フォト

Twitter

  • ツイッター

カテゴリー

インスタグラム

  • インスタグラムやってます
    Instagram
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月21日 (火)

蜂ってこわいのね・・・

おはようございます。トットコ登山部隊員その2のくうたろうですdog

Pap_0006


毎日毎日暑すぎて、犬のアタシにはとても厳しい日々が続いています。


飼い主の
やんたろうちいたろう「節電、節電!!」とか言って、なかなかクーラーを入れてくれないし、あの「ひんやりジェルマット」とかいうシートみたいなやつ??

あれ、女子のアタシにはお腹が冷えすぎてどうも好きになれませんsweat01
Cimg3111




仕方ないので、部屋の片隅や階段の途中とか…dash 涼しい場所を自分で見つけて暑さを凌いでいるのですが、いやはやまったく日本の暑さは異常ですね。。


日本中の犬仲間のみんなは一体どうやって夏を乗り切ってんですか??







そういえば、今日の朝… 散歩中にコワイ生き物に会いましたよannoy


家から30分くらい歩いたところに、ひまわり畑が広がってるんですけどね…tulip
Pap_0003



そこで、ちいたろうが写真撮ってる間にブーンブーンってアタシの周りを飛び交うヤツがいたんですeye


「運動神経抜群up・好奇心旺盛sign03」のジャックラッセルテリアの端くれでもある自分…。


こうみえても、セミとかトカゲとかカナブンとか?捕まえるの上手いんですよね。

捕まえた獲物を見せると弱虫人間のちいたろうは
「ギャー!!ヾ(.;.;゚Д゚)ノ」とかいって逃げてくんですけど、まぁ弱虫は仕方ないっすよね。。





だから、今日もいっちょ捕まえてやろうじゃないのと思って手をのばしたんですけど、Pap_0002






まぁ、びっくりしましたわ・・・。 ヤツは逃げるどころか、いきり立ってアタシの周りを

「ブーンsign04 ブーンsign04impact ちくっsagittarius ブーンsign04 ブーンsign04impact」って飛び回るんですよ!


挙句、ちいたろうにまで攻撃しかけはじめて、2人してもう大騒ぎ…。



ち「ギャー!刺される!!」  ブーンtyphoon  ブーンthunder
く「ウァン! ギャン! ワフッ!!! 」 ブーンannoy ブーンannoy ブーンannoy



朝6:00に2人してギャーギャー言いながら逃げてきましたよΣ(゚□゚(゚□゚*)

どうやら「蜂」って生き物らしいんですが、あいつはまずい。凶暴だshock



いやぁ~怖かった…。
Pap_0001


アタシ、腰抜かして動けなくなっちゃいましたよ。。
仕方なくやんたろうに車で迎えにきてもらったんですけどね。まぁ、朝は不機嫌この上なくて、普段吸わないタバコ2本も吸っちゃって…。



結局、あいつに刺されてはいなかったみたいだったけど、心のショックは大きかったです。
ソファで丸くなってへこんでしまいました。
Pap_0005



あぁ~、怖かった。。。

今後、蜂には手を出すのやめとこ。。







   1時間後、朝のことなどすっかり忘れて、庭で新たな虫を追いかけるくうたろう…
Pap_0004




何事もなく済んで良かったですが、スズメバチとかに刺されると犬は致命傷になりかねません。蜂には気をつけよう… と改めて感じた朝の散歩でした。

2012年8月18日 (土)

レベルが違った!北アルプス… 白馬岳の巻②

  白馬岳頂上に着いた時、ちょうど雲の中にいて周囲を見渡すことはできませんでしたcloud
でも、確かに

頂上に立ったんだー!ヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー!


という満足感と達成感は体中で感じることができましたup

計7時間…。 内、6時間はゼェゼェ言いながらただただ1m先の足元を見て歩いているだけなのに、残りの1時間で出会える素晴らしい景色と、頂上に立った瞬間の、あのなんともいえない充足感・・・shine


たったこれだけのことで登山はやめられなくなります。
大人って案外単純な生き物なんですねsweat01

ども、トットコ登山部隊員その1ちいたろうです。

**********************************************************

2012年8月14日 P.M4:00 「白馬山荘」 到着house

2
予約をしていた2畳の個室でひと休み。 
朝からずっと緊張していたから、体中の力が抜けて立ち上がるのも困難・・・wobbly


でも、せっかくなのでテラスに行ってちょっとしたお茶の時間を満喫。
コーヒーと双葉SAで購入した半熟チーズケーキbirthdayの出番heart04

かなりグチャグチャになっていたけど、やっぱり美味い!! 最高に美味いぞ!!
Cimg3073


P.M5:00よりお待ちかねの夕食riceball

写真だとなんだか少量に見えるけど、実際は疲れ果てている&お肉がかなりジューシーだったので、この量を食べきるのには苦労しました。

でも、山ご飯は残さず食べるのが礼儀。
しっかり最後のご飯1粒まで美味しくいただきましたヽ(´▽`)/
Cimg3076



食後、山荘の外に人が集まっているので行ってみると・・・dash




おぉ!雲が切れて周りの山々が姿をあらわしはじめた!!(・∀・)

白馬三山の「杓子岳 、白馬鑓ヶ岳」がはっきり見えました。こんなに近くにいたのね!
Cimg3077


反対側には、「剣岳」「立山」も雲海から顔を出してます。
なんて幻想的な風景・・・shine
Cimg3083 Cimg3084

山荘のスタッフの方が

「右に見えるのが剣岳で、その隣に立山の山々が見えますね。右から・・・・・・」

と説明してくれ、集まった登山客の皆さんは
「へ~、あれがーup
「おぉ~、あの山かぁ~fuji
などと、感嘆の声をあげているのですが、へっぽこ部員の私は「?????・・・sweat02


結局、剣岳と雄山しか判明できず。。coldsweats02 もっと勉強しなくてはと思った瞬間でした。


なお、隊長のやんたろうは部屋ですでに爆睡中…sleepy 


おい、隊長! なにしにこんなところまで来たんだよ・・・ε-( ̄ヘ ̄)┌
この景色見なくてどーすんだよ!?┐(´д`)┌ヤレヤレ







2012年8月15日 天気は曇りと雨を繰り返すraincloudraincloud

A.M5:00 一縷の望みをかけご来光を見に行くが、やはり厚い雲が空を埋め尽くしていました。

しかし、10分後… サーッと雲が流れていきほんの10秒ほど太陽が!!sun
Cimg3087

あぁ~、写真じゃ全然わかんねぇ・・・sweat02 
もっともっと「うわぁ~っ!!」てなる一瞬の風景だったんですが。。残念dash




朝ごはんを食べ、A.M7:20 アイゼンを借りて、白馬山荘を出発。 

今日は、昨日行けなかった「大雪渓」を通って猿倉まで戻ります。


白馬頂上山荘直下のお花畑を横目に見ながら、ゆっくり下っていきます。


あっ、今日は山スカートはいてるので、じゃがいもじゃありません。
ちいたろう復活です。Cimg3094


その時、
や「あっ、雷鳥かな??」 と指さす方向に1羽の鳥が・・・!

ち「えっ!! 雷鳥!? 雷鳥だぁ!!」

さわぐ2名の登山部員(。・w・。 )  写真撮りながらゆっくり近づく…eye
Cimg3088

・・・・・・・・・・・?? 「はと」 じゃん!? 「鳩ぽっぽーsweat02」 
がっくりうなだれるへっぽこ部隊・・・(-_-X)
Cimg3091


2人をあざ笑うかのように降り出す雨ザーザーtyphoon 濡れた岩を歩くのはホントに怖かった。


途中、気を抜いた瞬間にワタクシ転びました。
まさにスッテンコロリンsign04sign05と1回転して、ふくらはぎと、右腕を岩に打ちつけました。

帰ってみたら、見事にまん丸くあざができてましたcrying


ち「あぁ、こうやって骨とか折って遭難したりするんだ… こえ~…sweat01

今回の山行は学ぶことが多かったです。
特に天候が悪い日は、注意に注意を重ねて歩を進めなくていけません。

ぼけーっと歩いていた自分に喝!!



A.M9:02 ついに雪渓に到着。小雪渓かな?大雪渓かな??よく分からん!
Cimg3095

ってか、視界5mないぞ・・・sweat02 おいおい、大丈夫かよ( ゚д゚)ポカーン
Cimg3096



確か本とかパンフレットで調べた時、

この時期は1年でもっとも登山客が多く、大雪渓はアリの行列のように渋滞ができます。
道を外れることなく、列に沿って歩きましょう。


って書いてありましたmemo


・・・・・・・・・・・・(・_・)エッ....? 人・・・sweat02いねぇ・・・sweat02sweat02sweat02 ぽつりぽつりとしかいねぇ・・・gawk
気がつくと、霧に飲み込まれてたった1人雪の上にぽつーんとなる瞬間がありました。

行列は一体どこに・・・?


隊長に置いて行かれないように必死に背中を追いかける私dash 


                 待ってくれーい!!Cimg3097



白馬こえぇ。。━━Σ(゚д゚;)━━!! でも、面白い。たまらなく面白い。
ち「今は夏ですかぁ!!!」と思いっきり叫んでみたりw(゚o゚)w



A.M10:57 ようやく白馬尻小屋に到着。ホッと一息つきましたnoteCimg3100

この先、ラストの1時間は通常の観光客でも歩ける道を行きます。

リュック1個、スニーカーの家族連れにも数組出会いました。 

皆さん、軽装で雪渓には足を踏み入れちゃいかんよ!
白馬尻小屋までにしてくださいねー!!


P.M0:20 猿倉に到着。 楽しかった白馬登山の終了。
バスに乗って、八方バスターミナル→栂池R/W乗り場まで戻ります。
Cimg3103





8月15日、本日は諏訪湖花火大会の日です。
むやみに帰ろうと高速に乗ったら最後…。おそらく軽く本日は終わってしまうでしょう。

なので、豊科I.C近くまで戻り、もう1泊することに。。



安曇野わさび農園のすぐ近くにある「民宿 ごほーでん」
Cimg3109


1泊2食でたった5,800円!! 

夕食、朝食と地元の食材をつかった素朴な家庭料理がバイキング形式の食べ放題。
安曇野の天然水で打ったお蕎麦が絶品noodle



そして、宿のまわりはこの田園風景clover
Cimg3104

裏に流れる犀川越しには、常念岳、さらにその奥に槍・穂高が見える素敵な宿です。
Cimg3107



まだ、登山の余韻から覚めないトットコ登山部は、絶景のテラス席で食事をしながら早速次の山行計画に花を咲かせます。


翌日、いきなりやってきた全身の筋肉痛と共に、あっついあっつい埼玉へ帰りました。








計画の変更、都度都度の状況判断、注意力を持って歩くこと・・・。

そして諦めないこと。(いや、時には諦めることも大切だけど・・・)


北アルプスはやはりレベルが違いました。 


でもでも、すっごい楽しかった。楽しすぎた。。
ますます山が好きになっちゃったちいたろうでした。

2012年8月17日 (金)

レベルが違った!北アルプス… 白馬岳の巻①[2012.8.14-15]

大学生の時に初めて富士山を登ってから、はや10年…。
毎年、少しずつ少しずつ足をのばしてきましたが、ついに北アルプスに挑戦できる日がやってきました。


感無量・・・ヽ(´▽`)/



なのに、数日前からの天気予報は、我々を拒むかのような強雨rain、弱雨rain、霧typhoon、時々雷雨…thunder




一体どうなることやら・・・と不安で胸いっぱいでした。 

ども、とっとこ登山部隊員その1ちいたろうです。 



****************************************


2012年8月13日 
P.M7:20 家を出発し、一路白馬へ!
中央道をひた走ること2.5時間。豊科ICから「道の駅白馬」へ50分。

徐々に強くなる雨足を横目に深夜11:30道の駅到着。とりあえず仮眠。。。



それにしても、夜明け頃の雨は異常だった! まさに豪雨…rain 


2012年8月14日  A.M6:10 
いまだ雨は降り続いているが、ずいぶんと弱くなってきたので、とりあえず白馬駅の観光案内センターで情報収集することに・・・・。

Cimg3030


やんたろう「今日、大雪渓を登って白馬山荘まで行く予定なんですが・・・」
案内所の方「いやー・・・ 雪渓は止めたほうがいいですよ!
        視界が10mないので、遭難する可能性あります。 
        とりあえず、栂池R/Wから白馬大池まで歩いてみてはいかがでしょうか?
        無理なら引き返すか、大池山荘で宿泊するか・・・」

や「遭難・・・ それはちょっと・・・」



ということで、いきなり予定変更。 とりあえず栂池R/Wに向かうことに…。



駐車場に着き、レインウェアを着込み、ゲーターをつけ、手袋をはめ・・・

準備万端の私を見て、隊長の一言

や「なんかさぁ、お前ジャガイモ掘りのおばちゃんみたいだね ( ̄ロ ̄lll)

ちいたろう 改め じゃがいも」と命名された隊員その1(-_-X)  なんで・・・sweat02

Cimg3034


A.M7:30 栂池ゴンドラリフトに乗車 
A.M8:00 ロープウェイ に乗車
Cimg3033


A.M8:10 栂池自然園からいよいよスタート! しかし、いまだ雨ザーザー…

黙々と歩を進める隊長の背中を見つめながら、
Cimg3036
じゃがいも(何年も前から楽しみにしてたのになぁ…despair 
       やんたろうは昨日まで仕事で疲れてるのに、こんな雨の中歩かせてしまって
       なんだか申し訳ないなぁ・・・。家でごろごろしてた方が良かったかなぁ・・・sweat02
       山ガール目指してるのに、じゃがいもって言われたなぁ… 

       はぁ・・・ なんのためにこんなツライことしなくちゃいけないのかなぁcrying


意外と晴れ男&晴れ女なトットコ登山部は、今まで本格的な雨に降られたことが無かったので、雨の山行がこんなにもテンションガタ落ちになるとは思いませんでした。

おそるべし、雨の山down そして、自分の弱い心down

Cimg3043


A.M9:15 天狗原 到着。
すこーしずつ天候は回復に向かっているのか、ようやく視界がうっすら開けてきました。
しかし、いまだウジウジモードのじゃがいも隊員・・・
Cimg3039


Cimg3040


その後、黙々と歩くこと3時間。

じゃ「あっ! 空が見えた!!」

たまーに顔をのぞかせてくれる青空に心が癒されていく気がしました。
こんなにも青空を嬉しく感じたことは生まれて初めてかもしれません。。。

Cimg3053


 
A.M11:10 ようやく白馬大池に到着。 次の行動を決める分岐点です。

Cimg3051

空模様は数分ごとに変わり、雨→もや→晴れsun→雨・・・ の繰り返し

時たま見える青空に一縷の望みをかけて、
や「じゃがいも! 白馬山荘までがんばってみっか!?」
じゃ「おうっ!!!」

いざ、白馬岳頂上へ出発!!


途中、こんな景色や
Cimg3052


こんな景色や

Cimg3054

なんだ! がんばって歩けばこんなに素敵な風景に出会えるんだヽ(´▽`)/
と感じた瞬間がいっぱいありました。
Cimg3056


3回ほど「あのピークが頂上かー!!」と騙されながら・・・


                    ブッブー 違います。Cimg3068

P.M3:07 白馬岳 山頂に到着!!!
いやっほーい!

Cimg3070



その2へつづくdash

2012年8月13日 (月)

明日大丈夫かいな…?

明日から、初めての北アルプス「白馬岳」登山を予定しているのに、

明日A.M3:00~A.M9:00まで強雨typhoon 午後も曇り…sprinkle



今まで八ヶ岳とか南アルプスの空木岳とか登ってますが、すべて天候はピーカンだったので
ついに雨の登山を初体験しちゃうことになりそうな予感…。

あぁ、それにしてもこんなに毎日晴れてるのに、なんで明日に限って…(;д;)



大雪渓は一体どうなっちゃってんだろ…?

あぁ・・・心配だ・・・sweat02


一応、登山届では


8月14日 猿倉 --- 白馬尻 --- 大雪渓 ‐‐‐ 小雪渓 --- 白馬山荘(泊)

8月15日 白馬山荘 --- 小蓮華山 --- 白馬大池 --- 栂池R/W --- 下山

どうか、大雨だけは避けられますように・・・。

2012年8月 9日 (木)

はむちゃんの誕生日の巻

オリンピックも残すとこあと3日。
連日、深夜のハイテンションで眠りも浅い日々が続きます。


しかし、日頃から昼寝ばかりのくうたろうには関係ありません。


しっかり朝6時になるとベッドに乗っかり、猛烈なキスの応酬で無理矢理飼い主を起こし、散歩に連れて行くというより、もはや飼い犬に先導され散歩に連れて行かれている始末のちいたろうです、ども。

Cimg3028
く「おい、さっさと起きろ。 散歩行くぞ、こらdash 怠けようなんて100万年あまいぜ」
ち「・・・・・・・・・・(-.-)zZ!!・・・・あっ、はい。すみません・・・(ノ _ _)ノ」






----------------------------------------------------

 


そんなこんなで夏真っ盛りの8月9日。



本日は、トットコ登山部隊員その1ちいたろうの母
「はむちゃん」の誕生日です。

Cimg3020_2




日頃からお世話になりまくっているはむちゃんなので、「今日くらいは親孝行しないとねー」と思い、美味しいご飯をご馳走してあげることにしました。



実家に迎えに行くと、おねえちゃんからお祝いメールに必死に返信するはむちゃんを発見(o・ω・)ノ))

せっかくお花を持って行ってあげたのに、携帯に夢中なご様子です…sweat02

しかも、メールした後、結局電話をかけて長話しをする女姉妹。

なら最初から電話すりゃいいじゃん…とつっこみたくなる娘ちいたろう…(*`ε´*)ノ
Cimg3018



やっとこっちむいてくれた。。
はい、おめでとう!!
Cimg3019




父、しんちゃんも加えた4人で向かった先は、埼玉県狭山市にあるスペイン料理のレストラン
「デルソレ」
パエリアがとっても美味しいと有名なお店で、前からやんたろうと行きたいねと話していた場所です。



お店はこじんまりとしていて20人も入れば満席になるくらいでしょうか?
ですが、さすがスペイン料理のお店だけあって、内装はスペイン一色です。

Pap_0008_2

ランチパエリアセットを注文。 まず運ばれてきたのは
「イベリコ豚の生ハムサラダ」
生ハムの味が濃厚でおいし~

Pap_0007

続いて、
ポタージュスープ。 これまた美味しい。できればフランスパンをスープに浸して食べたかったなぁ…。

Pap_0005





そして、メインのパエリアup 
2人前からなので、今回は魚介パエリアとチョリソーパエリアを頼みました。


注文を受けて生米から炊き上げるので、出来立てあつあつをいただけますhappy02
具だくさんで味もしっかりついていて食べごたえあります。そして、とっても美味しいですヽ(´▽`)/
4人であっという間に完食。。。




「魚介パエリア」 
Pap_0004

「チョリソーパエリア」
Pap_0003




デザートとコーヒーもついて、おひとり様1,800円なり。
ディナーだと1人1万円を超えてしまうそうなので、割とリーズナブルなランチなのかな?
Pap_0002









初めてのスペイン料理。記念日にまた利用したいな、と思うちいたろうでした。



今回、くうたろうは家で留守番…。 残念だったな、ははは。
Cimg30141
く「つまらん、まったくつまらん。」

2012年8月 5日 (日)

登山にはおやつが1番だよ!、棒ノ嶺 沢登りの巻[2012.7.15]

梅雨がまもなく明けようとしている頃、トットコ登山部は西武線の駅に置いてある「奥武蔵ハイキングマップ」を手に取り、初めての沢登りに挑戦しようとしていた…。



ども、トットコ登山部隊員その1ちいたろうです。



前日の夜に急遽隊長のやんたろうから
や「明日、仕事が休みになったから飯能の山に行くぞ!!」
ち「えっ!? いきなりっすか!?」
や「おうっ!」



そんなこんなで行き先を決め、飲み物を用意し、朝少し早起きしてホットケーキを焼いて車に乗り込んだ隊員たち。

6:40 埼玉県飯能市名栗にある「さわらびの湯」無料駐車場に車を停め 出発!!

Pap_0024




15分ほど舗装された道を歩くと、名栗湖「有馬ダム」に到着。
人造湖ですが、水も綺麗だし周りの風景も綺麗で、とても素敵な雰囲気。
今日の山行が楽しみになってきました。
Pap_0023 Pap_0022




7:07 ダムを回り込むように進んでいき、白谷沢登山口に到着
    ここから山道を登っていきます。

    さっそく綺麗な湧水が出ていて、くうたろうは給水タイム。
    いいなぁ。美味しそうだなぁ・・・

Pap_0021








7:26 ついに1つ目の滝が登場! 「藤懸の滝」っていうやつかな?
     滝がでてくると、すっごいテンションあがりますね!
Pap_0020     










7:34 なんか沢登りらしい道に入ってきました。
    ち「一体、どこを進むの??」
    や「うーん…、とりあえず端っこを登っていくのかなぁ…??」

    
    こうゆう道を進むのは初めてのトットコ登山部。 ちょっと困惑気味…。
    2人でしるしを見つけながら、ゆっくり進んでいきます。

Pap_0017



あきらかに不安そうに進む隊長と隊員その2くうたろう・・・
くうたろうは滝のごぉぉぉぉぉっwaveて音に多少ビビり気味です
Pap_0014




7:45 「天狗の滝」に到着! 沢登りの中心部です。
    急坂を一歩一歩乗り越えていきます。 
    でも、水量がそんなでもないのでゆっくり行けば全然大丈夫。
    すぐそばで、清流の流れる音を聞きながら歩くのはすごく気持ち良いです。
Pap_0009    


最後のくさり場をエイコラっと登れば、沢登り終了。 結構あっさり登れちゃいました。






7:53 「白孔雀の滝」を横目に見ながら少し歩くと、休憩できるベンチを発見。
Pap_0007





ち「ホットケーキ食べながら休憩しようか?」


リュックを探り探り・・・・


ち「あれ? ホットケーキが無い・・・sweat02

思い出す朝の自分の行動。
出来立てあつあつのホットケーキを1/4づつ分けてラップにくるんで、リュックに入れようとした時、ふいに

ち(あぁ、せっかく凍ったペットボトルを入れたのに溶けちゃうなぁ。。
   とりあえず帰りの着替えを入れたバッグの方に入れとこう!)


と、バッグに詰めて車の荷物入れに積んだのだ・・・



あっw(゚o゚)w、出発するときにホットケーキをリュックに入れるの忘れちゃった・・・sweat01



ち「あのー。大変申し上げにくいのですが、本日おやつは無い・・・?かも・・・しれません・・・sweat02
や「・・・・・・・・・・? はっ!?」
ち「いや、だから・・・ あのー かくかくしかじか・・・・……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ
  なので、車の荷物入れで帰りを待っているかと・・・」




や  ・・・・・・・・・・・・・・ぶちっ!!!!凸(`Д´メ)
や「はぁ!? おやつの無い山登りなんて
  ぜんっぜん楽しくないじゃん!! 馬鹿者!!なんて馬鹿者なんだ!
  もうダメだ、降りるぞ。
  無理して頂上目指してもダメだ! 帰るぞ!!」



ち「・・・・・・・・ヾ(.;.;゚Д゚)ノえぇっ、あと30分で頂上だよ~。ここで降りちゃうの~??」
や「うん、ダメだ、降りるぞ!!考えただけで体力が無くなってきた。
  無理しても意味がない(`Д´メ)」

ち「・・・・・・・・・・・・・・sweat02  (マジかよ・・・・・?おやつ無いだけで下山かよ┐(´д`)┌)」





しかし、トットコ登山部の隊長はあくまでやんたろうです。
仕方なく、岩茸石で引き返すことに・・・

今日の頂上は岩茸石ということで・・・









8:39 岩茸石にて途中棄権!
Pap_0005


なんだか悔しいので、くうたろうを岩に乗っけて遊ぶ
く「なんだよ。もう終わりですか。。 まだまだ元気いっぱいですよ。岩だって登っちゃいますよ」

Pap_0002


帰り道、問答を繰り返す隊長と隊員その1

や「登山に必要なもの、その1は?」
ち「おやつです!」
や「その2は?」
ち「おやつです!!」
や「その3は?」
ち「飲み物とか・・・!?」

や「ちがーう!馬鹿者!!おやつだ!!(#゚Д゚)y-~~」
ち「すみません、おやつです・・・。゜゜(´□`。)°゜。」

Pap_0001

1時間ほどで下山。「さわらびの湯」で汗を流して、待ちに待ったホットケーキを口に運びました。




しかしまぁ、普段からご飯のあとのお菓子が好きなのは知ってたけど、まさかここまでの執着心を持っていたなんて・・・!?
やんたろうと知り合って早12年・・・・。新たな事実を発見した山行となりました。




1におやつ、2におやつ、3、4が無くて5におやつ。

はいはい。。ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…




2012年8月 4日 (土)

ぶつぶつ・・・

毎日の平和で幸せな生活の中に潜む、閉塞感や疎外感や卑屈な気持ち

心も体も小さすぎる自分は、そんなマイナスの空気が自分に吹き込んでくると

跳ね返す力も受け流す力も、もちろん受け入れる力も持っておらず

自分の殻に閉じこもり、時が経ちそんな空気が消えていくのをひたすら待ち続けます・・・

しかし、それは向き合わずに逃げているだけで、気がついた時にはますます孤独になってしまったりします(ノ_-。)

なんで自分はこんなにちっちぇー人間なんでしょうか?




ども、トットコ登山部隊員その1「ちいたろう」です。




今日も外は突き抜けるような青空と、どこまでも攻撃の手を緩めない太陽の日差しにめいっぱい包まれ、ちいたろうは1人家の中に閉じこもり気味です(´・ω・`)ショボーン




Cimg3009_3 隊員その2くうたろうも今年の夏は相当キテルようで、部屋の片隅(ソファの横)でぐったりモード全開・・・sweat02
















あの頃の輝きはいずこへ・・・sweat01

Cimg2984_2

ライオンキングならぬ



「くうたろうキングleo」がおー!!



あっ、ちがった・・・

こいつこれでも女の子なんです・・・



改め
「くうたろうクイーンshine」アオーン!!









・・・・・・?




えーっと、話しがよく分からないことになってきちゃったな・・・

だから、つまり人間だもの。色々とある訳でー(適当になっていくはなし・・・)



そんな時、ちいたろうは歩くことにしてますrun
家の周りからちょっと遠くまで1時間とか2時間とか、長い時は4時間とか…?




とにかく歩いて汗かいて頭をすっきりさせることが必要なのです。





昨日は隊長のやんたろうを巻き添えにして深夜の街中を1時間歩きました。

やんたろうはいつもぶつぶつ文句を言いながらも、ちいたろうのちっちぇー心と体に付き合ってくれる唯一の人です。

他の人は多分付き合ってくれないと思います。だって、普通はお酒飲んだり、TV見たり、誰かに愚痴ったり・・・室内で行うことが多いもの。いきなり歩くってねぇ・・・。それもかなりのスピードでかなりの距離をねぇ・・・。

だからといってはなんですが、きっとちいたろうに登山ってすごく合ってるんだと思うのです

早くお山の上に行きたい( ´・ω・`) ウズウズする気持ちが体中を駆け巡っています

そして手元には、

Cimg3011_2 白馬山荘の個室クーポンshine

眺めているだけでドキドキする魅惑のチケットmemo


このチケットをリュックに忍ばせ、お山の澄んだ空気に会える日まであと10日・・・

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »