねた隊長やんたろうは私のおにぎりを奪い取って食べやがった┐(´д`)┌

その上、とんがりコーンまで人のお金で買いやがったannoy

まったく食べ物のことになると手がつけられません。。。
Cimg3309

や「へへへ。 このどら焼きもいただきだぜ。。」






さて、ここから楽しい稜線歩き! 
はるか遠く南アルプスを望みながら快調に歩を進めていきます。
下には紅葉と湖(ダム?)も見渡せますmapleCimg3311


稜線は多少大きな岩がゴロゴロとしていますが、そんなに危険な箇所もありません。
Cimg3313



くぅたろうでもすいすい歩いて行けますnoteCimg3315




振り返ると進んできた道が見渡せます。 達成感もばっちり味わえる稜線!
Cimg3316



そして、標高2,000m地点まで到達! ここは
神成岩です。 

やったぜ、くぅたろうの1枚dogCimg3331
く「南アルプスまで見えるわぁ~」



とんがりコーンを手にご満悦のやんたろう。
Cimg3321

そしてそれをなんとか奪い取ろうと必死のくぅたろう。 君たち、意地汚いよ。。。ホント。。
Cimg3324
く「ちょっと、1個くらいよこしなさいよ…」
や「くんなよ、離せよ、あげないよ…」



A.M11:50 雷岩に到着。 
Cimg3334


大菩薩嶺はこの先10分ほど歩かなくてはいけないのですが、特に展望が良いわけでもないのでカット!!



下山。


福ちゃん荘まで戻ってくるとまた紅葉が現れてきました。
Cimg3339

そして、P.M13:10 駐車場に無事帰還。


貧乏登山隊のトットコ登山部は、悲しいかな、駐車場でカップラーメンの昼食ですnoodleCimg3344

でもね、いつもは120円のカップヌードルだから、今日は少し贅沢したんです、これでもnotes


お湯が沸くのをジッと見守る隊長と隊員その1… なんか絵になる…(^-^;

Cimg3343 や「腹減った… 」
く「腹減った… 」


駐車場から富士山が見えました。 最後には見事な青空が広がっていました。
Cimg3347

日帰りでこれだけの稜線歩きと絶景を楽しめる大菩薩峠はやっぱり最高でした!!

2012年11月 2日 (金)

プチ遠出は飯能へ 天覧山・多峯主山の巻 その2

(◎´∀`)ノ天覧山から多峯主山へ向けて出発dash

まずは、整備された階段をどんどんと下っていきます。
Cimg3276_2

すると、下りきった先に開けた湿原のような場所が・・・mist
Cimg3278

まむしもいるみたい…thunder 
Cimg3277

湿原の道を5分ほど進むと、再び多峯主山への山道がスタート。
Cimg3279

この見返り坂は、源義経の母である常盤御前がその景色の良さに感動し振り返りつつ登ったことから名づけたらしいです。

しかし、振り返るほどの景色は…?(^-^; 


深くなっていく山道と杉林の間を進みます。
Cimg3280  

この緑に囲まれた空間が私はやっぱり好きだなぁとしみじみ実感(◎´∀`)ノ
心も体も次第に軽くなっていくようですcloud
Cimg3281


30分ほど山道を進んでいくと、雨乞い池なる場所に到着shine
いまだかつて枯れたことのない池。昔は干ばつなどにおそわれると、この池にきて雨乞いをしたとのこと。

さらに鼻をつまみ息を止めてこの池を7周まわると不吉なことが起こると書いてありました。


しかし、7周はどーやったてムリだろ…sweat02 とつっこみたくなります。
Cimg3282


山頂までもう一息。 黒田直邦さんという人のお墓の前を通り、
Cimg3290



A.M10:20 多峯主山の山頂に到着fuji やったーヽ(´▽`)/

Cimg3286

標高は271mしかありませんが、飯能の街並みが一望できますnote
もっと空気が澄んでいれば、富士山や榛名山も見えるそう。。
Cimg3285


Cimg3288


Cimg3289

今日は犬を連れての1人登山だったので、実際少しさみしさもあったんですが、頂上には次々と1人で登ってくる山おじさま(おじぃさま)、山おばさま(おばぁさま?)に出会いました。


ベンチで腰かけてると
「あら、かわいいわんちゃんね~。 一緒に登ってきたの?」なんて話しかけられたりして、スッと心が和みましたheart04
なんだか、山に入ると知らない人でも気軽に会話ができる距離感になるんだよなぁsmile
今、この頂上に集まっている山好きの方達はみんな仲間!のような感覚scissors


そして、みなさんそれぞれにマイペースで登山を楽しんでいるんだなぁとしみじみ実感しました。





そんな頂上でのひとときを楽しみ、下山開始。
ハイキングマップに沿って吾妻峡の方へ下りようかとも思ったけど、最後に車道を歩くのが嫌で来た道を戻ることに…。



A.M11:00 駐車場に無事帰還! ホントに手軽な2時間半のハイキングでした(*゚▽゚)ノ





実は、このあと…

さて、車に乗って帰るか~なんて思ってリュックを車に乗せ、くぅたろうの足を拭いていたら、



突如   
「ガチャ…」    ・・・・・・・・?



インキーしたぁぁぁぁぁぁ!!! なぜ?なぜ? なぜか分からないが、リュックに入ったカギが勝手にロックオンしてしまいました!!(゚ロ゚屮)屮



財布も携帯も何もない、まさに生身の状態で放り出された状態のちいたろうとくぅたろう…sweat01
しかたなく、市民会館の事務局へ出向き

「電話貸してくださいbearing ついでに保険会社のロードサービスの電話番号も教えてください(。>0<。)」
と頼む始末。

あぁ、はずかしい! 丁寧に対応してくださった飯能市民会館の事務員さん、本当にありがとうございました。


待つこと1時間30分。 わざわざ杉並区から高速を飛ばしてきてくださったロードサービスの「助人」さん。僅か5分でカギを開けてくれました。すごいなぁ、プロの仕事!


ハイキング+2時間の飯能の旅になってしまいましたが、これも良い思い出
(無料だったから言えること。 実際は15,000円ほど掛かるらしい… あぶなかった)


紅葉が綺麗に色づく頃maple、また来ようと心に誓ったプチ登山でした。

2012年11月 1日 (木)

プチ遠出は飯能へ 天覧山・多峯主山の巻 その1

仕事もお休みのヒマな木曜日scissors

天気は晴れsun

ボーっと家で過ごしてるのはもったいない。。
そんな平日の半日登山にもってこいの場所。 我が生まれ故郷の飯能市ヽ(´▽`)/


田舎育ちの山好き女、ども、トットコ登山部隊員その3の
ちいたろうです。

**************************************************************



飯能には駅構内に多数のハイキングマップも置いてあるほど、様々な低山がありますfuji

夏場はさすがに暑くて登れないけど、春・秋・冬と日帰りでちょっとした登山をするにはもってこいhappy02

今日は隊長の
やんたろうが仕事のため、あまり長丁場のコースをくぅたろうと2名で行くのはちと怖い。。

なので、ホントにホントに入門者向けのらくちんコースを選びましたscissors


朝、やんたろうを駅まで送り、私とくぅたろうは9:00に家を出発rvcardash

それでも、9:30には登山口のある飯能市民会館駐車場に到着! ビバ飯能。近いぜ飯能!!
Cimg3260



天覧山登山口は、能仁寺の横を抜け、舗装された坂道を登っていきます。

Cimg3263

Cimg3262




「よーし、今日も登るぞー!」と気合を入れた僅か10分後。もう、最初の休憩場所に到着dash

はえぇよ。。sweat02 最初の足慣らしにもなりません(゚ー゚;
Cimg3264  


ここから本格的な山道がスタート。とはいえ、入門者コースなので急斜面もありません。
普通にジャージで朝の散歩をしている方々とすれ違いますrun
Cimg3266


すると、突然現れた岩壁に十六羅漢と呼ばれる石仏がたくさん。それぞれ違う表情をしています。
Cimg3267

そして、山道も岩が多くなってきますが、きちんと階段が設置されてます。

登れ、登れ、くぅたろう!ガンガン登れ~!!
Cimg3270




なんて言っても、先ほどの休憩所からまたもや僅か10分。

A.M 9:41 天覧山の頂上に到着です!!(◎´∀`)ノ
Cimg3272



出発から20分ほどしか歩いてないのにこの景色。飯能の町が一望できます。
学生の頃は、1月1日の初日の出を見に友達と登ったなぁ~なんてことも思い出されます。。
Cimg3274





さて、この天覧山までは、実は私は幼少のころからもう何度も登っています。
ですが、この先を進んだことは一度もありませんでした。



今日は、天覧山から先へ行ってみます。目指すは
多峯主山(とうのすやま)
西武鉄道が作成しているハイキングマップを片手にいざ出発!!


まずは見返り坂へ進みます。 どうやら尾根を進むコースと、いったん下ってまた登り返すコースの2つがあるらしいのですが、私は下る方を選択note
Cimg3276





さて、この先どんな景色が待ってるのかな?

その2へ続く

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »